社労士試験になかなか合格できない方へ  社労士試験1発合格

23年度の社労士試験が8月28日に行われましたね。
試験の出来栄えはどうだったでしょうか? 


実は私は宅建も、行政書士も、社労士の試験も独学で合格した者です。
自慢しているわけでありません。
通算で4年以上もかかりましたから・・・。



お金がなかったので、(汗)、独学するより手段がなかったのです。(笑)
資格予備校に行く暇も金もない、通信教育代もない!


私が、宅建の資格を取ろうと思った時はリーマンショックである小売業の店長をしていた時でした。


売り上げは落ちるし、利益はなくなるし、かと言って従業員を理由もないのに解雇するわけにもいきません。


そんな折、社長から呼び出されて、「このままでは店を閉めなくてはならない。」


「大幅に人件費をカットするために、何人かに辞めて貰って、お前の給料も10%ほどダウンする!」という通達を受けました。


更に、「お前の代わりなどいくらでもいるから嫌ならやめれば?」というようなことを言われました。


私は、4流私立大学の商学部中退という情けない学歴しかありません。


でも、思いました。
「このクソ社長め、人の足元ばかり見やがって・・・・!」と。


こんなクソのような経営者が社長をする会社にしか居れない、しかもここですらリストラ一歩手前にいる自分を呪いました。


男である以上、こんなクソ野郎に隷従することがどれほどの屈辱なのかをトコトン考えて、転職するにせよまずは資格を取ってから・・と、考えたのです。


つまり、社長の一言で私は人間が変わりました。
「お前ぐらいのヤツなどどこにでもいると・・・!」の言葉が今でも耳から離れません。


「今に見ていろよ!このクソ社長め!」というのが、私が宅建の勉強をし始めた動機でした。


おかげで、このクソ社長を憎むことで1回で合格できました。
褒められたことでは勿論ありません。


資格を取る志望動機が自己啓発のためなどと胡散臭い事を人前で言うやつなど私ははなから相手にしません。


昔は私が相手にされませんでしたが、今は立場が逆転しました。(笑)


行政書士試験も、社労士試験も合格できたのは志望動機がキレイ事ではなかったからです。


実はインターネットで私も情報商材を作ろうと思っていました。
どうやって独学で3つの資格を次々に取っていったのか・・・と、言う陳腐な内容です。


でも、時代は不景気です。
皆さんがどのような教材を作っているのか当然参考にする過程で、恐らくは私と同じような思いで社労士試験に合格された方の教材を見つけました。


私と似たような考えで合格した方の教材



内容を読んでにんまりするとともに、自分の受験期にこのような教材があったらすぐに飛びついていただろうな〜などとも思ってしまいました。















0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ