2016/3/18

これからの高齢化社会に向けて  

福祉・介護系の仕事のひとつに介護福祉士の仕事があります。介護士と略されて使われているので、介護士と聞けばご存知の方も多いかもしれませんね。福祉・介護系の仕事の介護福祉士の仕事というのは社会福祉の仕事の中心的な存在で、体の不自由な人や、精神的な障害を持っている人などの、日常生活の支障になっている、入浴や排せつ、食事などを介護することが仕事です。福祉・介護系の介護福祉士の資格は国家資格で厚生労働大臣によって免許が渡されます。福祉・介護系の資格の中でも一番中心核で一般的な資格の一つではないでしょうか。介護福祉士の資格を取得する場合には試験に合格する必要がありますが、試験を受けるためには、介護などの仕事を3年以上やったことがある人、または福祉系の高校を卒業した人に限られています。

福祉・介護系の介護福祉士の資格試験の合格率は48パーセントといわれていますからそれほど簡単でだれでもとれるという資格ではありません。資格を取得してからは、各市町村などの社会福祉事業施設で働いたり、介護老人福祉施設や障害者施設などの福祉・介護施設で働くことができます。これからの高齢化社会に向けて、今福祉・介護系の資格の中でも介護福祉士の資格はかなり重要視されています。

兵庫県の看護師求人募集 転職・就職情報
0

2015/3/14

冬場のカニが有名な城崎温泉  

兵庫県豊岡市にある城崎温泉は、
川沿いに温泉街あって、

歓楽街というのはないのですが
とても情緒があるのが特徴の温泉地です。

ここの温泉では外湯がメインで、
一の湯・御所の湯・まんだら湯・鴻の湯・
地蔵の湯・柳湯・さとの湯という
7個の湯があります。

夏になりますと、
浴衣に下駄を履いて
温泉街歩く人が目立ちます。

温泉旅行客が、
それぞれの旅館の浴衣を着て、
街を散策する風景も、

それ自体が城崎温泉の風情になっていて
どこか懐かしい感じがします。

外湯で一番人気なのは、
一の湯です。

ここはなんといっても
洞窟風呂というお風呂が人気になっています。

他の外湯ももちろん人気で、
露天風呂は観光客で賑わっていますが、

この7つのお湯には、
それぞれ効能がありまして、

合格祈願や商売繁盛・良縁成就・家内安全などといった
面白い効能があるそうで、少々疑問には思うのですが、

気になる人は
その温泉にはいってみてはいかがでしょう。

外湯以外に足湯も5箇所あって、
湯飲場もあります。

散策をしながら、
全てのお湯を堪能するのもよいですね。

冬になると、
かなり雪が降ることもある城崎温泉ですが、

雪が降ると、
一気に冬景色に変わってしまいます。

冬の温泉旅行をしたい
という人はたくさんいますが、

城崎温泉は大阪からも近くて、
交通の便もとてもいいので、
旅行先に選ぶには良い場所なのです。

かにかに特急がというのが、
冬だけ走っていますので、
さらに便利になります。

外湯を楽しんだ後には、
旬のカニ料理を旅館で楽しむ
というのがよさそうです。

冬場のカニが有名な城崎温泉ですが、
11月から3月にかけては
冬物語というイベントもあります。

温泉街がライトアップされるなどといった
見所もありますが、

やっぱり
美味しいカニを食べることのできるイベント
というのがありますのでそちらが魅力的です。

神戸のビジネスホテルおすすめ&格安予約
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ