クリック証券で口座開設

2013/9/22

中間くらいの人が好感をもたれる  恋のいろいろ

女性というものは男性のたくさんある能力が特別ではないことを好んでいる。

全部がみんなの中間くらいの人が好感をもたれる。

ひときわ目立っている百点満点の男性は多くの場合よけられる。


「今の時代の若者は何でも手に入るからどうだこうだ」とあちこちで評される。

そうはいうものの、ほしいものは何でも手に入る」というのは大きな思い誤りだ。

得難い彼氏あるいは夫、彼女あるいは妻といった恋人などはよほどでなければ自分のものにできない。


世にバッドボーイズ理論の解説。

いつもはやさしさに欠け、四六時中相手を乱暴に扱っているのに、ごくまれにのぞかせるあたたかい心に慣れていない恋人は感動してしまうというわけです。


まず最初に出会うこと!見つけ出すことができればお互いを愛しあうことになるのです。

そうして互いに愛し合うようになれば、今度はお互いのことを支えあうことになることになります。


恋愛(れんあい)というのは、人が異性に対してもつ心の触れ合うようなむつまじい間柄になりたいと思い願う感情で、合わせて、その特別な感情に基づいたたくさんの恋慕で一杯になった表情やアクションを伴うのは常識である。


雰囲気を作らないと女性に告白できないという男性はつまり“男性性”がたりない。

逆に“男性性”が強い男ならムードが少なくても強気で攻められるし、女性の方からこちらに近づいてくる。


何と暗闇の心理的な効果は驚異的!瞳を大きくすることで、お付き合いしたい異性がメロメロになる。

通常、人は、強く心惹かれるものに対して、じっくり見ようとして、瞳が拡大するのである。


意外なことに最近では、良いDNAを持つ若い男性は減少している。

それだけではなく若者の精子量がだんだん減っているのです。

というわけで優れたDNAを持つ年の離れた男性を女性は追い求める。

これが年の差婚の理由。


情熱的な愛をかっこつけてどうしても告白しなきゃとか、あなた自身の愛する人への気持ちを言葉だけで理解してもらおうなんて、身構える必要はない。

あなたの体そのものが愛の告白です。


男の涙は女の子の心をキュンとさせることがあるだろうけれど、時と場合によっては「珍しくも無い泣き虫さん」にされちゃう想定外の展開になる恐れも可能性が高い。


スマートに「やさしく肩をたたくこと」又は「そっと肩に触れる」はいわゆる「ボディータッチ」と言えます。

したがって「近接な55センチ以内への不自然を感じさせない侵入」と考えて「清潔感を感じさせるいい香りをうまく漂わせる」ことが大切です。


必見!彼・彼女に触れるテクニック!「知ってる?手のひらのマッサージすっごく気持ちいいよ!」という感じで好きな人の手をさらっとマッサージしてあげれば。

そこから恋愛が開始することもあります。


いつでもくしゃみを両手で隠して、いっしょうけんめい音を小さくしようとするような人はコケティッシュということ。

そんなにも周りのことを考え、行動できれば、みんなに気遣いができるので、モテること間違いない。


二人で出かけたとき、別れる際はそうしたくても引っ張らずに、もっともアツい盛り上がった場面で押し切ってでも帰ることになれば、今度もきっと楽しく会いたいと思わせることが少なくない。


「犬好き」な人は感情の豊かなパートナーがいい。

気持ちを注いだ分だけもちろん自分にも応えてもらえる、そういう恋する相手を探してしまう傾向が少なくない。


0

2013/9/16

相性抜群  恋のいろいろ

「占いの結果じゃ、俺たちってめったに無いほど相性抜群だって」と言ってみるといい。

相性抜群ということを言葉で確認することで「二人は必ず相性がいい」という明るい気持ちにする効き目があることが期待して間違いない。


男性は口説き落としたい人が自分に話しかけている場面でその人の目を見る人が少なくない。

二人で話をしているときに男性の瞳をまちがいなく見てくれているかが、手に入れたいかどうかの判断できるポイントです。


しばしば頭が固い女友達なんぞは、いいなと思うような男性とのチャンスがあっても輪の中に入れず、せっかくの男の人との数少ないチャンスなのにめちゃくちゃにしてやろうとしていると言える。


確かにそういわれれば実際に落ち着いて想像してみればありえないきれいごとかもしれない。

しかしながら、叶ったらいいなとか、現実的ではないと理解していても本心から願うのが恋愛なんでしょう。


キスしたときの情報によって、実は相手の遺伝情報や生殖状態を探り、相性のいい相手であるかどうかをチョイスする。

キスで認められない、の意味は動物どうしとしては合いません。


気になる人の彼女の存在について不自然にではなく尋ねる方法です。

@軽く買い物などに連れ出してみる。

またはAスマートに「いつも彼女とはあまり出かけないの?」と尋ねてみよう。


いいなと思っている人の後ろから不意にあなたがその人の名前を呼んだ時、 相手が右側から振り向いたら、相手は異性として見ている(恋人候補になれるかも)かも。

もしも相手が左から振り向いてくれたら、、それはヒトとして見ている(恋愛の可能性なし)ということです。


女の人にされた質問を同じように聞き返さない男性はモテることはない。

女性は質問した相手に同じように質問してもらいたくてその質問をするのである。

本人がする質問は同じことを確認してほしいという生き物である。


例えば空は女性の恋のようなものであり、そして海、それは男性の恋愛のようなものである。

どちらも空の下と海の上とで線に上限も加減も待ち構えていることに気付かないのはあたりまえ。


つまり、接待の精神の根本は、かけがえのない方にいかにしてエンジョイしてもらえるかを思いやることとまったく同じです。

接待は恋することと変わらないということです。


つまりロミオ&ジュリエットで知られる、許されざる者どうしの愛に燃える理由は、応援してくれない人からの邪魔が愛し合う二人の絆をもうひとまわりきつくしてしまう反発心が働くためだ。


自分勝手なことばかり言う印象の「ギャル系と言われる女」は異性からうとんじられる可能性が高い。

「出かけているときの会話も、自分勝手に振り回されて、ぐったりする」という固定概念があるのが理由。


まず最初に異性を知ることが必要。

相手を見つけ出すことができれば相手のことを愛しあうことになるよ。

そうして相手と愛し合うようになれば、今度は相手のことを支えあうようになるはずです。


相手への愛情というものは義理という鎖で保たれているわけです。

残念なことに人間の生まれついての性格は悪ということなので、義理に頼った関係は人間の気持ちの基本で淡々と全てたち切ってしまう。


世の中の男性が異性の理想とするもの、一番は 「優しさ」。

優しさ=「思いやりがある」という意味。

それを感じることが多いアクションでは絶対に「譲る、誉める、喜ぶ」。

これら3つの言葉が気を付けるべき点。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ