改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ

点眼薬や手術では緑内障の進行≠ヘ止められない!?

  | 投稿者: 緑内障改善エクササイズ

改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ

通常、緑内障を改善するためには、点眼薬≠竍手術≠ノよる治療方法が一般的です。
しかし、この「自宅で出来る改善法」は一切お金を掛けることなく、特別な道具も使わずに、
緑内障を改善することができるのです。

そしてこの方法の素晴らしいところはまだあります。
自宅で自分で行うことができるのにもかかわらず、
まるでその効果は、手術を行ったかのように、あなたの緑内障を改善することができるのです。

「手術の効果ってどのくらいなの?」と思われるかも知れません。
ではここで、点眼薬と手術の効果について少しだけお話させて頂きます。


点眼薬や手術では緑内障の進行≠ヘ止められない!?

緑内障とは、視神経乳頭変化、及びそれに対応する緑内障障害を認める慢性の病気です。
分かりやすく言い換えると、視神経の形に異常をきたし、視野障害が起こる病気で、
ゆっくりと症状が悪化していき、放置して治る病気ではありません。

医師からは、「緑内障はほとんどの方が、点眼薬で一生コントロールできます」と言われるようですが、

残念ながら日本における失明原因の第1位が緑内障による失明です。

点眼薬で治療を行っても、眼圧のコントロールが上手くできない場合は手術になりますが、
代表的な手術はレーザーも含め3種類あります。

どの方法も線維柱帯(房水のフィルター)に働きかけ
房水(目の中で回っている水)の流れを良くして眼圧を下げるのが目的です。

まずレーザーによる「SLT線維柱帯形成術」という手術方法ですが、
レーザーで線維柱帯を掃除して、
房水の流れを良くすることで眼圧を下げる方法です。

レーザーによる手術なので、簡単で安全なように思うかも知れませんが、
この手術は医師の中でも賛否が分かれます。

と言うのも、様々な説はありますが、
現在のところ何故レーザー照射で線維柱帯の
目詰まりが改善されるのかメカニズムが解明されていないからです。

それにこの治療で眼圧が下がる確率は60%〜80%で、
数年しか治療効果を持続できず、その平均は5年と言われています。

 ▼      ▼      ▼      ▼     ▼

改善率90%以上の緑内障改善エクササイズの詳細はこちら


※私から改善率90%以上の緑内障改善エクササイズのお申込みをされた方には、素適なプレゼントをご用意!
詳しくは改善率90%以上の緑内障改善エクササイズの申込みページをご覧下さい。
0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ