クラッシャブルゾーン!  

クラッシャブルゾーン!

ここはクラッシャブルゾーンです。


       重根島ガイドに戻る。
http://happy.ap.teacup.com/shikonezima-g/2.html
0

2010/2/25

ファジー動作を忘れたゾルキーさんK  

ファジー動作を忘れたゾルキーさんK

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 ゾルキーレンズを取り付けました。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 ゾルキーレンズは沈胴型なので、この様にレンズ筒が本体
内に引っ込み収納時にスペースを取らないので有利です
ね。
『婦長』
 しかし、ゾルキーさんは重いですね。
『院長』
 今のカメラと違って殆どが金属部品ですからね。
有る程度重い方が、手ブレが少ないと思うのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 キャノンレンズも取り付けてみました。
『婦長』
 雰囲気が かなり変わりました。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 これより各部の整備を行います。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 ボディーの下部カバーを外しました。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 同じく背部からの眺めです。
『看護士』
 今回をもって重根島レストア診療院(25)はメモリーパンクで
永遠に更新は出来ません。
『婦長』
 次回は新設の『重根島レストア診療院(26)』からの
ご案内となります。
http://happy.ap.teacup.com/shikonezima26/

         次回に続きます。
http://happy.ap.teacup.com/shikonezima26/2.html
0

2010/2/24

ファジー動作を忘れたゾルキーさんJ  

ファジー動作を忘れたゾルキーさんJ

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 スローシャッター変速ガイドが術後の後遺症で、若干歪が
出まして接触していますので、サンドペーパーで微調整を
行っています。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 さて、これで手術を完了しました。
『婦長』
 結果スローシャッターは回復しました。
『看護士』
 happy happy!

クリックすると元のサイズで表示します
『婦長』
 いよいよ、軍艦部カバーの取り付けです。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 仮に取り付けていたノブ類を磨き上げました。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 軍艦部カバーの取り付け完了しました。
『看護士』
 いよいよ完成ですね。
『院長』
 まだです。
次回からは各部の検査&調整等及び若返り術に進み
ます。

         次回に続きます。
http://happy.ap.teacup.com/shikonezima25/34.html
0

2010/2/23

ファジー動作を忘れたゾルキーさんI  

ファジー動作を忘れたゾルキーさんI

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 赤矢印部分は接着していますので、ネジを締め付け
ると外れることは必至です。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 困ったときは旋盤登場です。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 画像のようなピンを作製しました。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 シャッター作動時は、かなり大きなショックが有ります。
今回ミスで部品を壊したので、3箇所のうち1箇所の
ネジ止めが出来ません。
組み立て時は正常に働いても3箇所が2箇所のネジ
止めでは将来に於いて必ず緩んでくるでしょう。
そこで、小さなピンを安全のために差し込み本体に
固着(下部のみに2oネジ溝を切り)しました。
『婦長』
 クリップ状の あの安全ピンとは違います。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 念には念を入れて、ショック緩衝の為に銅のピースを挟み
込み接着しました。
ちょっと格好が悪いのでシャッターテスト後に何もなかったら
取り外す予定です。

         次回に続きます。
http://happy.ap.teacup.com/shikonezima25/33.html
0

2010/2/22

ファジー動作を忘れたゾルキーさんH  

ファジー動作を忘れたゾルキーさんH

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 こちらはブラックボックス(スローシャッター機能制御部)除去
後の光景です。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 画像下部は、変速ガイドです。

クリックすると元のサイズで表示します
『看護士』
 変速ガイドのアップ画像です。
『婦長』
 ミニのパターのような形をしています。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 変速ガイドは赤矢印部分穴に差し込まれていました。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 赤矢印の穴には元来ネジ穴が刻まれ下部からネジ止
めされていましたが、前回の「強制ネジ除去術」でネジ
穴が消滅しています。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 本体側の消滅したネジ穴に、新たに少し大きめの
2oタップをたて、ネジ穴を再現します。

         次回に続きます。
http://happy.ap.teacup.com/shikonezima25/32.html
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ