クラッシャブルゾーン  

クラッシャブルゾーン
 重根島レストア診療院(23)は同名の(22)からの続きです。



       重根島ガイドに戻る。
http://happy.ap.teacup.com/shikonezima-g/2.html
0

2009/12/23

お腹に違和感を訴える患者A  

お腹に違和感を訴える患者A

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 これより問題のスピーカーユニットの取り外しを行います。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 4本の木ネジを抜けば簡単にユニットが取り外せます。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 防磁型らしきスピーカーユニットのお尻です。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 破れたエッジ部分をスピーカー裏側から眺めています。

クリックすると元のサイズで表示します
『婦長』
 別のエッジ部分ですが・・・・
鼠の糞のようなものがありますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 どうやら鼠が住み着いていた様子ですよ。
証拠に紙くずなどが吸音材に混ざってますね。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 少し紙くずを少し除去しました。
『婦長』
 患者さんが「お腹に違和感を感じる!」と仰ったのは、
この紙くずの事だったのでしょうか?

         次回(24)に続きます。
http://happy.ap.teacup.com/shikonezima24/2.html
0

2009/12/22

お腹に違和感を訴える患者@  

お腹に違和感を訴える患者@


『婦長』
 次の患者様は、小型のスピーカーさんです。
『院長』
 どうぞお座りください。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 ヤマハのNS05さんですね。
如何されましたか?

クリックすると元のサイズで表示します
『患者』
 エッジが破れて空気が漏れ、息がし辛いです。
お腹に何だかシコリが有るように感じます。
『院長』
 確かに赤矢印の箇所が破れていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 確かに、この部分ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
『看護婦』
 問題部分のアップ画像です。
コーン紙自体には、傷が入っていない様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 背後からは分解出来ないタイプですので、ユニットを
直接本体から切り離す手術を試みましょう。

         次回に続きます。
http://happy.ap.teacup.com/shikonezima21/32.html
0

2009/12/20

走り出したら止まらない患者L最終編  

走り出したら止まらない患者L最終編

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 再生機能に関しましては、今後このままの状態で
十分な結果が期待できますので、ケースに収めます。

クリックすると元のサイズで表示します
『婦長』
 この焼けた抵抗は、そのままの状態で問題は無い
のですか?
『院長』
 今後このデッキは再生を主として考えていますので、
録音関係の整備は行いません。
今後、本機の回路図、コンデンサーやその他の部品を
入手出来た場合に改めて整備いたします。
焼けた抵抗につきましては、これ以上に加熱も無く
(焼き切れている)安全です。
焼けた原因は抵抗付近のコンデンサーもしくはTRの短絡
と考えています。

クリックすると元のサイズで表示します
『婦長』
 取り付けネジを磨きました(左側)

クリックすると元のサイズで表示します
『看護婦』
 いよいよケースとのドッキングですね。
画像は正面パネル方向からの眺めです。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 正面の化粧パネルも取り付け完了しました。

クリックすると元のサイズで表示します
『婦長』
 元通りの美顔となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 視聴用前にレコーディングテープをセットして記念撮影を
行いました。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 実際の視聴風景の画像です。

クリックすると元のサイズで表示します
『看護婦』
 院長、左右のレベルが同じでは有りませんが・・・
『院長』
 ステレオ録音ですので、常にレベルが一定とは限りま
せん。
常に一定だとモノーラル状態となってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します
『看護婦』
 の画像は他のサイトからの無断使用です。
『院長』
 これで、走り出したら止まらない患者さんは本日
退院です。
また不都合が有りましたらいつでも来院ください。
『患者』
 上手く止まれるようになりました。
『婦長&看護婦』
 おだいじに〜

       重根島ガイドに戻る。
http://happy.ap.teacup.com/shikonezima-g/2.html
2

2009/12/19

走り出したら止まらない患者K  

走り出したら止まらない患者K

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 巻き取りリール側のガイドのコマが固着していますので、
カニ目レンチを用い整備の為、取り外します。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 当初、ベアリングかな?と想像していましたが、丸型
のアルミ製部品でした。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 送り出しリール側の方はベアリングでした。
その後、両方とも清掃しました。

クリックすると元のサイズで表示します
『婦長』
 切れていたカウンター用のベルトの寸法を測りました。

クリックすると元のサイズで表示します
『院長』
 バンコードでベルトを作製し、元の位置に取り付けました。
『婦長』
 あの、熱でくっ付ける いつものベルトです。

クリックすると元のサイズで表示します
『看護婦』
 カウンターベルトのアップ画像です。
『院長』
 これでカウンターの動きが蘇りました。

         次回に続きます。
http://happy.ap.teacup.com/shikonezima21/30.html
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ