改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ

隅角線維柱帯切開術

  | 投稿者: 緑内障改善エクササイズ

改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ

隅角線維柱帯切開術というのがありますが、
房水のフィルターの目詰まりしている一部分を切開して、
房水の流れを良くすることで眼圧を下げる方法です。

最後に「隅角線維柱帯切除術」ですが、
目の外から穴を開けて防水を外に出して、眼圧を下げる方法です。

「隅角線維柱帯切開術」も「隅角線維柱帯切除術」も平均1週間から10日間の入院が必要になります。

そして、どちらの手術も長期的な効果があまり見込めず、
ほんの数年で眼圧が手術前に戻ってしまい、再手術が必要になる場合が多いのです。

上記のことを考えると、点眼薬や手術では眼圧を下げ続けることはできないのです。

そして、眼圧を下げることができなければ緑内障の進行を止めることは不可能で、
その先には失明という悲しい現実が待っているのです。

「点眼薬を使用しているが、眼圧は上がる一方だ…」
「手術を勧められいるが、迷っている…」
「失明してしまうのではないか…」

あなたも、この様な気持ちになったことはないでしょうか?

緑内障とは「目の成人病」とよばれ、比較的中高年に発症することの多い病気でした。
現在は40歳以上の約17人に1人が緑内障だと言われていますが、
自覚症状がほとんど無いことから、実際にはもっと多いのかもしれません。

そして、私が「比較的中高年に発症することの多い病気でした」と言ったのには訳があります。

と言うのも緑内障は、徐々に低年齢化の傾向にあり、危険性が高いからです。


その原因として考えられるのは、
日常生活における目の酷使とステロイド剤による薬害です。

家庭や職場にパソコンが普及して、1日の大半をパソコンの前で過ごすことにより、
過去の時代からは想像ができないくらい、目を酷使する日々を送っているからです。

それに、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、花粉症などの増加に伴い、
ステロイド剤を使用する人が非常に増えているのです。

アトピー性皮膚炎では、ステロイド剤の服薬や、軟膏を使用する場合が多いですし、
花粉症などではステロイド点眼薬を使用する場合もあります。

その様なステロイド剤の使用から、実際に緑内障になる事例が報告されていますので、
これからはますます緑内障の患者数は増えることが予想され、低年齢化の恐れがあるのです。

実際に最近は10代、20代の若い方が、他の眼病で眼科を受診し、たまたま検査を行ったところ、
「緑内障予備軍」と診断されるケースが多くなっています。

緑内障は放置すると視野欠損が進み、最終的には失明してしまいますが、
急性緑内障以外の緑内障は、10年から20年の長い月日を経過して失明に至ります。

今までの緑内障の傾向ですと、40代位から自分でも気が付かないうちに発症し、
自覚症状が現れるのは、5年から10年後の視野欠損がかなり進行してからになりますので、
たとえその方が失明に至るとしても、70代や80代になっている可能性が高いのです。

ですから、実際に緑内障で失明に至るのは、ご高齢の方が圧倒的に多く、
失明に至る前に天寿を全うされた方も多くいらっしゃったことでしょう。

ですがこれからは、働き盛りの若い方の失明も、珍しいことではなくなってくると考えられます。

 ▼      ▼      ▼      ▼     ▼

改善率90%以上の緑内障改善エクササイズの詳細はこちら


※私から改善率90%以上の緑内障改善エクササイズのお申込みをされた方には、素適なプレゼントをご用意!
詳しくは改善率90%以上の緑内障改善エクササイズの申込みページをご覧下さい。
0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ