2012/5/6 | 投稿者: pucha

女性の大敵シミ

シミがなぜできるのかご存知ですか?
歳をとるからというのが最もですが、
では何歳くらいからシミができやすくなるかご存知でしょうか。

30歳を過ぎるとシミが気になります。
若い頃からシミが出ている人もいますが、
これはメラニン色素を含んだ細胞が層になることで
シミになってしまいます。

シミを目立たなくするには化粧品が有効ですが、
シミに効果のある化粧品で目立たなくできる種類のシミと
病院で治療しないと消せないシミがあります。

市販の美肌用化粧品で効果があるのは
紫外線をあびるなどでできた新しいシミやシミになりそうな状態です。

以前からあったシミなどには効果が薄くなることも多いので
改善されないようでしたら医師に相談することをお勧めします。

またシミに厚みやザラツキのある場合は治療でしか改善しません。
外用薬や内服薬、レーザー治療などで改善されます。

こうなる前に一番のシミ対策は
UV防止ですね。紫外線を予防する事が一番のシミ対策です。
これからの季節は特に紫外線が強くなりますのでお気をつけください。

またビタミンCにも美肌作用があります。
ビタミンCには抗酸化成分、コラーゲンの増加作用等に有効です。
市販のモノとしてはビタミンC誘導体といった成分があるものがお勧めです。
0

2012/5/5 | 投稿者: pucha

世の中には様々なアンチエイジング方法があります。

食事制限法

運動療法

短眠方法

アンチエイジング「抗老化」とは肌などの細胞の

老化の進行を遅らせる事です。

これは女性にとっては特に永遠のテーマだと思います。

創り話の世界でも不老不死を求める内容が多かったり

実際に不老に効果的な薬などがあれば、どうなるのでしょう。

アンチエイジングはその名の通りに老化の進行を遅らせることに
ありますので、取り組みが早ければそれだけ効果もあります。

例えば肌を綺麗に保つスキンケアなどが外部より肌や皮膚を
ケアすることで老化を遅らせています。

また内部から全身的な若返りをはかるにはサプリメントやホルモン補充などで
アンチエイジングをする方法もあります。

ではなぜ肌が衰えるのか原因としては

紫外線の影響
肌の乾燥による皮脂量の低下
角質の潤いを保つ保湿成分が年齢とともに減少すること
でかさかさになったり、小じわができる原因です。
これは20歳をピークに衰えが始まりますので
いつまでも若いと油断していると、気がついた時には
ケアが大変です。
よく若い子は水をはじくとはその様な意味ですね。

さらに肌は金属と同じように長い時間、空気に触れたままでいると
酸化しダメージを受けています。これは『活性酵素』が原因です。
紫外線やストレス、タバコ、大気汚染などの影響のほかにも
食べ物で脂っこいモノ、添加物の多い食べ物中心の食生活が
いけません。





0




AutoPage最新お知らせ