頭頂部を中心に  育毛について

薄毛や抜け毛というと、男性特有の悩みだと考えられることが多かったようです。
しかし、現在では女性もまた、薄毛・抜け毛に悩まされている場合が多いようです。
こうした髪の毛の悩みの原因は、男性と女性で大きく異なっていることが多いようです。

例えば、男性の場合は「男性型脱毛症」によって髪の毛を失ってしまうことが多いようです。
この脱毛症はAGAと呼ばれてテレビなどでも紹介されているのでご存知の方も多いと思います。
これは男性ホルモンの過剰分泌によって発症してしまう脱毛症で、ジヒドロテストステロンという発毛を抑制する物質を生成してしまうのが原因となっています。

これにたいして、女性は「びまん型脱毛症」という症状で髪がうすくなることが多いようです。
これは、頭頂部を中心に髪の毛が薄くなるタイプの脱毛症で、皮脂などのつまりというよりは、ヘアカラーやパーマなどの日頃の髪の毛のおしゃれが髪に負担をかけることによって発症するそうです。

また、無理なダイエットや生活習慣の乱れによっても、このびまん型脱毛症は引き起こされますので、抜け毛の予防のためにも規則正しい生活習慣を身につけるようにしてください。


詳しくはこちら:美容師プレゼンツ〜薄毛の治し方〜
0

使い勝手  白髪染めについて

白髪染めの選択方法には、使い勝手の良さで選択される人もいらっしゃるようですが、白髪染めを使う本来のシステムは塗り始めるまでの準備の段階から始まっている場合が多いようです。

例を挙げると、容器から出してすぐに使える種類の白髪染めがありますし、2つの薬剤を混合してから塗り始める種類もあるようです。
また、1度使い始めたら全て使ってしまわないといけない種類や、残った薬剤を次の機会に使える種類もあります。

なお、それぞれの白髪染めの使い勝手いついては、白髪染めを使う人によりイメージが違うでしょうし、髪が長い人と短い人や伸びてきた部分だけの白髪を染める場合でも、すべて使ってしまうようにする種類は使い勝手が悪いようです。

なので、生えてきた部分だけを染めるケースが多い人にとっては、全て使ってしまわないといけない種類はお勧め出来ませんし、使いやすさについては頭髪に塗るときに差が出るようです。

それぞれの白髪染めを頭髪に塗り延ばす方法にも色々あって、コームやブラシに出してから塗り延ばしたり、そのまま頭髪に出して延ばす種類の白髪染めや、手袋をはめないと直接扱うことが出来ない種類や、反対に直接手で塗り延ばせる種類など、塗り延ばす方法にも使う人によってはさまざまな意見があると思います。

白髪染めを使う場合には、それらの取扱い方法や白髪染め自体の性質や形状などもきちんと理解してから、ご自身が使い勝手が良いと判断した種類を選択するようにしましょう。
0




AutoPage最新お知らせ