2018/4/16

市民相談に回る  

8時、演説。
10時、公明新聞から取材。
1時、クルマの定期点検。
その後、市民相談に各地を回りました。
夜、高松で支援団体の会合に出席しました。

…本日の演説「公文書管理」…
@まんのう町議選、当選させていただきました。御礼。
A公明新聞より、一連の公文書をめぐる経緯とポイント、公文書管理に関する公明党の考えを紹介。
B4/21開催のコミュニティデザイナー山崎亮氏の講演会の案内。
0

2018/4/15

うちだ新聞制作  

10時、会葬。
午後は党用務で琴平町ほか。うちだ新聞を制作。
夜、選挙事務所にて開票結果を待ちました。まんのう町議選、公明党川西まきこ当選、ありがとうございました。

…揺らぐ3選…
4/13付け朝日新聞。連日、公文書を巡る醜聞ですが、このページの見出しは「首相批判 自民内から噴出」。その隣の記事は自民党総裁選のシリーズで、「揺らぐ3選」の言葉がタイトルにつけられています。
自民からの批判を拾い読みすると。
まず石破さん「『批判するな』と言われる方もいるが、自浄作用を失うことの方がよっぽど怖い」。
伊吹氏「配偶者は立場をわきまえてもらわなくては。安倍さんには道義的責任がある」。
三東さん「霞が関や永田町の緩みやおごりに、『このくらいは許されるのでは』という甘えがあるなら、堅城も崩れ去る」。
総理のヨメがちょろちょろ動くな、などと失礼なことは申しませんが、助けるつもりがアダになることはよくある話。本当に助けたいなら、国会に出るしかない、という論調もあります。
与党側に立つ一員として、私から批判めいたことは差し控えたい。けれどもハラが立っていることだけは、自分のブログの限りで、表明しておきたいと思います。憲法を直すより、まず己の襟を直せと。
0

2018/4/14

ミモカ『荒井茂雄』展  

10時、ミモカで荒井茂雄『人生の詩』展がオープン。セレモニーに出席の後、作品を鑑賞しました。
「うちだ新聞」制作。
2時、「丸亀ビル」(大昔の電電公社の建物)にて第4回「リノベーション構想検討会」。
途中退席し、まんのう町へ。今日までの告示期間、活動しました。

…荒井茂雄『人生の詩』…
98歳になられた画家ご本人もお元気に出席。セレモニーではアートへの思いを語られました。また2階の展示会場でもご自身の作品の前で熱くアートを語られました。
「思うがままに描く。生を受けたことの歓びを純粋に表す。描くことは最大の歓びです。この世に無駄なものは何一つない」と大きな境涯を語られる。
猪熊画伯に師事した当時の若々しい姿、そして画伯と語るシーンを写真でたどるコーナーも。猪熊画伯も迷いなく新しい画境を開かれたが、荒井氏も次々と作風を変えていく。「猪熊先生も今日からの展覧会を喜んでおられると思います」としみじみと語られていました。
今日から7月3日まで開催。ぜひご観覧ください。
0

2018/4/13

議会運営委員会  

8時、演説。
10時から各派会長会、11時から議会運営委員会を開催。
1時半、城西婦人会に出席。市政の最近の話題についてお話をさせていただきました。
帰宅し、「うちだ新聞」作りをしました。

…なりたい職業「ユーチューバー」…
「クラレ」が新小学1年生4000人に調査。なりたい職業ナンバーワンは20年連続、男子「スポーツ選手」女子「ケーキ屋・パン屋」で不動。男子で前回25位だった「ユーチューバー」が15位にランクイン。時代相を映し出しています。
その彼らが社会に出るまで10年余り。その頃の現実はどうなのでしょうか。「ユーチューバーって何?」と、もう忘れ去れているのかも知れません。ロボットやAIに取って代わられる仕事もたくさんある中、今、存在しない職業もきっとある。新1年生にしっかりと社会を見てもらい、人生を確かに選び、悔いなく進めてほしいと思います。
0

2018/4/12

うちだ新聞制作  

8時、演説。
「うちだ新聞」76号の制作に本格着手しました。

…自衛隊「日報」の扱い…
4/7付け四国新聞。陸自に続いて「空自でも日報確認」との見出し。1面を補足する2面の記事では次のようにありました。幹部のコメントです。
…日報の取扱いは「一級」とは言い難い。「現場の一隊員が作り、上司のチェックもまともに受けないまま日々送られてくる。公文書という認識はほとんどない。
今後の対策として、「そうじゃないんだよ」と徹底すれば「ない」「出てきた」という不始末は防げるのでしょうか。ただそれだけのことなのか。
現場はイノチガケなんだ。いちいち報告書など手厚く扱えるか。これが現場のホンネなのでしょう。自分たちの日報は、場合によっては戦争の加害者か被害者かを国際的に立証するための決定打になるかもしれない。「書かないのは職務怠慢である」「当然、罰則があり、責任者は責任を問われる」。こうでなければならないでしょう。
タガがはずれていただけなのならはめ直せばいい。けれどそうでなく、操作した感を、たぶん国民はぬぐえないでいるのだと思います。
当時の“あの”防衛大臣も口頭で「ないのか」と聞いただけだったと過日報道がありました。上から下まで、の感。「日誌を書き残しておかないと、場合によっては戦争犯罪人になるよ」と、しっかり徹底をしてほしい。「国民を守る」ことは、何も武力でだけ行うものではない、と明記してほしいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ