ナガセ自動車の『お薦め販売車一覧』は コチラからご覧くださいませ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑ ↑  ↑  ↑  ↑  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 🚗    🚗    🚗    🚗    🚗                  ナガセサービスへのお問い合わせはこちらから お気軽にどうぞ〜(*^^)v   クリック クリック

2017/5/22

「自動車は文化だ ! 」NCCR2017滋賀-敦賀 参加させて頂きました〜(*^^)v  

クリックすると元のサイズで表示します

5/21 NCCR2017滋賀-敦賀 イベントに参加させて頂きました〜(*^^)v  

クリックすると元のサイズで表示します
つきましては いきなりなんですが 私服部 今回のツーリング+タイムラリーイベントに ゼッケン26号車として メルセデスベンツSLK230コンプレッサーにて 初出場させて頂いたので御座いますが、なんと その参加約50台中 タイムラリーの結果が 第1位 総合優勝であったので御座います〜(^^) ありえへんから〜 (@_@) (ちなみに速さやドラテク競う競技ではないので〜) 

クリックすると元のサイズで表示します
そして その他にもくじ引きとか参加賞とか 色々な商品や記念品 そして ちょっと大人の事情でここで言えない様な 豪華商品 までゲットしたので御座います〜 (^^) 運使い果たしましたぞ〜 (^-^;
でもしかし 一応は 考えて クルマとの息を合わせて そして 掴んだ優勝だと思っています。(^^)

クリックすると元のサイズで表示します
集合場所 びわ湖大津館 ちょっと早めに到着致しまして 愛車であり今回のマシーンであります SLK 息子のyou太が ゼッケンを貼ったり 綺麗にしてくれたりしているので御座いますが そんな姿に お声を掛けて下さる方もいらっしゃったりしまして 嬉しく感じるので御座います。(^^)

クリックすると元のサイズで表示します
そうこうしていますと 今回のイベントの立役者でもあります ガレージクレヨンの社長様が 私服部の ポルシェの師匠 日比野編集長と一緒に ご到着で御座います。今回は 1974年の 914で御出場で御座います。(*^^)v

クリックすると元のサイズで表示します
そして 国産車は クラッシックカーと言う規定があるのですが 1961年と62年の トヨペットクラウンで御座います。これは通称 観音クラウンで御座いますね。黒い方は 京都トヨタさんが 最近フルレストアされたデモカーだそうでして 白は なんと左ハンドルの逆輸入車で御座いました。

クリックすると元のサイズで表示します
メルセデスベンツ280SL と DINO246GTはどちらも 1970年で御座います。

クリックすると元のサイズで表示します
そして 箱スカは1972年 メキシコブルーの911は1974年

クリックすると元のサイズで表示します
トライアンフのTR-4 は1964年
エントラントリスト

クリックすると元のサイズで表示します
我が SLKは2001年 そして そのすぐ後ろには フェラーリ458スペチアーレ しかも マッドホワイト 2015年で御座います。 これは 並べては イケない絵柄なので御座います、。(@_@)

クリックすると元のサイズで表示します
そんなこんなしていますと 真打と言いますか これはヤバいクルマ 数億円のクルマ ラ フェラーリ ラペルタ様が 高級積載車に格納されてご到着なので御座います。自然と 皆さま ザワザワ゛しだすので御座います。

クリックすると元のサイズで表示します
そんなこんなで 走行前のブリーフィングで御座います。私の様な超初心者には このコマ地図も なにか 宝探しの様な感じて ワクワクなので御座います。出来る限り ナビやダブレットのグーグルマップのお助けは借りたく無いと この時点では思っているので御座います。

クリックすると元のサイズで表示します
そして 8か所設られています SSの指令が発表になつたので御座います。これは計算を間違えますと 当然減点なので入賞は無いでしょう。ここは現役工業高校生の息子の出番だろ ! と思いきや オレ 数学苦手だで オトーが計算しろ〜 との事で 自分で計算します。しかし どうやら一桁 間違えていたらしいのですが お隣に止めていらっしゃった アルファ156の常連オーナー様が やさしく教えてくれたので御座います〜 (^-^; もし 教えてもらってなければ トロフィーと商品 無しですわ〜 (^-^;

クリックすると元のサイズで表示します
いよいよスタートで御座います。走行は まぁまったりで大丈夫で御座います。ユーチューブのラリーやヒルクライムをご想像されてはいけないので御座います。普通に道を間違えずに 走るだけなので御座います。(^-^;

クリックすると元のサイズで表示します
そしてチェックポイント こちら敦賀市役所では 色んなご当地キャラのお出迎えで御座いますよ〜(^^♪

クリックすると元のサイズで表示します
なんと敦賀市長さんまで お出迎えで御座いますよ〜 チェックのスタンプを市長さん自ら 押してくださるので御座います〜 ありがとうございます〜(^^)

クリックすると元のサイズで表示します
とっても若くて可愛い 敦賀の観光キャンペーンガールさんより息子you太 記念品を受け取っているので御座いますが まったく緊張していて 笑っていないので御座います〜 まだまだだな〜 おっさんになりますと こう言った場面では それはニッコニッコで「サンキュー !」 とかあるでしょ〜みたいな、。(^-^;

クリックすると元のサイズで表示します
おじさん お天気も最高でして オープンエアモーターリング 満喫しているので御座います。
(*^^)v

クリックすると元のサイズで表示します
こんな広々とした牧歌的なエリアにも立ち寄り

クリックすると元のサイズで表示します
そして有名なメタセコイヤの並木道 を潜り抜けます。ここは初めて来ましたけど 素晴らしいです ! コンバーチブルに乗って来て 本当に良かったわ〜 と感じる瞬間で御座います。

クリックすると元のサイズで表示します
本当ならば ちょつとクルマを止めて じっくり写真撮影をしたい所で御座いますが、一応 競技中で御座いますので 今回は 通過するのみで御座います〜 (゜゜)

クリックすると元のサイズで表示します
そして今回のゴール地点の一つ 敦賀港のきらめきみなと館にやってまいりました。こちらでは 海上保安庁や海上自衛隊の艦艇が展示されていまして 私服部としましては けっこう萌えたので御座います。

クリックすると元のサイズで表示します
以前にも この地を訪れました時には 赤レンガ倉庫や 貨物の駅を見学した事がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
親子フェステイバルの様子

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
そして私服部が感心致しました 今回の 親子フェステイバルとのコラボイベントであるが所以の 素晴らしい企画 キッズランで御座います。当日遊びに来ていた子供さん達の希望者さんを 参加者の皆さんが 助手席に乗せてあげて 場内をグルリと一回りして頂けるので御座います。(^^) これは昔 自分達が子供だった頃にも こんなシステムがあったかと思うのですが 私服部は ちょっと変わっていまして スーパーカーでは無く 黒塗り高級車 に萌えている子供で御座いましたので 当時スーパーカーに乗せて頂いた事は無かったので御座います。(^-^;

クリックすると元のサイズで表示します
しかし子供達は クルマの値段が高いとか安いとか 希少車か旧いクルマかとかでは無く 純粋に カッコイイかカワイイかとかで どのおじさんのクルマに乗りたいかを決めてくれるみたいで 914ポルシェのクレヨン社長さんも ラフェラリ様に負けてなかったとの事で 喜んで いらっしゃったので御座います。(*^^)v

クリックすると元のサイズで表示します
そんな訳で 敦賀の親子フエステイバル会場を後にしまして 一路 高速を走りまして 次なる最終ゴール地点 米原の 童夢 さんを目指すので御座います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
最新のレクサス LC500 とLC500hが一緒に移動中で御座います。このクルマのスペックその他むについては よく解らないので御座いますが、その他の参加者様の スーパーカーと並んでも それほど見劣りはしない位のオーラが出ている事は間違いないと思います。流石 世界のレクサスと言えると思うので御座います。

クリックすると元のサイズで表示します
そして 童夢さんの建物内では これまたお宝の様な 歴史的マシン等を拝見致しまして 普段なら機密的に入場不可のエリアにも入らせて頂きました。そして その建物内で 抽選会や表彰式もありまして 皆さん いっぱいのお土産を頂きまして 楽しく過ごしたので御座いました。(^^)


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
今回のイベントの掲げている テーマであり合言葉 それは「自動車は文化だ!」なので御座いますが、私服部 参加させて頂き それをあらためて実感する事が出来た気がするので御座います。

文化と申してしまいますと 文化とはなんぞやを知る必要があるかとおもうので御座いますが 私服部なりに感じますのは まずは 自分がこのご褒美を手に入れる為になら 頑張れるな と思える事であったり または 心底 癒されるな〜と思える場所や環境であったり アイテムであったり では無いかなと思うので御座います。そしてそれを積み重ねたり継承されていく事 これは文化的な価値のある物と言えるのでは無いかと思うので御座います。

クリックすると元のサイズで表示します
クルマは私服部にとっても 皆さまオーナー様にとりましても そんな風に身近で 相棒の様な ともに成長して行けるような そして喜びを分かち合える様な そんな存在であり続けていたいなと感じました。それを免許取ったムスメの為のあし車の建前(?)で購入した(*^^)v このかなり安かったメルセデスSLK が 私服部に再認識させてくれたので御座います。

クリックすると元のサイズで表示します
そんな事より ランボルギーニ ウラカンAVIO の助手席に乗せてもらって この好奇心いっぱいの表情を魅せてくれている少年 必ずや 夢の語れる大人に成長してくれる そんな気がするので御座います。

9




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ