2015/5/11 | 投稿者: 世音パパ

部屋中の壁にいたずら書きをしました。

私の子供の頃からの夢でした。


0

2015/4/28 | 投稿者: 世音パパ

先日、子供達と一緒に等々力渓谷に行って来ました。

独身の頃から何度か来たことがありますが、子供が大きくなってからは久しぶりです。

ここは、夏でもひんやり涼しいので、子供達の遊び場には最高ですね。


0

2015/4/28 | 投稿者: 世音パパ

若い時のゴルフ練習は、本当に上手くなりたくて練習していましたが、今は、健康の為に行ってます。

あと3年で還暦です・・・・・・

でも、まだまだ、若い人には負けません。



0

2015/4/20 | 投稿者: 世音パパ

先日、子供達と一緒にお台場で潮干狩りをしてきました。

以前、お台場に行った時に見たことがありましたが、子供の頃からやっていないのでどうなることかと思いましたが、やってみると意外に楽しかったです。

子供達も大はしゃぎでなによりでした。

機会があったら、是非、行ってみて下さい。


0

2015/4/14 | 投稿者: 世音パパ

若かりし頃の懐かしい思い出です。

色々なことがありましたが、振り返ってみると楽しい日々の連続でした。

皆に感謝しています。


0

2015/4/5 | 投稿者: 世音パパ

早く起きてしまう日は、早朝練習に行ってます。

ゴルフは、勿論、大好きですが、今は気分転換と体力作りの為に行ってます。

気候の変動があるとはいえ、4月4日の早朝なのに、半袖でも暖かい日でした。

それにしても、早朝のゴルフ練習は気持ちが良いですね。



0

2015/3/31 | 投稿者: 世音パパ

2015年 春

子供達と楽しい一日を過ごしました。

子供時代の純粋な気持ちって、大人になるとなんで忘れてしまうのだろう・・・・・

楽しかった日々を忘れないでね〜






0

2015/3/12 | 投稿者: 世音パパ

私のお友達のちづるちゃんが、葛飾区金町にタイ古式マッサージのサロンを開店しました。

とっても優しくて癒される方です。

講師をやっていたので当たり前ではありますが、施術も素晴らしいです。

是非、一度、体験してみて下さい。

タイ古式マッサージサロン 「ユラリナ」 http://www.yurarina-s.com/

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

1

2014/4/4 | 投稿者: 世音パパ

横浜市立吉田中学校 1973年卒業

「明日に架ける橋」が流れる放課後

そして、夕日と共に帰宅した日々

今になって、また違った思いが込み上げてきました。

「可愛かったあの子、カッコ良かった彼、大人になっても忘れちゃダメよ〜」と皆で叫んだあの日・・・・

もうすぐ還暦ですが、「本当に辛いと思うことも、振り返ってみると、長い人生の中のたった1ページ」そして、楽しかったこともアッという間のことでした。

みんなありがとう。


2

2014/3/31 | 投稿者: 世音パパ

早いもので、もうすぐ、三年生になる世音。

あっという間に時間が経過したように感じます。

それだけ充実していたのかな。


今、思うこと。

このまま大きくならずに、今のままでいてほしい。

無理なことは分かっているけど・・・・


世音と歩んできた時間を振り返ってみました。



あと何年もしたら、一緒に遊べなくなるのかな・・・・・

暖かな日差しの中で、何故か寂しい気持ちになってしまいました。

1
タグ: 息子 歩み 時間

2014/3/25 | 投稿者: 世音パパ

春がすぐそこまで来ましたね〜

やっと来たか、待ち遠しかったぞ〜


さて、桜はというと、東京では未だのようですが、伊豆市辺りでは、もう開花したようです。

そして、伊豆の桜といえば、伊豆高原の桜ですね。

そしてそして、伊豆高原といえば、「伊豆汐」さんでしょう。


伊豆のお寿司では、左に出る者はいても、右に出る者はいないようです。

ガハハハ・・・・・


なにせ、大将の人柄が良いです。

そうそう、もとジャイアンツ&ヤンキースの松井秀喜さんも来られたようです。


(動画を作成してYouTubeに投稿してみました)

伊豆に行かれることがありましたら、是非、立ち寄ってみて下さい。


g
0

2014/3/22 | 投稿者: 世音パパ

鎌倉か・・・・

鎌倉には沢山の思い出がありますね。

昭和40年、まだ、小学生の低学年だった頃、延々と続く長い道のりを、叔父さんと一緒にバスで行った鎌倉の海。
砂浜に大勢の人だかりができていて、プロレスラーの豊登を見たこと。

中学二年生の夏、地元である伊勢佐木町から、友達6人と一緒に深夜に自転車で出かけ、朝比奈峠で「犬ババア」の家の前を通り、鎌倉の海に向かっている時にポリに補導されたこと。
そして、目の前が海である交番の前で寝ながら夜が明けるのを待たされたこと。

十代、二十代、バイクに車・・・・

そして、30歳のクリスマスイブ、夕日を見ながら、まだ、18歳だった家内に告白した砂浜。

色々な思い出があります。

だから、「鎌倉」って聞くだけで、何故か懐かしい気持ちにさせられます。


今でも、海を横目にドライブをしていますと、当時の思い出と、そして、あの場面が蘇ってきます。


あの場面とは・・・・・・


そうです。

「最後から二番目の恋」です。

クリックすると元のサイズで表示します

とても素敵なドラマでした。


五十代の私にとっては、なんとも言い表しようのない心情にさせてくれるドラマでした。

そのドラマが、ついについについに、「続・最後から二番目の恋」として、帰ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

「ワクワク」っていうのか、子供心に帰ったというか、久しぶりに、こんなに待ち度しい気持ちにさせて頂き、感謝しています。

早く、4月にならないかな〜
0

2014/1/31 | 投稿者: 世音パパ

禁煙して 1年が経過しました

しかし よく止められたなと 我ながら感心します


タバコは 16歳から吸い続けてきました

ということは 40年近くも吸っていたんだな・・・・・


そうそう 初めてタバコを吸ったのは 小学校5年生の時でした


吸った経緯は バイト先の中学生の先輩から 

ガキ扱いをされたことに対抗して吸ってみました

まあ 小学生でしたので ガキはガキでしたが・・・・


バイトは 夕刊配達です


けして 家が貧しいとかではありませんが 

当時 昭和42年頃は 小学生でも働いている子供達が結構いて

私も その一人でした


肩がけ紐 そして 親指と一刺し指の先を切った軍手

その先輩のかっこが とてもかっこよく見えていたのです


そして 初めてタバコを吸ったその帰り道

横浜の野毛という商店街を フラフラして 真っ直ぐ歩けず

大変な思いで帰ったことを思い出します


そういえば 先日 横浜の野毛が NHKの「こころ旅」で映っていました

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2013autumn/20131217/index.html

野毛の近くにある「都橋からの街の風景」で紹介されていましたが

当時の面影は なくなっていました

ただ 橋の上から見る都橋商店街だけは そのままでしたね


あ〜 懐かしいな〜


世音

今度 パパの小さな思い出がいっぱい詰まった場所に連れていってあげるね

でも その前に 世音も禁煙しましょうね〜


 
0

2014/1/18 | 投稿者: 世音パパ

昨日は 世音の8回目の誕生日でした

パパもママもババも みんな楽しみにしていたんだぞ


でも 学校から帰って 直ぐにCOSMOに行ってしまいました

COSMOとは 幼稚園児や小学生等 小さな子供達を対象としたスポーツクラブです


世音は幼稚園から通ってますが 1月生まれの世音にとっては 同級生と比較して

かなり幼稚に見えてしまいます


パパも3月生まれだったので やはり 小学校の低学年の頃は 4月生まれの子と

比較されると幼稚だったように感じます


だから 世音の気持ちがよく分かります

周りを見れば みんな大きく見えてしまい 萎縮しちゃうもんな


でも 世音に教えたのは 

小さくても 何事も頑張って練習すれば 必ず上手になるということ


逆立ちを教えたこと 側転を教えたこと

上手になって COSMOの先生に 世音君のを見習うようにと言われた


それを聞いた時 本当に嬉しかったな〜


それにしても 誕生日でも 頑張る世音は偉いぞ〜


そうそう 一昨年の夏 

今まで 顔を水に浸けることができなかった世音に 初めて泳ぎを教えました


それも 二泊三日の強行軍の中でのことです


初めは いつもの如く ママに甘えるだけでしたが 



練習しようと 甘い騙しで その気にさせました



でも 要領をつかめた世音は もう 水が恐い世音ではなくなりました



頑張ったでしょ

パパのいうとおり 何事も 練習 練習だろ


世音

パパがジジに泳ぎを教えて貰った時は 海の中に放り込まれただけなんだぞ・・・・

パパは優しいだろ

だから 誕生日のプレゼントは また何かを教えてあげるということで 勘弁してね〜


1

2014/1/16 | 投稿者: 世音パパ

先日、宮古島のちはるさんが連絡をくれました。

連絡をくれた時は、「まさに」って時でした。


今、私は体調を崩しているのですが、ここ数週間の中で、どうしようもないほど

苦しかった時があり、そのまさにって時に電話をくれたのです。


ちはるさんは、タイやインドに行って、マッサージやヨガを勉強されているセラピストです。

その行動力たるものは、もの凄い方で、女性にしておくのはもったいないくらいです。


(ちはるさんです)

そして、ちはるさんからは、「タイに行く途中ですが、一緒にいきませんか」と

私が「体調を崩しているから・・・・・」

「タイに行って、少しのんびりすれば、もっと良くなりますよ」


人間というのは、もの凄いもので、無になり、人に施す、人を癒すことを志していると

人が苦しい時に何かを感じるのかもしれません。


ありがとう。ちはるさん。


私も、早く元気になって、人を癒せるようになりたいです。

そし、またお会いしましょう。



0




AutoPage最新お知らせ