ご参考までに・・・(#^.^#)  

クリックすると元のサイズで表示します

 こんばんは! コーチの浜本です。 非常に寒い日が続いていますが、皆さんお元気でしょうか? インフルエンザもかなり蔓延しているようなので、手洗い・うがいをしっかり行い、予防に努めて下さいね(^。^)
 特に6年生は最後の大会の“村井杯”の大会期間中に風邪を引いてしまっては大変です!
『有終の美』が飾れるようにベストで臨みましょう(^^♪

 自分もパワフルキッズのコーチを務めてもう既に10年以上が経ちます。 今も過去を振り返っても保護者の方々にすごく恵まれているなぁ〜!・・・と思います。 子供達をキツく叱っても親御さん達は、きちんと理解してくれています。 
 また、よくありがちな、自分の子が試合に“出れる”“出れない”等の問題でもほとんど不平・不満は聞こえてきません(#^.^#) 監督・コーチへの批判や不満もほぼ皆無なんです!
これは監督・コーチにとっては、とても指導しやすい良い環境となります。 本当に保護者の方々には感謝しています。 ありがとうございます。

※全てが正しいとは限りませんが、参考文献がありましたので掲載しておきます(^.^)

保護者・親のための10の心得
1 試合や練習を見に行ってあげましょう
   −子どもはそれを望んでいます
 
2 試合や練習ではチームのすべての子どもを応援してあげましょう
   −自分の子どもだけの応援ではいけません

3 調子のよいときだけでなく、調子の悪いときも勇気づけてあげましょう
   −批判ばかりしてはいけません

4 指導者の指導方針を信頼してあげましょう
   −指導者の批判をしていると子どもの態度に悪影響を与えます

5 キャプテンや副キャプテンなどチームのリーダーを尊重してあげましょう
   −彼ら彼女らの判断に圧力をかけないようにしましょう

6 審判はインストラクターとみなしましょう
   −審判の判定を批判してはいけません。
    バスケットの審判は非常に難しいです

7 子どもが参加することを刺激し、勇気づけてあげましょう
   −プレッシャーをかけないようにしましょう

8 試合がエキサイテイングだったか、楽しかったか、聞いてあげましょう
   −勝ち負けの結果だけをきくことがないようにしましょう

9 クラブの仕事を尊重しましょう
   −積極的に 顧問・指導者・親のミーテイングをもち、
    どのような態度でクラブに臨むべきかを話し合いましょう

10 忘れないでください。ミニバスケットボールをするのはあなたの子どもです。 
    −子供が主役なのです。
 

我々コーチ陣も≪指導者の心得≫等でまだまだ未熟な所が多々あると思います・・・。
子供が主役である! 勝利至上主義ではいけない!等々・・・。
これからますますパワフルキッズを【良いチーム】、【強いチーム】になるようコーチ陣も努力していきますので、今後共、ご支援・ご協力・ご理解の程、何卒宜しくお願い致します!

濱本



  
1

コーチ達の話をよく聞きましょう!!  

クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
3




AutoPage最新お知らせ