2007/1/31

10冊!  

今年は100冊読むのが、小さな目標
で、今月10冊読めました。
今、ちょっと息切れ

blogに挙げた以外のものは・・・
チルドレン 短編集なんだけど、登場人物が同じで、銀行強盗に遭い人質になったエピソードが上手く絡んで、面白く読めた

魔王 小泉さんを意識したものかな?と思うんだけど、超能力の要素が入ってしまっているんで、スッキリとはしないストーリー。しかも、途中でシューベルトの魔王に言及されて、待ってました!なのだけど、ストーリーとの関わりが薄い。「だから何?」って言う程度で、最重要な要素じゃないんだよね。題名と装丁がよいだけに惜しい!表紙を見て期待しすぎた私が悪いんです、はい。

ナイチンゲールの沈黙/螺鈿迷宮 両方とも「チームバチスタ」に比べて、面白くないバチスタは、ありそうな話に仕上がってたけど、この2作は「なさそうな話」なんだもん。&特徴だと思うけど、無駄に漢字が多くて速読不向き・・・はこっちの勝手な問題だが

図書室の海 短編集ですが、恩田さんは長編の方が好きかな。小夜子や夜ピクの前段が書かれたものもあります。学校の図書室で、貸し出しカードに同じ名前を見かける・・・というのは、昔(^^;)ならではですよね〜というノスタルジーが楽しかったりする一冊。

ごめん、愛してる 上巻は昨年中に読んでて、下巻を。ドラマで観ていてストーリーは分かっているんだけど、いや〜泣きました(笑)名曲喫茶で読んでたんだけど、お客は私一人で、オーケストラの演奏の合間に私の鼻をすする音が・・・

女はみんなミーハーです 私より少し年上のライターさんの、ミーハー歴を綴ったもの。ものすごくエネルギッシュにミーハー活動にいそしんでいて、敬服します(笑)
対象が違うだけで、気持ちはよ〜く分かるんで、面白かったですね

私のミーハー歴は・・・西城秀樹(笑)、清水健太郎、世良公則、
高橋慶彦(この辺から、プロ野球に移行)が長くて、
合間に大学野球の木暮洋くん(誰も知らないよね・・・)が入り、
その後は・・・そうそう、尾崎直道(笑)。
そうこうしているうちに芸能人に戻ってきて、
佐藤浩市、松本幸四郎&市川染五郎、岩城滉一(あ〜、時代が分かってしまうぅぅ)・・・で、KinKiになって。
その後、2004年に韓国人に突入していく今は、チェドンハくん

話がずれました。
「アヒルと鴨のコインロッカー」映画化するらしいですが、
河崎とドルジを演じる俳優は、どうするんでしょうね。同じ人が演じたら、原作の良さが半減すると思うんですけど・・・
ストーリーの面白さだけで引っ張れなくもないけど、
映画って本を超えないことを証明してしまうだけかと懸念されます。

0

2007/1/27

オペラ座の怪人  舞台

東京公演が終る前に、もう一度観ておこうかな、
鹿鳴館も終って、幹二がラウルに回ってくるかもしれないし・・・
と思ってチケット取ったんす。

しかし・・・幹二は休暇なのか、今はどの舞台にも乗ってませんね〜
一緒に行くことになっていた友が
「鈴木何とかだったら、下手よ」とメールをくれたんで、
即効四季のホームページでキャストチェック!
がーん・・・まさしくその鈴木某じゃあ、ないですか!
しかも、クリスティーヌも佐渡寧子・・・
佐渡さんは、アイーダのアムネリスで懲りている。
クリスティーヌが歌えるのか??と・・・
で、舞台セットや衣裳を観ることにして、オペラグラスも持たず行きました。
席もイマイチだって分かっていたしね。

脇が上手かったんですよ(笑)
下手にムッシュー・フィルマンらが上手いもんだから、
ラウルが一緒に歌うところは、ラウル、one-of-themになってました^^;
大問題!のクリスティーヌですが、アムネリスの悪夢から考えたら
頑張って歌ってました。ほっ
けどね、けどね、まさに「オペラ座の怪人」の歌で
あ〜あ あ〜ああ〜あ あ〜あ〜
の最後のどんどん上がっていって、
「歌え!私のために!」とか怪人が煽って
最後、気絶寸前の体であーーーーーーーーー
って歌うとこ、弱かったんだよね〜
しかも、短かった!プンプン!
し・か・も低くないか?????

屋上で歌うえにふぇーーー(日本語の歌詞わからぬが)
のとこも、パンチ不足で、消化不良・・・
というか、もっとゾクゾクする歌だったはずなのになぁと。

前半終って、トイレから戻った友が声をひそめて
「ねぇ、こんなこと言ったら刺されるかもしれないんだけど、Key下げてない?」
やっぱりーーーーーーーー?!!!!!
確認し合っちゃいましたよ、全く!
けど、友いわく、キーが下がっている分、鈴木くん「この前より良い」と。
&脇が上手い、怪人も上手いからって、観ていられるって。

後半は怪人が、舞台引っ張りまして、悲しみが伝わってきて良かったです。
ちゃんと拍手する気持ちになって、終れました(TT)

けど、やっぱりラウルは石丸幹二だよぉぉぉ!
優男の勇気!
歌は、四季のサイトで聴けますので、良かったらどうぞ。
0

2007/1/22

図書館戦争  

有川浩がアリカワヒロって女性だってことも
知らずに、題名に惹かれて・・・

深みは足りないかもしれないんだけど、
設定は面白かったです(^^)
基本的に主人公の女の子、郁のしゃべり口調で書かれていて、
スピード感もあり、読みやすい。
王太郎とか幸太郎とかに共通するところもあって、
余計に男が書いてると思い込んだんだけど、
考えてみりゃ、主人公は女だ。ちょっと乱暴な口調だけど。

ときどき一人称が、別な人、堂上とか手塚とかに変わってたりして、
読みにくくなったりするんだけど、まだ駆け出し風だから
許しちゃおうかな・・・と。

こんな世の中になったら、すっごくイヤなんだけど、
実は全然現実味を感じさせないところが・・・どうなんだ?
あと、王子様が堂上だってのは、あまりにも分かり易い、ってかお約束?
郁には未だ分かってないので、続編も書けるわな〜

ストーリーは面白かったですよ〜早く読めたし。
でも、この作品で一番いいところは、所謂「本」が好きだってことが
伝わってくることなんだな
本を読むことが好きなんじゃなくて、紙の塊としての本。
本が回収され、廃棄されていくところ、涙なくして読めません!
このシーンで、郁の気持ちに寄り沿っちまうんだよね。
掴みはOKというか。
0

2007/1/15

イーヴォ・ポゴレリッチ ピアノ・リサイタル  Concert

クラシックコンサートから帰ってくるたび言ってるけど、
いや〜!良かった〜〜

2年前に来日したときは、いいや〜って流したんだけど、
6年ぶりの来日、しかも2000年以降活動休止していたとかで、
ほんとは押さえておくべきだったらしい。

8年前かもっと前のコンサート、芸術劇場でやったとき、一度聴きに行ってるんです。そのときと比べて思ったのは、太ったなぁ〜ってこと。
すごい貫禄! そして、坊主頭にしたから、威圧感あり。
照明がすっごく落とされていて、眠れってこと?と心配になった(^^;)

ですがーーー!!!
席が前の方、しかも下手ってことで、弾いてる手がバッチリ見えたのよぉ〜
もう目が釘付けでした 
やっぱり席って大切。1秒も眠くなりませんでした。
後ろの方、途中でオペラグラス落としやがりました。
どこからか、気持ち良さそうな寝息も聞こえましたね・・・
ポゴの耳にも届いていたんじゃないかと思いますぅぅぅ(;;)

さて・・・手はねぇ・・・というか、指はね〜だな。
ゆっくり弾いているときは、何ということもなく、滑らかに鍵盤の上を行ったり来たりしてるなって感じだったんだけど、普通のテンポでフォルテで弾いてるときなんかは、指の残像が残る、漫画で腕を振ってるときに3本描いたりする、あんな感じに見えたの。
でね、でね!!聞いて!!
葬送の4楽章。すっごく速かったのよぉぉ!!!
もうメロディがないくらい。えっえっえっ???と思う間に、楽譜を追う目がどんどん進んで行くのが分かって、あっと言う間に終了!
そのときは、指が車輪のようでした。車輪がクルクルクルクルクルクルクルクル・・・

ラフマニノフのは、余り動かしているように見えないのに、
音の数が尋常じゃない!
すごいです!って、ピアニストですから、当然ですが、とにかく感動した!

アンコールも良かったです。イスラメイ。
知らない作曲家だった(この辺、素人でしょ、私)んですが、CD探してみようかと。
そして、当然比較します。ポゴレリッチって、素人耳にも個性的、オーソドックスからはかけ離れているのが分かりますから。
葬送も聞きなおさないとな〜

最後、椅子入れて、蓋閉めて、反響板下ろして「もう、終わりだよ」って感じが、
ちょっと可愛いかったです。

0

2007/1/14

華麗なる一族  映画・ドラマ・DVD

TBSが局の威信を掛けて?社運を掛けて?
とにかく、ものすごい宣伝活動で、木村くんを見ない日はなかった!
ので、原作は昔(って15年前くらい^^;)読んで面白かったし、
じゃあ見てみるかなと。

太陽神戸の合併がモデルになった話だということで、
そういう企業モノが好きな人には楽しめる、絶対!
時代を現代に置き換えなかったのは、「鉄」に替わるものがないからかな?
主人公の名前も鉄平だし。

見ていて、忘れていたところも思い出したんだけど、
細かい心の襞を、モノローグで説明しちゃうのは、ちょっとね・・・
具体的には、広〜〜〜い庭のでかーーーーい池の前で、
将軍って金色の鯉(これ、いかにも作り物でよろしくない)が
出てきたところ。
でも、まぁ、なかなか良い進行になってます(偉そうなコメントだな)。

しかぁし!木村くんは、こんなドラマでも木村くんなのね(><)
がっかりだわ・・・って、分かっていたことだが(失笑)
鉄平夫婦、相武サキちゃん(字が分かりません^^;)、下手だったなぁ。
個人的には稲森いずみにも不安が・・・
このあたり、あまりセリフを与えるな!と言っておこう。

鈴木京香、私が読んだときのイメージとは違うけど、かなり◎
トオルくん(って歳じゃない?)のストレートに嫌味な役、珍しいと思いますが、こちらも良い(>▽<)
西田敏行、同じようなの見たことあるな・・・と思ったら、白い巨塔だった。
こちらも山崎豊子作品ですね。

鉄平の役は、それこそ上川隆也の方があってたんじゃないかなぁ。
まぁ、視聴率取りたかったってことだろうから・・・
上川は「わるいやつら」ですね。こちらも見る予定。暇人なのね、私(><)

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ