2015/3/22

学びに出会う運命の流れ  ピアノ

レッスンというものは、受ける側の、その知識に対する解釈や、

取り込む意欲など色々な要素で、いくらでも意味も価値も変わります。

私が伝えることを取り入れようとして、レッスンを続けている皆さんが

沢山いてくださることを、心から嬉しく思っています。


熱心に学び、素晴らしい成長ぶりの、若いピアノの先生が、

あるピアニストのコンサートを聴きに、東京まで行った話をしてくれました。

その奏法が、私が一生懸命伝えている奏法を、完璧に形にしたような弾き方で、

私がいつも言うことが、あれもこれも全部、理想的にできているのだそうです。

そして、その弾き方で奏でる音楽は、素晴らし過ぎて、

聴き終わってすぐに立ち上がれない程だとか。。

ハンガリーではなく、ロシアのピアニストだそうです。

結局、国の違いより、個人の違いの方が大きいのではないかと、思います。

言葉としては「ロシア奏法」などという言葉がありますが、

ロシアのピアニストが皆同じ弾き方をしているわけではないし、

ハンガリーの先生から教えて頂いたのと同じことを、

ロシア人の先生が仰っていたこともあるし。。


「奏法」ということから、「学ぶ」ということに話が広がりました。

その中で、私の所へ来ようと決意するまで、たった1ヶ月くらいの間に、

運命の流れのように立て続けに色々あって、私に出会ったという話を、

感動して聴きました。


私にも、運命の流れがあったのを思い出しました。

ハンガリーの最初の先生とは札幌でのリスト音楽院セミナーで出会いました。

凄くお上手に弾いている方に「楽譜しか聞こえてこない。

そこに命を吹き込むのが、君の仕事のはずだ。」などと、

とても厳しい事を仰る場面を、複数拝見しましたが、

価値観の在処に共感できたので、その場でご相談し、東京へ伺うようになりました。



そして、その先生から、2番目の先生を勧めて頂いたのです。

「私の友人が札幌に住むから、是非習いなさい。」と言われ、

そんな計画があるのを知らなかったので、驚いて

「お友達がですか?」と聞き返すと、

「そうだ。友人だ。彼は、君とは反対のタイプだから、

習うのはとても君のためになる。」と言われました。

「君は私と同じタイプの人間で、感情で音楽をする。

彼は、構成を先に考え、その中に音楽を入れる。

君にはそれがとても役に立つだろう。」とのこと。

「同じタイプ」だなんて、とてもとても、畏れ多いのですが・・


でも、確かにフィーリングで弾いてしまいがちだった私を、

基本の基本から、辛抱強く、直し、導いてくださった2番目の先生は、

本当に、絶対に、私に必要な先生でした。


習おうと決意してすぐ、マネージャー役をされていた先生からご連絡を頂き、

レッスンが実現しました。

3番目の先生もまた、偶然、2番目の先生からご紹介頂きました。


2番目の先生の帰国が近づいたころ、某大での公開講座を聴きに伺った時、

休憩時間か開演前か忘れましたが、迷い込んだスペースに、

3番目の先生がいらして、そこへすぐに2番目の先生がいらして、

偶然、ご紹介頂くことになりました。

「ノタニさんだ。」と2番目の先生が紹介してくださって、

続けて「私の生徒だ。」と仰るとばかり思ったら・・・・

「とても良いピアニストだ。」と仰ったので、感動で一瞬絶句しました。


最初は一大決心で、、その後は、次々と勧められたりご紹介頂いたりして、、

運命が流れていきました。

それぞれの先生に出会った順番も、奇跡的に私には良かったのです。

私は、本当に、ラッキーでした。その話はまたいずれ・・・


最後まで読んでくださってありがとうございます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ