2017/8/15

石田泰尚 in 宗次ホール その4(ルームサービス編)  音楽

ひつまぶし、素晴らしい音楽、宗次さんとの久しぶりの再会・・

そして私にはもう一つ楽しみなことがあったのです。

ナシゴレン

ナシゴレン
インドネシアおよびマレーシアのニンニクや唐辛子を使った焼き飯料理である。目玉焼き、クルプック(エビ味などの揚げせんべい)、鶏のから揚げ、生のトマトやきゅうりが添えられる。

名古屋東急ホテルのナシゴレンは本当に美味しいのです。

クリックすると元のサイズで表示します
ネット画像より(まさにコレです。)

いつもワイン持参で行き、部屋に入るとas soon as冷蔵庫で冷やしておきます。

    


コンサートが終わり、宗次さんとご挨拶をしてから足早にホテルに帰りました。
なぜか・・このナシゴレンは22:00までのルームサービスなのです。それ以降は別のメニューになってしまいます。
部屋へ戻るや否やルームサービスの電話をします。
そしてどうしても海老フライも食べたかった。タルタルソースたっぷりの海老フライ〜エビフライエビフライエビフライ

来るまでに2,30分。その間にお風呂に入ってコンタクトをはずして準備OK!

ピンポ〜ン

キター♪───O(≧∇≦)O───♪

冷えたワインワインを出し、カーテンを開け、夜景を見ながら夜夜
いっただきまーす!(人◕ω◕)


クリックすると元のサイズで表示します

明日から、明日からダイエットすればいい!こういう時は楽しく食べなきゃ!

デブの常套文句

美味しかった〜本当に美味しかった!

すべてが大満足の名古屋の1日でした。
翌日の新幹線は11:42発。ゆっくりゴロついて天むす弁当買って東京へ。
あっという間の名古屋コンサート&グルメ旅行でした。
また来年のどこかで石田泰尚 in 宗次ホールをやるみたいなので楽しみです。また絶対にいかなきゃ!




1

2017/8/14

石田泰尚 in 宗次ホール その3(コンサート編)  音楽

クリックすると元のサイズで表示します

石田泰尚 in 宗次ホールの開場時間は18時です。
ホテルからホールまでは1分かかりません。
ゆっくり出かけて行きました。

宗次さんは、毎回のコンサート時、必ずホール入り口でお客様をお迎えします。
必ずです。
今回もいらっしゃいました。
私の顔を見ると「あらあ〜、何年ぶりでしょう。・・若返りましたね!」
私「ダイエットしたので」
宗次さん「ホントに!あと一息ですね」
私「そうなんです」


という具合にご挨拶をしました。
いつもながら温かい方です。

席は1列目真ん中(笑)
ここぞ!の時の私の席GET執念は恐ろしいのです。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

プログラムはブラースからピアソラまで。
石田さんの魅力溢れる構成でした。
繊細で豊かな音色、時には消え入りそうな弱い音、時にはお腹に響く太い音。
ブラームスでは白い衣装、ピアソラでは黒い衣装と見た目も面白い。
やくざが演奏しているとしか思えない様ですが、演奏は超一流です。

そしてなんと、アンコール6曲\(◎o◎)/
クラシックからタンゴまで、しまも赤黒の衣装替えもあり。
6曲のアンコール自体、第三部という感じでした。

ホント素晴らしかった!楽しかった!名古屋まで来て本当に良かったです。
血が燃えましたよ!

18:45から始まったコンサートは21時近くまで続きました。

石田泰尚さん、ピアニストの中島剛さん、お疲れさまでした。
本当に楽しいコンサートでした。

コンサートが終わってから宗次さんとおしゃべりをしました。
私「宗次さんお肥りになられましたね」
宗次さん「そうなんですよ〜ぶくぶくしちゃって〜」


という感じで、和気あいあいにお話しでき、それも私にはとても嬉しかったことでした。
また来年ありそうな予感です。

クリックすると元のサイズで表示します

・・・・・つづく・・・



2

2017/8/12

石田泰尚 in 宗次ホール その2(コンサート前編)  音楽

ホテルはいつもの名古屋東急ホテル。
ここはゆったりと快適でサービスも満足、何よりも宗次ホールから1分かからないのです。

名古屋東急ホテルhttps://www.nagoya-h.tokyuhotels.co.jp/ja/index.html
クリックすると元のサイズで表示します

午後1時にホテルに着き、荷物を預けて徳川美術館に行きました。初めて市営バスに乗りました。東京とは逆で、後ろから乗車し降りるときに前で料金を払っております。210円でした。

余談ですが、名古屋に来るようになって10年になりますが、いつも感心するのがタクシーの運転手さんの対応です。
素晴らしい!
「○○交通をご利用頂き有難うございます。私、乗務員の○○です。」から始まります。
しかもマニュアルなのでしょうが、そう思えない優しい言い方。乗車中もこちらこの様子を伺いながら程よく会話します。言葉使いも行動も実に気持ちが良いのです。
東京じゃ考えられない。チップもはずみたくなります(笑)

バスで15分くらいで到着。落ち着いた美術館です。

徳川美術館http://www.tokugawa-art-museum.jp/
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

庭園もありましたが、あまりに暑かったのと館内だけでも見ごたえがありそうでしたので今回は行きませんでした。館内は写真撮影禁止なので残念ながら写真はありません。

貴重な国宝の鎧や刀をはじめ、調度品、陶磁器、屏風、日用品、着物などがゆったりと展示され、歴史に疎い私も興味深く見ることができました。
特に刀の妖しさを感じてしまいましたね。
源氏物語絵巻も(今回はレプリカですが)なんとも雅で心和むものでした。再度読んでみようと思っています。

結構歩き、帰りのホテルまではタクシー。例にもれず超親切。

ホテルに戻ると荷物はすでにお部屋へ。
私はいつもビジネスパックで新幹線とホテルを予約します。スタンダードシングルですが、ここのところ、お部屋が空いているのでしょう〜エグゼクティブフロアーの階のお部屋にしてくれます。
お部屋もさらに綺麗だし、見晴らしも良いし、サービスも違うところがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

15階だったので見晴らし良かったです。エレベーターホールからはカードが無いと入れません。

実はこのホテルにくると必ずオーダーするルームサービスがあります。ここには有名なレストランも入っていますが、そうではなくルームサービスメニュー。
それは後ほど。

部屋に入り、まずはお風呂にゆっくり入り、カーテン全開でベッドにごろり。
はあ〜極楽極楽〜
コンサートに行くまでの1時間を眠らないようにゆっくり過ごしました。

・・・・・・・月曜日につづく
1

2017/8/11

石田泰尚 in 宗次ホール その1(ひつまぶし編)  音楽

名古屋の宗次ホールに行ったのは何年ぶりでしょう。
CoCo一番館創業者の宗次徳二氏が代表を務めるNPO法人イエローエンジェルhttp://www.y-angel.jp/から、五嶋龍さんがストラディバリウスを貸与されている時は毎年行っていましたが、今は別のヴァイオリンを使用しているため数年前から宗次ホールには来なくなってしまいました。
このホールはこじんまりとしていますが、本当に素晴らしい響きをもつホールなのです。
その中で、ホールのオーナーでもある宗次徳二氏とは色々な御縁もあり、私には懐かしい方になっていました。

今回は神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・コンサートマスター石田泰尚氏のコンサートに伺いました。
風貌とはかけ離れた美しい音と、惹きつける力を持った素晴らしいヴァイオリニストです。

クリックすると元のサイズで表示します

ずっと、石田さんの演奏を宗次ホールで聴きたいと思っていたのでした。
念願叶い、8/9に名古屋へ。

8:57発の新幹線。
クリックすると元のサイズで表示します

なんでそんなに早く行ったかというと、ひつまぶしを食べるため。
あつた蓬莱軒のひつまぶしを食べるために並ばなければなりません。
11時開店には間に合いたかった。

あつた蓬莱軒
http://www.houraiken.com/

本店が休みなので松坂屋店。

さて、名古屋駅に着き地下鉄東山線で栄(2駅)→名城線で矢場町(1駅)に乗って直行!
11時丁度に到着・・・・・・・・・
フロアにはすでに1周の列ができている_| ̄|○
(見えないところにもたくさんの人が並んでいます。)

クリックすると元のサイズで表示します

仕方ないので並ぶことに。並んでも食べたい!
1時間後には席に着きました。もちろんひつまぶし。

クリックすると元のサイズで表示します

わけぎとワサビと海苔をかけて
クリックすると元のサイズで表示します

薬味と出汁をかけて
クリックすると元のサイズで表示します

肝焼き
クリックすると元のサイズで表示します

はあ〜なんて美味しいの〜
大満足!

この松坂屋は名古屋の一番の中心地にあり、いつも泊まるホテルと宗次ホールとも近いのです。
ひつまぶしを食べて一息ついた私は歩いて栄にあるホテルへ。
行きは急いだので地下鉄で栄→矢場町でしたが、この間は歩いてもすぐ。
のんびり歩いて15分くらいでホテルに到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

2時のチェックインまで1時間あったので、荷物を預けて徳川美術館へ行くことにしました。

・・・・・・・・つづく


1

2017/6/5

ティファニー  ティファニー

5月20日土曜日にティファニーが亡くなりました。
16歳でした。
10日前にお誕生日をしたばかりだったのに。

我が家に来て16年間、私達を幸せにし続けてくれたティファニー。
ティーちゃん中心で来た16年間。
まだ、今もまだそこに居そうな気がします。

5月に入ってからあまり食べなくなり、みるみる痩せていったティーちゃん。
少しでも食べてくれるようにいろいろやってみた。食べてくれるとすごく嬉しかった。

最後の週の水曜日、私は風邪をひき仕事を休みました。
そして土曜日まで寝込みました。
ティーちゃんとは一時も離れず一緒に寝ていました。
風邪をひいたこと、本当に良かったと思っています。
ティーちゃんの最期を撫でながら看取ることが出来たのですから。

私はこれからもずっとずっとずっとTiffanyと一緒です。
ティーちゃん幽霊でいいから出てきて欲しいです。
ティーちゃんに会いたいです。

ティファニーを可愛がってくださり本当に有難うございました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ