中学受験のバイブル「サクラサク中学受験勉強法」の体験談・効果  サクラサク中学受験勉強法


サクラサク中学受験勉強法

クリックすると元のサイズで表示します

大手塾の算数の授業についていけず自信をなくしていた子を
わずか2回の指導で自信を持たせ、自分から家庭学習をするようにさせたり・・・

どの先生が教えてもまったく成績が上がらなかった生徒を担当 し、     
「○○君があんなに数学が出来るようになるなんて、びっくりしました〜!」     
と以前の講師陣を驚かせたり・・・

そんなことが出来る先生がいるのでしょうか?

そんな信じられないような先生はちゃんといます。

まずはこの先生の指導を受けた親子の ">体験談をご紹介します。

いかがですか?
羨ましいほどの効果があったことがおわかり頂けたことと思います。


塾で成績が伸びない子の特徴
そのひとつ目は「やり直し」にあります。

”でも、その「やり直し」を子どもはイヤがります・・・”

そうです。
多くの子どもはやり直しが嫌いです。
なぜでしょうか?

・・・その理由は、やり直しがつまらないから

子どもは、同じ問題を2回やる意味が分からないのです。
そして、できなかった問題なんて2度と見たくないと思うのです。


ですが、このつまらない見直しを少しでも楽しんでもらうために
「お宝ノート」なる、まさしく「お宝」があります。

二つ目は「基礎学力の不足」です。

・宿題に相当な時間がかかってしまう子
・成績がある日を境に落ち続けている子
・組み分けテストでいつまでたってもクラスが上がらない子

このような子はこの理由が考えられます。

これは放っておけば、どんどん勉強が分からなくなり、塾がイヤになり、
勉強嫌いになり、そして何より大切な「自信」を失ってしまいます。


このようなお子さんに必要なこと、
それは一度分からないところまで戻って土台を固めていくことです。

大学受験が、中学校の勉強からの積み上げであるように、
中学受験もまた、小学校の基礎から積み上げていくのがセオリーなのです。

また、そのときに「正しい勉強のやり方」も同時に身につけておけば、
その後の成績の伸びも変わってきます。

遠まわりに思えますが、実はこれが一番の近道なのです。

ここで実際にお宝ノート土台固め
実践した方の声を紹介します。


トップ校の入学実績を競い合う塾のやり方(「過剰な」競争主義)に
最後までついていけるのは「負けん気のかなり強い子」です。

精神がタフでない子、気持ちの優しい子、おっとりとした子は
そうした競争が肌に合わず、自信をなくし、転塾をくり返し、
補習塾で何とか学力を維持するなど涙ぐましい努力をつづけている親子さんも
多いことでしょう。

また3年間で200万円もの大金を塾に払えないという方もいらっしゃるでしょう。

このように中学受験をしたくても、
・進学塾が肌に合わない子
・塾に通いたくないと思っている子
・事情があって塾には通うことができない子

こうした子どもたちに、中学受験をあきらめてほしくないこれがこの「サクラサク中学受験勉強法」が作られるきっかけとなった思いです。

ですから、どんな子供も成績が上がり志望校、またはランク上の学校に合格できるようになるのです。

やる気のスイッチ@ 子どもが夢中になる問題集
やる気のスイッチA 合格マップでやる気に火がつく
やる気のスイッチB 週間計画表でやる気を持続させる


これらがさらにステップアップを後押しします。

中学受験をするならこの勉強法を取り入れない手はありません。
塾に通うことなく
塾と並行して、この勉強法を実践して
中学受験に挑んでください。


そして見事なサクラを咲かせてください


サクラサク中学受験勉強法
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ