『サヤ取り・ペアトレード投資術』株でいつも儲ける  株投資 サヤ取り 利益確定 口コミ 感想 レビュー






『サヤ取り・ペアトレード投資術』の詳細はこちらをクリック


「サヤ取りペアトレード投資術」を実践しているYさんの声・・・
----------------------------------------------------------------------
最初は「サヤ取り」と聞いてもピンときませんでした。

同じ投資をするのなら、狙いを絞って集中的に「買い」「売り」を行ったほうが、
より儲かるんじゃないかと思っていたのです。

でも、パソコンの前にかじりついてチャートとにらめっこ。
神経をすり減らし、上がった下がったと一喜一憂しながら売買を繰り返し……。
臆病なので、ちょっと利が乗ったと思ったらすぐに利益確定をしてしまい、損が出たら
逆に「この値段で買ったのだから、ここまでは戻るだろう」と予想をしてしまって、
気がついたら大きな損をかかえていました。

そこで、山本さんの手法を取り入れてみたのです。すると、わずか数日で利益確定。
それが何度も続くのです。

もちろん、利が乗っているときはとことん利益を追求するというのは変わりありません。
しかし、損が出る前にほとんど利益確定ができてしまうのです。

いままでの「サヤ取り」というと、正直言って地味なイメージしかにありませんでした。
リスクが無い変わりに利益もほとんど無いだろうと思っていたのです。
しかし、山本さんの手法は、シンプルで機械的なので、利益をどんどん積み重ねられるのです!

正直言って、「サヤ取り」がこんなにも利益が出るものだとは思いませんでした。
これからは、もっと積極的に自分の投資のなかに「サヤ取り」を組み込んでいこうと思います。

----------------------------------------------------------------------------

一回に1000万円を獲りに行かなくてもいい。300万円を3回、4回に分けて獲ればいい!


サヤ取りとは、異なる2つの銘柄を、同時に「買い」と「売り」の注文を出すことによって、
その銘柄の間の価格差を利用して、差額で利益を積み重ねる手法を言います。
2つの銘柄があれば、どちらか一方を「買い」、もう一方を「空売り」するという手法です。

両方とも「買い」と「売り」を行うのではなく、2つの銘柄のうちどちらか一方を「買い」、
どちらか一方を「売り」とするのです。

そうすることで、たとえば全体の相場が下がったときでも、「買い」で持っている銘柄で
損失を出していても、「空売り」で持っている銘柄がそれ以上に下がれば、「買い」の
下落リスクを最小限にしながら、「空売り」の利益を手にすることができるのです。

ここで重要なのは、あくまでも2銘柄間の差益が重要なのであって、全体の相場が
下がろうが上がろうが、2銘柄の間の差益にのみ気を配っていれば、利益をあげることができます。


「サヤ取り」を行なうことで、ギャンブル的な投資から抜け出せることができます。
なぜなら、「サヤ取り」は株の上げ下げを予測して行なう株式投資とはまったく違うものだからです。

株価が上がれば利益になる場合もありますし、逆に株価が下がっても利益になることもあります。
サヤ取りで注目するのは、サヤの開閉だけ。サヤが拡大、縮小していく過程でサヤ取りを仕掛け、
その反対にサヤが動いたら自動的に手仕舞う。サヤの拡大、縮小といった変化がそのまま利益になります。


その意味で、サヤ取りは極めて理論的で機械的な売買といえるでしょう。


「サヤ取り」というと、正直言って地味なイメージしかにありませんでした。リスクが無い変わりに利益もほとんど無いだろうと思っていたのです。ところが、シンプルで機械的なので、利益をどんどん積み重ねられるのです!元証券ディーラーの山本伸一さんの〜株価が上がっても下がっても利益が出る!証券ディーラーの『サヤ取り・ペアトレード投資術』〜の仕組み、内容、体験を公開しています。


このマニュアル詳細、申込はこちらをクリックしてください。



岡野隆司 初心者安心 自動売買システム「FX41」

不動産投資 地方プレミアム投資術 高利回りの理由 伊藤ほうせい

FX自動売買 コーチング 青波勇人 取引結果
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ