2017/7/26

都市経済委員会行政視察  

都市経済委員会の行政視察3日目。大津市へ。同市「企業局」が携わる水道事業の広域化、小規模浄水場の統廃合、イメージアップ戦略、経理の適正化と料金値上げなどについて勉強しました。丸亀に帰着。

…大津市の水道事業…
浄水場の建物からは広い琵琶湖が見渡せます。
「あれが取水口です」。岸辺から数十メートルのところにそれがあり、まあうらやましい。「取水制限」などはめったに起きないこのエリアの「お家柄」。
しかし管路の老朽化や将来見通しの厳しさは同じ。大小6個の浄水場を互いに通水路で結び「応援給水」をしながら無人化、統廃合。監視は中央の浄水場で一元化。できるだけ「出ずるを制する」を図りつつ、議会にていねいな説明をしてこのほど「19%の値上げ」を断行。
水道広域化では香川県がその「小ささ」を利用して全国に先駆け。でも将来の管路補修、そして渇水対策は私たちの喫緊の課題。経営の合理化をやりながら、市民に協力を求める、その手法には誠実さと熱意がこもっていました。
0

2017/7/25

都市経済委員会行政視察  

都市経済委員会からの行政視察2日目。長野市を訪問しました。経路途上の名古屋まで戻り、泊。

…長野市のリノペーション…
去年、丸亀市でもリノベーションスクールを開催。提案した3物件ともリノベ実現には至らなかった。その背景には、全国から「こういうことが面白い」という人を集めても「この地への愛着」がない人が熱を注いでくれるわけではない」との説明に、反省点が見えました。
古くから善光寺の門前町として栄えた。しかし旧国鉄の駅ができると、そちらのほうが商業の中心に。家主、商店主は高齢化。「それならば空き家を貸そう」。そういう土壌があったのが、城下町と門前町の違い、と、鋭いお話を伺いました。
宅建、不動産業者、設計業者などまさに民間主導の大きなリノベのうねり。「新築には何の価値もない」を信条とする民間パワーが、まちづくり会社を生み、分業すれば薄利の設計、大工仕事などを一括請負することで古い民家を蘇らせ、そこに賑わいを仕掛ける。かつてそこに行政が入ることにすら抵抗があったというほど民間主導。でも行政にも役割がある。それは「岩盤」とはいわないまでもさまざまな規制を国と連絡をとりながら改正し、自由なリノベ成功へ道筋をつくること。納得のいく説明をいただきました。
丸亀市でも喫緊の課題。それは「官主導」でないまちづくりをどうこしらえていくかにあります。
長野市に追いつくことも容易ではありませんが、道を切り開いていかねばならない。大きな「お手本」がここにありました。
0

2017/7/24

都市経済委員会視察  

所属する都市経済委員会から行政視察へ。1日目、上田市を視察し、明日の視察地、長野市に移動して、泊。

…美術館も併設した上田市の市民会館…
行政視察1日目は上田市。「サントミューゼ」との愛称で親しまれる文化施設。
かつてJT(専売公社)が所有していた広大な土地。新幹線も近くを走る駅からほど近い立地をゆったとり使い、美術館も併設した文化ホール、約1500席の大ホールと300席の小ホール、さまざまな使い方ができるスタジオのほか、ワークショップや諸活動、バンドの練習などにも使える小さな部屋をいくつも備える。
広々とした天井の高い通路にはいたるところにベンチや机があり、宿題をしている生徒の姿も多く、閉館まで賑わっているそうです。「ホールに用のない人には帰っていただく」というより閉館間際には「やんわりと」促すのだそうです。
半月の形をしたレイアウトで、中心には芝生の広場。立地条件などで丸亀市の市民会館がそのまま使えるプランではありませんが、私の唱える、美術館・図書館とホール機能が丸亀駅周辺に集中すれば文化ゾーンとしての相乗効果も期待できる、という、まさにそのプランの具現化。魅力的と思いました。詳しくはまたHPで報告します。
0

2017/7/23

党議員研修会2日目  

午前、党夏季議員研修会の2日目。
午後からうちだ新聞を配達しました。

…研修会2日目…
山本ひろし、谷あい正明両議員が分科会。私は谷あい氏の憲法問題についてを聴講しました。
その後IT研修などがあり、正午、解散。今日は私が進行を務めました。
分科会では時系列でこれまでの憲法改正の動きを振り返り、党としてのスタンスを確認。「指一本触れさせない」という考えもおかしいが、この時期に自民総裁が唱えるとおりの日程で改正スケジュールを果たせるか、果たす必要があるのか。慎重に、そして国民的合意形成なくしての拙速には警戒を。私見ですが、世界の情勢の中でことさらにいま、性急な改憲の必要があるとは思えない。ましてや今の、国政政治家に任せていいのか。議論は広く深く、そして慎重であっていいと思います。
0

2017/7/22

党議員研修会  

夏恒例、公明党四国夏季議員研修会に出席しました。

…党四国夏季議員研修会…
四国4県を輪番に回る公明党の夏期研修会。今回は香川・宇多津で開催。
4県から代表が活動報告。山口代表の話に傾聴。昨今の議題に対しての石田のりとし政調会長の話など。
都議選を勝ち抜き、次は衆院選。そして統一外の地方選挙が目白押し。どこまでも生活者に伴走する公明党議員の一人として、皆様のために働く決意を新たにしました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ