栗駒山麓広域たんぽぽ村、、、は、、、こちら、、から、、 栗駒山麓広域たんぽぽは、、、  たんぽぽ村民100名募集と、、  特産100品運動を推進いたします。        入村無料かだれーー

2012/10/13

地蔵旅、、無人販売とは  お知らせ

出羽イクゾー、無人販売はじめる、、
クリックすると元のサイズで表示します
イートン塾本校、、裏に、、販売所はじめました。
クリックすると元のサイズで表示します
ナス、ルツコラ、カボチャ、トマト、じゃがいも、さつまいも、、、、など。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
地蔵が見守りいたします
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/10/12

龍神雲とは、、  お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します
龍に見えました、、
クリックすると元のサイズで表示します
湯ノ沢温泉水を求め、、
クリックすると元のサイズで表示します
10リツトル、、100円、宿も新しくなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
お風呂も、、
クリックすると元のサイズで表示します
あまりにも、、並んでいるので、、やめて、、
クリックすると元のサイズで表示します
五郎衛清水に、、
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/10/11

元祖の源流とは、、  お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します
薫炭ボードの元祖、昨年タイから、紙の原料こうぞを輸入
 さらなる改良を研究中
クリックすると元のサイズで表示します
院内銀山に炭を納品、天保の飢饉で村民500数名を救う、
 高橋正作の家である、
クリックすると元のサイズで表示します
飢饉後に備えて、大きくした米蔵が今も健在である
 泉さん所有、
クリックすると元のサイズで表示します
蔵の日で、泉さんに会う現代の庄作でもある、
クリックすると元のサイズで表示します
金星医院後にある、現在拝観料300円で横手市で管理
 石田邸なのだが、金星と言う屋号がなじみである、
 私も良く風邪をひくと、子供のころ箱そりに乗せられ
 金星先生から、尻に注射されたものである、
クリックすると元のサイズで表示します
すばる360だーー元祖、、、軽自動車
クリックすると元のサイズで表示します
本田ゼツト、三菱軽トラ、
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/10/10

ロールライス、、、  お知らせ

青い空はさらに青く思い出がとけるよ、
 誰も居ない田んぼに、、ロールライスがころがつていました
  地蔵が微笑んでいます、今年も米がとれましたと、、
クリックすると元のサイズで表示します
今のゲレンデは思い出だけ、、
クリックすると元のサイズで表示します
人生で初めてリフトに乗つた湯沢スキー場も今は、、
クリックすると元のサイズで表示します
オールドカーとは、、
クリックすると元のサイズで表示します
7回目の増田で、、蔵の日
僕蔵は栗駒山麓青年団だーー
クリックすると元のサイズで表示します
蔵はそのままで、、ステージです、
 毎日の蔵番人、、街興し専従おもてなし人を誰がやりつずけるか 
クリックすると元のサイズで表示します
ごやさん
クリックすると元のサイズで表示します
たかはらさん
クリックすると元のサイズで表示します
こまち音夢さん
クリックすると元のサイズで表示します クラーレンス&ゆきさん

栗駒山麓たんぽぽ団
クリックすると元のサイズで表示します こはるさん

ユーアー米三シャイン


0

2012/10/9

地蔵カフェ、、  お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します
器具、ペーパー、味噌、しょうゆ、とみやさん。
クリックすると元のサイズで表示します
偶然地蔵旅、、撮影中、、お客様、お参り画像でーす
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/10/8

温故知創とは、、  お知らせ

古きを訪ねて新しきを、、作るには、、
 元祖を訪ね、歴史を知り、創造することからはじめよう。
クリックすると元のサイズで表示します
院内銀山の生活は、どんな一日で、どんな人が、どのように入山し
 どのように、銀を生産していただろうか、
クリックすると元のサイズで表示します
湯沢図書館で、銀山医師であり、宿屋経営が書記した日記を、
 醤油味でおなじみ長寿軒のラーメンをすすりながら、読み
 はじめたところである。
クリックすると元のサイズで表示します
当時の銀山でも、俳句、芝居、手品師、歌い人、、、身元を
 調べられ、宿も決められ滞在許可なく居られなかつた。
もちろん、銀堀人も当時の、農業小作より、めしに困らず
 ただ、長寿は望めず、そんな中でも、旅、俳句は盛んで
酒も不自由なく飲めたが、、、、いつの時代も、
 終わりはやて来る、執着をせず、、自由自在に暮したいものだ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
亜細亜の細道、、
人生は二度と還らぬ旅人であり、行きかう年もまた同じ。サラリーマンとして机の上で人生を過ごす人、あらゆる職業と共に老いていく人、かれらは毎日が旅であり、旅が住まいなのだ。かの西行法師や宗祇、杜甫や李白など、古の文人ミュージシャン・も、その多くは旅において死んだ。私もいつの頃からか、格安航空券に出会い、一片の飛行機雲が青空に流れていくのを見るにつけても、旅への想いが募るようになってきた。『べとなむ』の旅では路地裏を歩き、ひきつづき『ばんこく』では、メナムチャオプラーヤ河で灯篭を流し、いま、新米を、秋の空の下で、いものこ汁で祝えば
働いて飯を食い、夢を見て旅に住む,チャイを飲み、、亜細亜の子供に帰りはじめる
   旅が楽しいのは帰る所があるから、、、
クリックすると元のサイズで表示します
1600年代、、天保の盛り山、院内銀山産出の銀が、朱印船と商人により
 亜細亜をかけめぐる。銭湯を知らない子供たち入村おめでとう。
0

2012/10/8

温故知創とは、、  お知らせ

古きを訪ねて新しきを、、作るには、、
 元祖を訪ね、歴史を知り、創造することからはじめよう。
クリックすると元のサイズで表示します
院内銀山の生活は、どんな一日で、どんな人が、どのように入山し
 どのように、銀を生産していただろうか、
クリックすると元のサイズで表示します
湯沢図書館で、銀山医師であり、宿屋経営が書記した日記を、
 醤油味でおなじみ長寿軒のラーメンをすすりながら、読み
 はじめたところである。
クリックすると元のサイズで表示します
当時の銀山でも、俳句、芝居、手品師、歌い人、、、身元を
 調べられ、宿も決められ滞在許可なく居られなかつた。
もちろん、銀堀人も当時の、農業小作より、めしに困らず
 ただ、長寿は望めず、そんな中でも、旅、俳句は盛んで
酒も不自由なく飲めたが、、、、いつの時代も、
 終わりはやて来る、執着をせず、、自由自在に暮したいものだ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
亜細亜の細道、、
人生は二度と還らぬ旅人であり、行きかう年もまた同じ。サラリーマンとして机の上で人生を過ごす人、あらゆる職業と共に老いていく人、かれらは毎日が旅であり、旅が住まいなのだ。かの西行法師や宗祇、杜甫や李白など、古の文人ミュージシャン・も、その多くは旅において死んだ。私もいつの頃からか、格安航空券に出会い、一片の飛行機雲が青空に流れていくのを見るにつけても、旅への想いが募るようになってきた。『べとなむ』の旅では路地裏を歩き、ひきつづき『ばんこく』では、メナムチャオプラーヤ河で灯篭を流し、いま、新米を、秋の空の下で、いものこ汁で祝えば
働いて飯を食い、夢を見て旅に住む,チャイを飲み、、亜細亜の子供に帰りはじめる
   旅が楽しいのは帰る所があるから、、、
クリックすると元のサイズで表示します
1600年代、、天保の盛り山、院内銀山産出の銀が、朱印船と商人により
 亜細亜をかけめぐる。銭湯を知らない子供たち入村おめでとう。
0

2012/10/6

j酒地蔵の水めぐり、、  お知らせ

仙人修行の滝にて、、不動滝、東成瀬にて。
 クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
元祖、村、町、おこしの元祖的イベントは、、
 当時、知り合いの、東成瀬村にある、曹洞宗、栄伝寺住職の
 アイデアで仙人修行。その前後して、、羽後のべご祭りなどなど
 もちろん、元祖たらいこぎ、も、であるが、
 それでも、この頃は、イベントが多いねーー
ミスコンも、、ミスあやめ、ミス山百合、、、
 当時ポスター印刷100枚、70000円もしましたが、
 秋田を都内で売り込む為に、、1億円以上も、、、
 今本当に、、秋田に来てもらい、、3日以上、退屈しないで
 居れる観光地があるのでしょうか、健康で、
 玉川温泉は別ですが、
松尾芭蕉は、、旅に病んで夢は荒れ野を駆け巡る、、で終つている。
 クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/10/5

説明かい、、とは  お知らせ

シリア体験談があるよーー
 元祖青年海外協力隊員、渡辺写真館さん
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
本日の酒地蔵旅は、、院内銀山からはじまる。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
銀山最初のお寺跡にて
クリックすると元のサイズで表示します
1606年代〜採掘が始まり、多い時は3万人が暮らし
 にぎわつて居た。
その1650年代に、、地蔵茶屋という、歩空店主の先祖が営む店には、役人、酒屋問屋、小間物屋、炭商人、両替屋、寺子屋もどき、渡り唄い人、担ぎくすり屋
 隠れキリシタン、ヤクザ崩れ、置屋の手配使、などなどが
 集う店であつたらしい。
 当時もあやし過ぎて近寄り難い存在であるが、、なぜか、、たどると
 地蔵茶屋に行き着くのである。
 熱帯亜細亜楽園酒家物語、、、小説の始まりである。
クリックすると元のサイズで表示します
異人館跡に鎮座する、、酒地蔵、当時も、今と変わらぬ、飲食
 をしていたらしい、魚も山を越え日本海から届けられ
 鮮度もよかつたらしい、
クリックすると元のサイズで表示します

        楽しくてやめられない 天保年間に銀山ではやる、
  
      のどにしみる白酒今日も一堀おえて
      地蔵茶屋に集う 楽しくて楽しくて」
      とても、抜け出せない、
      この楽しみは 誰にも教えない

      貯めた銀貨はふくれ
      亜細亜に渡る朱印船の
      乗船券が手に入る
      楽しくて楽しくて、とても
      教えたくない
      限りアル人生を
      楽しみ暮らすのさ   
クリックすると元のサイズで表示します
院内銀山は慶長11年(1,606年)村山宗兵衛はか3名によって発見されたわが国有数の銀山で、佐竹藩の重要な財源の山であり、同時に天下の御役山としても幕府におおいに重要視された。
元和3年(1,617年)中、すでに1,300戸、7,100人余りの大集落地となり、年々の産銀額も増大し、諸国より遊芸人・文化人も多数入り込み「出羽の都」とまで言われる繁栄を示した。
しかし、良鉱のみを採掘したため一時不況となったが、幸い文化4年(1,807年)より銀山ふたたび大直りとなり、藩においても直営として積極的に援助した結果、天保の頃は発見当初に劣らぬ大銀山となった。特に天保の中期には「天保の盛り山」と称され、年間約3,800Kgをこえる産銀が、10年以上も続く好況であったと言われている。
当時、戸数4,000戸人口15,000人を数え、久保田城下(今の秋田市)をしのぐ程であった。
明治初年、藩より一時小野組さらに工部省に移され、巨大な投資により近代化された。
明治17年(1,884年)古河市兵衛に払い下げされ、この時期、次第に産銀額が増大し、明治中期には実に年間15トンを産出するわが国第4位の大銀山となった。
その後、銀価の崩落と金本位制等によって鉱況がいちじるしく不良となり、ついに大正9年採掘を停止するに至った。昭和初年深鉱所を設置したが、昭和29年(1,954年)全山休山となり約350年の歴史は終わった。
院内銀山発見から、、1617年には、、ローマで作成された亜細亜地図に所在が明記されている
日本のシルバーラツシュとも言える、
1978年8月23日〜2日ほど、ゴールドラツシュの街、ドーソンシテーに俺はいた、
60歳を向かえ、こんな身近に、地旅元祖があるではないか、気ずくには、、それなりの
 時間と夢と旅がおしえてくれている気がする、


0

2012/10/4

アジアンブレンド、、とは  お知らせ

印度、タイ、ミャンマー、ラオス、ネパール、ベトナム、台湾、沖縄
 生豆産地が、今、アジアで生産されてきている、
その味を引き出す、、水にも、目を向けたい、いい水の宝庫、秋田ほど
 近場で手に入る、横手盆地はユートピアじゃーー。
クリックすると元のサイズで表示します
ネパール産コーヒーを淹れてみる
クリックすると元のサイズで表示します
力水も、、徒歩、、数歩で、、無料、
クリックすると元のサイズで表示します
ベトナムブレンドを淹れてみる
クリックすると元のサイズで表示します
アジアを旅し、アジアの風に吹かれ、アジアコーヒーフレーバーに酔う
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/10/3

酒地蔵、水めぐり、、  お知らせ

水カフェ、の元祖酒地蔵が行く、、
クリックすると元のサイズで表示します
水は、、大地の贈り物、、自然の宝物、、ここで清めましょう
クリックすると元のサイズで表示します
ここに来れるのも、あと数ヶ月でしょう、春まで、閉ざされます
クリックすると元のサイズで表示します
歩空内、、水カフェで、、ウイスキー、紅茶、コーヒーに。。。
クリックすると元のサイズで表示します
この頃、、イメージ酔い、、両関さんで。
クリックすると元のサイズで表示します
酒の美味い季節が来ますよーー
クリックすると元のサイズで表示します
酒の肴をどう、、する、、。
クリックすると元のサイズで表示します
 日本酒と餃子ナイト始まるぞーー
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/10/2

酒地蔵たび、、その1  お知らせ

美縁にナーレ、残照。。。
クリックすると元のサイズで表示します
酒蔵でアート&カフェ、、
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
総、、元締め
クリックすると元のサイズで表示します
元祖、うどん
クリックすると元のサイズで表示します
酒蔵deアート&カフェ無事終演
クリックすると元のサイズで表示します
酒蔵の建築資材も街も白熊も鳥も、木、も、うどん、コーヒー、チャイ、パン、お菓子すべて、、自然界からの贈り物を、人はそれぞれの、趣味で生かし、仕事にし生きてきました、
人類も進化の中で、洞窟で絵を描き、丸太や、動物の皮を張り、
ささやかな、音で暗闇をすごしてきたでしょう。
移動の気楽な現代で、食べることをイベントに出来る、ほど、平和な土地
で、生きられることに、感謝です。
 この美縁にナーレの縁をいただきました、Y3様、栗駒山麓広域たんぽぽ団より
  感謝もうしあげます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ