石を見て思うこと・・・。  

明治の俳人、尾崎放哉は、
その作品にもあるように、
石に対する思いが秀逸です。

「草や木の黙っている静けさを申す人がありますが、
 私には同意出来ないのであります。何となれば、
 草や木は、物を喋りますもの、風が吹いて来れば、
 雨が降って来れば、彼らはすぐに非常な饒舌家と
 なるではありませんか。ところが、石に至っては
 どうでしょう。雨が降ろうが、風が吹こうが、ただこれ、
 黙また黙、それでいて石は生きているのであります。」


そう考えると、
そこら辺に転がる礫の一つひとつが
何とも愛おしいものであります。




意志の弱い筆者が、
石の世界に心魅かれる
週末であります・・・。









それぞれの「世界」に
歌があります。


皆さんの好きな唄を、
さくらんぼでどうぞ。



ありがとうございます。




0

かじかむ心を温めて・・・  

クリックすると元のサイズで表示します
O様から届いた本日の一コマ・・・。



かじかむ手に息を吹く込むことは、
今は昔の話でしょうか。


使い捨てカイロと
防寒着の発達、また
空調の進化で、
随分と冬は楽になりました。




今も変わらず「かじかむ」のは、
期せずして寒風に晒される「心」でしょうか。



心を温かく保つことは、
実に難しいものです。


ですから、
寒さを知る「大人」が、
その経験と知恵を若い人たちに
伝えていかなくてはならないと思うのです。




受験、就職、転職・・・、
それぞれの悩みが、
この冬に揺れているのであります。






頑張れ〜!
そして、
そんなに頑張らなくてもいいぞ〜!












さあ、心に優しい歌を、
唄うことで、癒し、癒され、
元気になれる!



週末は皆さんで
さくらんぼへどうぞ。



お待ちしております。
ありがとうございます。








0

今日は、のど自慢の日。  

今日は、「のど自慢の日」とのこと。

大食い自慢、腕自慢など、
数ある「自慢」の中でも、
のど自慢は盛り上がる代表格。


唄は、楽しいのであります。



さて、筆者は
自慢できるものは何かあるかな?


妄想も自慢できる
ほどではないし・・・。


自慢できるものが何もない、
ということが自慢です!










好きな歌を唄えば、
気持ちはいつも
前向きになれます。
それは、自慢しても
良いのであります(笑)!



さくらんぼで、
楽しいひとときをどうぞ。



お待ちしております。
ありがとうございます。





0

腰をすえて唄うべし・・・。  

腰の痛みが気になり出して、
何年になるでしょうか、
そんな筆者の目からウロコの話を・・・。


実は、先日ある整体の先生と
話をしておりましたら、
腰が委託はありませんかと、
いきなり言い当てられたもので
驚くやら、恥ずかしいやら。

それで、腰を少し触るやいなや、
はいはい、とすぐに腰から手を離し、
太ももの裏、そしてお尻のツボを
軽く押してくれたんですね。

そうすると、あれあれ不思議、
曲げると痛みが走っていた
筆者の腰が、痛くない・・・。



きくと、足の筋肉が硬くなって、
それが原因で腰に
負荷をかけて現れる典型例とのこと。



そこで、得心したのですが、
物事の原因と結果は、近くて遠い、
遠くて近いものだと・・・。


いくつになっても「発見と驚き」は
いいものであります。


しかし、
人生の痛みと歪みに効く
ツボはないでしょうかね(笑)・・・。









また、唄うことの
健康効果も大きいとのこと、

冬こそマイクを持って
元気にいきましょう!



ありがとうございます。







0

狭くもあり、広くもある・・・。  

広くて狭い、
狭くて広い・・・。



こんな
感覚ありませんか。



大きなビルや会館など、
何百人が行き来するスペースは、
当たり前ですが、「広い」わけです。
ところが、感覚として、
ここは狭いなと思うことがあります。


大きな自動ドアがいくつもあるのに、
出入りに不便を憶えたり、例えば、
人と待ち合わせをしている時など、
自分一人がー立っている空間がない気がする・・・。



逆に、
4畳半のスペースに、驚くほど広さを
感じる場合があります。
新聞を全面に広げて、あるいは、
大きなジグソーパズルを、
冬は鍋を囲んで・・・・。



人と人の関わりが
距離感、広さ狭さを
大きくわけるのでしょうね。




了見の狭い筆者が
心の広い長野オーナーに
あらためて感謝する、
火曜日であります・・・。











唄の向うに広がる世界へ、
冬の小旅行は、
カラオケ・スペースさくらんぼで
どうぞ・・・。





皆さんのお越しを
お待ちしております。



ありがとうございます。











0




AutoPage最新お知らせ