合格したら別の意味で気分が良いですよ!!  社労士試験1発合格

 私は大学中退のしがない会社員でした。


ところが宅建と行政書士試験と社労士試験に受かって、今では特定社労士になるために
研修中ですが、周りの方から「先生!」と呼ばれています。(笑)


4〜5年前小さな小売店で販売員をしていた時の私も、今現在の私もさほど変わってはおりません。


変わったのは回りが私を評価する目だけです。


小売業では、たちの悪い客から「オイコラ!」などと呼ばれたこともあります。


どこにでもあるものを売っていたところで、客からすればそれを販売する人間などなんとも思ってはいないのです。


経営者に隷従し、客からはオイコラ呼ばわりされてしかも薄給。


キレイ事抜きで、あなたがもう一度社労士になりたいという志望動機を振り返ってみてください。


私はお金がありませんでしたが、資格を取ってスキルアップすることで人生が変わりました。
本当に変わりました。


「オイコラ!」から「先生!」に。(笑)



今となっては私が変わる原動力になった社長やオイコラ呼ばわりした客に感謝さえしています。



あの時の言葉が胸に刻まれているからこそ、合格しましたし、耐えれました。



いつリストラされるかもしれない。
いつ給料が下がるかもしれない。


そんなことを考えながらビクビク隷従して長い年月会社員として勤めますか?


この先何にも保証がないのは士業も同じですが、やればやるだけ青空天井です。


過去を変えることはできないと言うのも嘘です。


正確には変えれませんが、気持ちの上では変えれます。


私は、イメージとして私を詰った社長もオイコラ呼ばわりした客も、頭の中でロケットにグルグル巻きにして宇宙に飛ばしました。


試験に合格することで、環境が変わります。
明るい兆しが見えてきます。


サービス残業で公休出勤で疲れ果てた自分の顔が写った通勤電車の窓ガラスを見ることもなくなりました。


家族ともを語り合えます。


経済的にはまだ成功していませんが、何をするにも気分が違います。


夢を近づける勉強法



あなたが、本試験に合格して私と同じような気分を味わっていただきたいと思います。


私はあの武田信玄の詠んだ詩で好きなものがあります。

「心あらば冬枯れに見よ山桜  春には心なき人も見ん」
一生懸命試験に向かって勉強されている時が一番辛いものです。


ですが、この世に合格しない試験などないのです。


諦めないで、前だけを向いて勉強されることをお祈りいたします。

















2



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ