2010/6/12

夏の恋  

初夏。
例年より、多少気温は低めだけれど、2010年の夏が近づいてくる。
恋は夏から始まる。なんて誰が言ったかしら?春から始まるという人もいる。
さて、恋は夏から始めるもの?春から始めるもの?

私たちがまだ少女だった時代、そう、恋は夏が燃え上がっていた。
暑さが開放的な気分にさせるからだろうか。
恋人とのデートを、冬よりかは日が昇っている時間が長いから、なんとなく夜遅くまで楽しんでもいいように
思えるからだろうか。
夏休みがあるからだろうか?

中学生にとっては、まさに恋始めの時期。
しかし恋始めといっても、中学生にはまだ興味の範囲内。
実際にデートはしても、ベッドインまで進むというのは、正直そんなにはない。
よほど進んだ子じゃない限り、そんなところまで中学生の時に進んだと聞いたことはない。
まだデートといっても、手をつないだり、ゲームセンターに行ったりするぐらい。

と、思っていたのは私たち30代が中学生だった時代まで。
世の中は進み、中学生たちは、親が共働きしている家庭が増え、昼間は家に誰もいない。
そんな家庭が増えました。
その隙を狙っているのが、男の子たち。
性に興味を持ち始めた男の子たちは、ガールフレンドを誰もいない家の中に誘い込み、
家の中でいちゃついて遊んだりしてしまっているのです。

女の子たちはドラマや漫画から知識を得ていても、それは全てロマンスが重なっているもの。
相手と二人きりのシチュエーションにロマンチックな想像を抱き、理想と現実がわからなくなり、
あわやバージンを奪われてしまう。

そう、世の中学生の女子たち、大事な大事なバージンを、興味本位で失うことなかれ。
女の子と言うのは、少しお堅いぐらいが、男性の興味をひくものですぞ。

と、お父さんから言ってほしいものですが、ちょうど思春期の女の子は、お父さんの事が嫌いで仕方ない時期。そっとお母さんに耳打ちして、しっかり性教育をするようにお願いして下さいな。



0

2010/4/20

子宮の大切さ  

4月9日は子宮の日と認定されたの、知ってる?

子宮の大切さを改めて認識しようっていうもの

お父さんたちって、男だから子宮がどういった役目を果たすのか知らないよね?

子宮って、みんなが生まれてきた場所。

当たり前だけど、改めて聞くと、思い出すよね。

お母さんのお腹の中で、10ヶ月間もの間成長を続け、
この世に出てくる準備が整ったら、生まれる。

赤ちゃんを育てる大事な場所、子宮。

女の子を持つ父親としては複雑だと思うけど、あなたの子どもがいつか結婚して子どもを産む。
そして、あなたの孫になる。

大事な大事な場所。
だけど日本人は、その大事な場所を、なかなか検診したりしないんだよね。
カナダやドイツ、イギリスとかでは、自分の子どものために、子宮の検診を高校生のうちから行うの。
子宮の病気は、子宮筋腫、子宮内膜症、婦人科の病気で卵巣膿腫、子宮癌とたくさんあるから、
早いうちから検査するのは、ある意味当然よね。
だけど、日本人って、どうしても内向的というか・・・。

性の若年化が進むにあたって、これらの病気を20代〜30代で患う人が非常に増えているんですって。

お父さん、あなたのお子さん、大丈夫?

0

2010/3/30

デートって何歳から?  

デートって何歳から行くの?

そんな問いかけを突然された姪っ子は、戸惑うことなく「もう行ってるよ〜」と言った。

姪っ子は中学校1年生。年の頃は12歳。早くないか?と内心思いながらも、

「どこに?」と聞くと、「え〜、イオンとか、動物園とかかな〜」と姪っ子の答えに、ちょっと胸をなで下ろす私がいた。

埼玉にはやたらと大型ショッピングモールが多い。ファッション、食事、映画、ゲームセンター、それ一つで何でもそろう、複合型ショッピングセンターのイオン。
休みとなると、そこで大抵の子どもたちは遊ぶ。女同士、男同士はあまりないみたいだけど、デートをする場所としては格好のポイント。

まあ、いわゆる『健全な遊び場』と言える。

しかし、私たち30代が小学生の時には「デート」なんて言葉すらなかった。
それなのに、小学生か中学生か分からない娘が「デートする」という言葉を簡単に使う。
これは、テレビを始めとする漫画や小説、ゲームなど、メディア全般の影響に他ならない。

今時の娘たちは、10歳で高校生、12歳で大学生並の精神年齢をしている。
もちろん、人によるけど、大抵は情報が飛び交っている。
そう、女の子達の電波は大人の想像に難い。

ああ、汚れ無き乙女が電車の中吊り広告によって汚されていくのを見たくないと思うのは、
叔母だからというだけではないのではなかろうか?
年頃の娘を持つお父さん方、この事実をしっかりと胸に刻んでおくれ。
電車の中吊り広告で鼻の下を伸ばしているお父さん、それを娘はしっかり見ているのですよ。
ああ嘆かわしい。

それにしても、某テレビ局の「きらめきーの」とかいうのは、小学生の「ねるとん」番組だけど、
お父さんたちは見たことないだろう。
あれを見たら、きっとテレビ局に怒りのメールを殺到させるに違いない。
と、私は思う。

0

2010/3/26

性教育始め  

性教育というのを嫌がる?のは、世のお父さんの常。
特に娘への性教育となると、母親に任せっぱなし。
もしくは、「うちの子に限って・・・」と思っているお父さんが
大半なのではないでしょうか??

親が思っているより、子どもの発育は早い。
それに、この世の中、情報が飛び交っているんです。
娘も息子も、早熟なんです。

子どもの興味は留まるところを知りません。

それを無理に止めることはまず不可能。

ならばどうしたらいいのか?

今まで目を背けてきた性教育を、
パパとママがしっかり教えてあげるべきなのです。

興味から来る性への飛行は、とんでもない悲劇を招くかもしれないし、

それに、最近分かったHPVという性交渉やキスで感染するウィルスで
十代にして「癌」になってしまうかもしれない。
HPVは、子宮頸がん、喉頭がん などの要因なんです。
オーストラリアでは、小学校5年生から公費で子どもにHPV抗体ワクチンを打っています。
そんなことも知らない日本人のお父さん。

いまだ世界から遅れている日本の性教育を
正しい知識を子どもに与え、自分の身を自分で守ってもらって下さい!!
0

2010/3/26

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ