2007/1/31

10冊!  

今年は100冊読むのが、小さな目標
で、今月10冊読めました。
今、ちょっと息切れ

blogに挙げた以外のものは・・・
チルドレン 短編集なんだけど、登場人物が同じで、銀行強盗に遭い人質になったエピソードが上手く絡んで、面白く読めた

魔王 小泉さんを意識したものかな?と思うんだけど、超能力の要素が入ってしまっているんで、スッキリとはしないストーリー。しかも、途中でシューベルトの魔王に言及されて、待ってました!なのだけど、ストーリーとの関わりが薄い。「だから何?」って言う程度で、最重要な要素じゃないんだよね。題名と装丁がよいだけに惜しい!表紙を見て期待しすぎた私が悪いんです、はい。

ナイチンゲールの沈黙/螺鈿迷宮 両方とも「チームバチスタ」に比べて、面白くないバチスタは、ありそうな話に仕上がってたけど、この2作は「なさそうな話」なんだもん。&特徴だと思うけど、無駄に漢字が多くて速読不向き・・・はこっちの勝手な問題だが

図書室の海 短編集ですが、恩田さんは長編の方が好きかな。小夜子や夜ピクの前段が書かれたものもあります。学校の図書室で、貸し出しカードに同じ名前を見かける・・・というのは、昔(^^;)ならではですよね〜というノスタルジーが楽しかったりする一冊。

ごめん、愛してる 上巻は昨年中に読んでて、下巻を。ドラマで観ていてストーリーは分かっているんだけど、いや〜泣きました(笑)名曲喫茶で読んでたんだけど、お客は私一人で、オーケストラの演奏の合間に私の鼻をすする音が・・・

女はみんなミーハーです 私より少し年上のライターさんの、ミーハー歴を綴ったもの。ものすごくエネルギッシュにミーハー活動にいそしんでいて、敬服します(笑)
対象が違うだけで、気持ちはよ〜く分かるんで、面白かったですね

私のミーハー歴は・・・西城秀樹(笑)、清水健太郎、世良公則、
高橋慶彦(この辺から、プロ野球に移行)が長くて、
合間に大学野球の木暮洋くん(誰も知らないよね・・・)が入り、
その後は・・・そうそう、尾崎直道(笑)。
そうこうしているうちに芸能人に戻ってきて、
佐藤浩市、松本幸四郎&市川染五郎、岩城滉一(あ〜、時代が分かってしまうぅぅ)・・・で、KinKiになって。
その後、2004年に韓国人に突入していく今は、チェドンハくん

話がずれました。
「アヒルと鴨のコインロッカー」映画化するらしいですが、
河崎とドルジを演じる俳優は、どうするんでしょうね。同じ人が演じたら、原作の良さが半減すると思うんですけど・・・
ストーリーの面白さだけで引っ張れなくもないけど、
映画って本を超えないことを証明してしまうだけかと懸念されます。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ