2007/1/27

オペラ座の怪人  舞台

東京公演が終る前に、もう一度観ておこうかな、
鹿鳴館も終って、幹二がラウルに回ってくるかもしれないし・・・
と思ってチケット取ったんす。

しかし・・・幹二は休暇なのか、今はどの舞台にも乗ってませんね〜
一緒に行くことになっていた友が
「鈴木何とかだったら、下手よ」とメールをくれたんで、
即効四季のホームページでキャストチェック!
がーん・・・まさしくその鈴木某じゃあ、ないですか!
しかも、クリスティーヌも佐渡寧子・・・
佐渡さんは、アイーダのアムネリスで懲りている。
クリスティーヌが歌えるのか??と・・・
で、舞台セットや衣裳を観ることにして、オペラグラスも持たず行きました。
席もイマイチだって分かっていたしね。

脇が上手かったんですよ(笑)
下手にムッシュー・フィルマンらが上手いもんだから、
ラウルが一緒に歌うところは、ラウル、one-of-themになってました^^;
大問題!のクリスティーヌですが、アムネリスの悪夢から考えたら
頑張って歌ってました。ほっ
けどね、けどね、まさに「オペラ座の怪人」の歌で
あ〜あ あ〜ああ〜あ あ〜あ〜
の最後のどんどん上がっていって、
「歌え!私のために!」とか怪人が煽って
最後、気絶寸前の体であーーーーーーーーー
って歌うとこ、弱かったんだよね〜
しかも、短かった!プンプン!
し・か・も低くないか?????

屋上で歌うえにふぇーーー(日本語の歌詞わからぬが)
のとこも、パンチ不足で、消化不良・・・
というか、もっとゾクゾクする歌だったはずなのになぁと。

前半終って、トイレから戻った友が声をひそめて
「ねぇ、こんなこと言ったら刺されるかもしれないんだけど、Key下げてない?」
やっぱりーーーーーーーー?!!!!!
確認し合っちゃいましたよ、全く!
けど、友いわく、キーが下がっている分、鈴木くん「この前より良い」と。
&脇が上手い、怪人も上手いからって、観ていられるって。

後半は怪人が、舞台引っ張りまして、悲しみが伝わってきて良かったです。
ちゃんと拍手する気持ちになって、終れました(TT)

けど、やっぱりラウルは石丸幹二だよぉぉぉ!
優男の勇気!
歌は、四季のサイトで聴けますので、良かったらどうぞ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ