2011/10/14 | 投稿者: ryou

政府・与党は、10月7日の閣議決定の際、この臨時増税案で11.2兆円の増税規模としており、これをまかなうために、所得税については2013年1月から10年間、4%の定率増税を、たばこ税については2012年10月から10年間(地方税は5年間)1本当たり2円の引き上げなどの方策を掲げていた。

ところが、たばこ税増税について、自民党と公明党が難色を示しているため、政府・与党は臨時増税関連法案を成立させるためにはたばこ税の増税を除外した方がよいと判断した。

自民党がたばこ税の増税に反対している理由としては、葉たばこ農家を支持基盤としていることが挙げられる。このたばこ税増税のみならず、このような政治家自身の都合のみで政策決定されるのがいつまで続くのか不安であり、このような現実に怒りがこみ上げてくる。


http://news.livedoor.com/article/detail/5935569/
※この記事の著作権は配信元に帰属します





PRサイト)
おきらく忍伝ハンゾーの携帯コミック
焼きたて!!ジャぱんの主題歌
FLESH & BLOOD〜二つの想い〜の着うた
0

2011/7/12 | 投稿者: ryou

 社会保障と税の一体改革について、政府は7月11日、「社会保障改革に関する集中検討会議」(議長=菅直人首相)を開き、民間幹事委員との意見交換を行った。この中で細川律夫厚生労働相は、医療・介護分野の改革に関し、基盤整備のための法案提出を2012年をめどとするなどのスケジュールを示した。

 この日は、先に決定した一体改革の「政府・与党案」を民間幹事委員に報告。このうち、社会保障改革の進め方について、細川氏が説明した。
 医療・介護分野に関しては、社会保障審議会(社保審)や中央社会保険医療協議会(中医協)などを検討の場として、診療報酬・介護報酬の改定に反映させるとともに、病院・病床機能の再編やマンパワーの増強、外来受診の適正化など、改革に関する基盤整備のための一括的な法整備を目指し、12年をめどに法案を提出する考えだ。

 さらに、高額療養費制度の見直しと受診時定額負担の導入、総合合算制度の新設、低所得の第1号被保険者(65歳以上)の介護保険料の負担軽減といった医療保険・介護保険の見直しについては、税制抜本改革と共に12年以降の法案提出を目指すとした。


http://news.livedoor.com/article/detail/5700341/
※この記事の著作権は配信元に帰属します

これって首相変わった後も継続されることなのかな?
0

2011/6/27 | 投稿者: ryou

わが日本の首相はなぜ他のところで
こんだけ粘らないんでしょうね。


 菅直人首相は27日にも、東日本大震災の復興担当相に松本龍環境相兼防災担当相を任命するなどの人事を決める。防災相は松本氏が引き続き兼ねるものの、環境相は他の閣僚に兼務させる方向で調整を急いでおり、蓮舫行政刷新担当相らの名前が挙がっている。内閣改造や閣僚の入れ替えは行わない見通し。一方、民主党の岡田克也幹事長と枝野幸男官房長官らは26日夜、都内で会談し、8月末までの今国会中の首相退陣が望ましいとの認識で一致した。
 閣僚人事決定を受け、政府は首相が本部長を務める復興対策本部の初会合を27日にも開催。その後、首相は首相官邸で記者会見し、復興に向けた今後の取り組み方針や、延長国会に臨む決意を示す。首相は続投に強い意欲を表明しており、焦点の退陣時期は明示しないとみられる。
 岡田氏と枝野長官の26日夜の会談には、民主党の仙谷由人代表代行、玄葉光一郎政調会長、安住淳国対委員長、輿石東参院議員会長が出席。会談後、出席者の一人は「会期中に党代表選ができるようにしなければいけない」と述べた。 



http://news.livedoor.com/article/detail/5663703/
※この記事の著作権は配信元に帰属します
0




AutoPage最新お知らせ