スターバックス好き必見!JCBカードならポイント5倍で珈琲飲める!  


スターバックスで使える専用プリペイドカード「スターバックスカード」をご存知ですか?
このスターバックスカードとJCBオリジナルシリーズカードをうまく使えば、なんとポイント5倍で珈琲が飲めるようになるんです!!!

スターバックスカードはSuicaのようにカード内に1,000円から現金をチャージできる便利なカードです。クレジットカード決済でチャージができる「オンライン入金」もでき、残高がなくなると自動でチャージ(入金)してくれるオートチャージ機能もついています。

そして、JCB ORIGINALシリーズのカードは全国のスターバックスで利用すると、付与されるOkiDokiポイントが通常の5倍にアップする仕組みになっています。スターバックスで1回あたり1,000円(税込)以上利用した場合のみに適用される特典ですが、スターバックスカードへの入金分もポイントアップ対象となっているため、利用する前にカードに1,000円チャージすれば、スターバックスでつねにポイント5倍で珈琲を飲むことが可能になるわけです!!!

このスターバックスでポイント5倍の対象になっているJCBオリジナルシリーズカードの種類につちえはこちらで詳しく紹介しています。スタバ好きの方は、このお得なサービスを活用してジャンジャン珈琲を飲んでください!
0

イトーヨーカドーで5%オフ!8のつく日は見逃せない!  

主婦の方に絶対知っておいてほしい美味しい情報があります。

毎月8のつく日に、イトーヨーカドーで5%オフになるカードの存在です!!


8のつく日(8日、18日、28日)にセブンカードを使うと、なんと店舗だけではなく、ネットスーパーのほうでも同じように5%オフになります。
セブンカードは貯まったポイントが1ポイント=1円としてイトーヨーカードなどで現金の代わりに使えるようになっているので、買い物をしたポイントでまた買い物をする、というお得の連鎖が自動的に作られます。

初年度年会費無料、セブンイレブンなどでもポイントが3倍になって付与されるので、イトーヨーカドーが近くにある方にとてもおすすめです。
0

ディズニー★JCBカードにミニーちゃんやドナルドの新デザインが登場!  


春のディズニーランドでは、イースターワンダーランドといってとくべつなイベントが期間限定でおこなわれていますが、あなたはもう行きましたか?

ディズニーマニアの方々、とくに年間パスポートをお持ちの方なんて週に一回は必ず行っているというかたもいらっしゃいますよね。
可愛いキャラクター達がフロートに乗って手を振ってくれるだけで日常の疲れも吹っ飛んでしまいます。

そしてキャラクターといえば、ディズニー好きなら一度は目にしたことがあるはずのディズニー★JCBカード。
私もディズニーランドでお土産を買うときに、前の人がこのカードで会計をおこなっているシーンを見たことがあります。

可愛らしいディズニーキャラクターが券面にデザインされているこのカードはとても人気で、ディズニー関連の特典がぎっしり充実しているのでディズニーマニアの方々からかなりの注目を集めています。

カードを持つと、なんと誕生日にキャラクターが自分の家に電話をかけてくれるといったおどろきの特典も用意されているんです!(→特典内容の詳細はこちら)

そしてそんなディズニー★JCBカードに、新しいデザインが追加されることになりました!!!

デザインは6種類。
ミニーちゃんやスティッチ、ドナルド、ユニベアなど、人気キャラクターが勢ぞろいです。

とくに赤を基調としたミニーカードはとても可愛らしく、女性の方にはたまらない仕様となっています。

券面のデザインはこちらで確認できます。
眺めているだけでも楽しい気持ちになりますよ!!
0

エネオスカード、3種類あるけどどれを選べばいい?  

ENEOSを利用する方に人気の「エネオスカード」。
しかしそのエネオスカードにも3つの種類があるので、どれが自分にとって一番お得なのかを考えて決めなければなりません。
では、どういった基準でカードを選べばいいのでしょうか?

エネオスカード選びの重要なポイントは、「自分が月にガソリンスタンドで2万円以上使うか、使わないか」という点です。

・「ENEOSカードC」…毎年のカード利用額に応じてガソリン・軽油が最大で7円/リットル引きになります。

・「ENEOS CARD S」…ガソリン・軽油がずっと2円/L引きになる、という一律型です。年一回の利用で翌年の年会費が無料になります。

・「ENEOS CARD P」…エネオス&JOMOのカード利用1,000円毎に30ポイント付与(一般加盟店なら1,000円ごとに6ポイント付与)。貯まったポイントをエネオスまたはJOMOで現金の代わりに利用できます。最低交換単位は1,000ポイント=1,000円、ポイントの有効期限は二年です。

年間にどれだけガソリンを利用するかを大体把握したら、こちらの公式でシュミレーションしてみてください。あなたに一番合っているカードを自動で導き出してくれます。
0

ANAカードとANAアメリカンエキスプレスカードの違いとは?  

同じANAという名前が付いていますが、ANAカードとANAアメックスの機能は違います。


ANAアメックス(年会費5250円)はANAカード(2100円)よりも年会費が高めですが、そのぶん「アメックス」というブランドステータスが付いていますし、旅行傷害保険も最高3,000万円まで付帯されます。

また、貯まったポイントの移行手数料も違います。

ANAカードは年間6300円(10マイルコース:1000円=1ポイント=10マイル)ですが、ANAアメックスの場合は年間5250円(100円=1ポイント=1マイル)で、ANAグループを利用した場合のポイントが1.5倍になります。

異なるサービス内容のANAカード、どちらが自分に合っているのか、気になる方はこちたの紹介記事を参考にしてみてください。
0




AutoPage最新お知らせ