2018/8/15

お盆勤行法要  

11時から支援団体のお盆行事に参加。
午後から相談ごとに対応もしつつ、資料読みやスクラップ整理をしました。

…ノモンハン…
教科書で習ったノモンハン事件。NHKが出す戦争関連ドキュメンタリー。ある年は「証言記録」というシリーズでとても見る時間がないほどのボリュームでしたが、今年はそうでもない。それでも全部を見られませんが、録画だけはしておきます。
今日、放送されていた分をせめて今日の終戦の日に、見させていただきました。
ノモンハンはソビエトとの国境。両国の境界線の認識が異なり、一触即発のモンゴル高原。ドローンを飛ばして眺めると、平原に掘られた塹壕はまるでナスカの地上絵を思わせる。2万人が、無謀な作戦のために命を落とした。
ソビエト駐留の武官は車窓から、とてつもない装甲車などが鉄路で東に配備される光景を目の当たりにした。軍にも「無謀なことはできない」とたしなめるが、耳を貸さず。ソビエトはドイツに気を取られている。こちらに向ける軍備はないはず、と日本軍。実は密かにスターリン、ヒトラーと協定を結んでいた。日本の国境突破を想定した装備はすでに万全。時速50キロで縦横に走る戦車に、明治時代の「三八式」で立ち向かう。まさに「敵を知らず、己を知らず」。そして責任を取らず。
天皇を頂上とした軍隊の組織図が示される。ロシア、アメリカの文書室から重々しく取り出される文書やテープ。克明に、当時の指導者たちの声、弁明の声、罪を逃れようとする声が響く。親しい者が参謀をしているから、無謀と思うが止められない、責任は現場が取れ。「天ちゃんは絶対だが、どうにでもなるものだ」と、へっちゃらな声でテープは語る。驚愕です。
そして拳銃を渡され、降伏を指示した現場の指揮官が自決させられる。「私は知りません」とテープは繰り返す。遺族の無念はそのまま、人類の屈辱でもあります。
塹壕には重症者のうめき声と死臭。その中を奇跡のように生還した元兵士も今は101歳。しっかりとした記憶と口調で、戦場を語ります。
アメリカの文書館で保管されていたものがここで絶対的な証言者となり、平和に貢献する。そのように、私はこんなにたくさんのドキュメンタリー番組の録画を余生で見られると思えないが、ぜひとも多くの方に語りたい。平和の実現へ、「ボクたちが語り継がないとこれまでの語り部の意味がない」と語った6日の広島の小学生。私たちも、老いても生きている限り、なすべきことはある、そのように思わせてくれました。
0

2018/8/14

崩落現場視察ほか  

9時、市長室に山本ひろし参議院議員が来訪。日本遺産の件で市長と懇談に同席。その後役所の皆さんにお願いし、丸亀城石垣崩落現場、資料館で開催中の「戦争の記憶展」を鑑賞のあと、市内で訪問活動を午前いっぱい行いました。
午後、資料整理、新聞のスクラップ読みなど。
夜、まんのう町で行われた知事選個人演説会に出席し、党としてあいさつしました。

…終戦日の空襲…
今日の読売新聞に。粗末な防空壕では命を守れないと学校に逃げ、戻ると防空壕は焼夷弾に直撃されていた、という話がありました。
秋田では8月14日の夜から翌未明までの空襲。8月15日、終戦の日に空襲されたところ小田原などほかにもあるそうです。過酷な現実です。あと1日、あと数時間だったのに、との思いが募ります。生死を分ける、ほんとうに過酷な歴史。
今日を為した命を長らえた人々が、深くその日思う日が、今年も来ました。
0

2018/8/13

総務委員会協議会を傍聴  

県知事選のため、告示期間中は朝の演説を控えています。ご理解ください。
10時、来年の高校同窓会の日時と会場が決まったのでさっそく会場の下見と予約にスタッフと。
午後から総務委員会協議会を傍聴しました。
千葉から帰京した友人から電話が入り、会うのならせっかくだから、今日が最終日の「山の小さな展覧会」に赴き、楽しみました。
夕刻、孫一家が来てプールで遊び、買い込んできた「吉野家の牛丼」で夕食を。

…スタンドの3年生…
公明新聞からも甲子園ネタです。8/10付け。
ベンチ入りできるのは18人。一方、出場56校のうち部員数100人超の高校が20校も。大勢の3年生はベンチ入りを果たせずスタンドに立つ。
これを書いているコラム執筆者も高校時代の思い出を綴る。県大会1回戦で敗れたが、あれから30年、同期9人との親交は今なお続く、と。皆、髪の毛が薄くなり、腹が出たが、友情だけは変わらない…。私も中高両行ともに5年に一度、定例の学年同窓会が続き、私が両方とも進行役で「定位置」。ありがたいことです。この年になり、参加者が少し戻り始めた傾向にもあります。球児たちならずとも、再会と旧交をあたためる人生でありたいです。ベンチの人も、スタンドの人も。
0

2018/8/12

高校同級生ミニ同窓会  

新聞切り抜きまとめ読みなど、資料整理しました。
夜、高校時代の同級生とのミニ同窓会。来年開催の学年同窓会について話し合いました。

…がれきの中からの「はい」…
今日の朝日新聞の歌壇。

 お前を呼べばはいと返事あり土砂に埋もれた家の中より

呉市の田坂量慈さんの作品。意味を汲むまで何度も読み返しました。どんな思いであったことでしょう。「災害は忘れたころに」というが、日本ではもう忘れる間もない状況。長雨から一転して渇水対策が取られる香川。国や自治体まかせではいけない、との意識を高めるとともに、でも土砂は、渇水は、一人の力でどうしようもない。個人と個人の地域のきずな、そして地域と行政のきずなを強めるしかありません。
0

2018/8/11

瀬戸大橋30年の花火  

2時から携帯端末などの更新で会社に8時前まで。
その後瀬戸大橋架橋30年の花火大会を鑑賞しました。

…ケータイ更新と花火の夜…
2時から夜の8時前まで、電話会社。妻のスマホ(名義人が私であるのと、何かと補助のため付き添い)やタブレットの更新。私のガラケーもスマホにしたらトータルで安くなるのか、などの検討の結果、私はガラケーのまま、妻のスマホとタブレットを機種変更。この手続きに8時前まで。その足で富士見町5丁目へ。もう坂出まで行く時間が無くなりましたので、瀬戸大橋架橋30年を祝賀する、延期になっていた花火大会を楽しみました。遠くから小さな花火ではありましたが海に映るのが幻想的でした。15000発。ここからは瀬戸大橋を渡る夜汽車が見えます。花火と列車がタイミングよく写り込んでくれたらよかったのですが、ままならず、残念。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ