2006/11/30

のだめカンタービレ  ピアノ

これだけブームになるのは何故なのだろうと、見始めたら嵌っています。
気に入った回の録画はまた見るくらい。

思うにこのストーリーの魅力って、音楽ももちろんですが、
ギャグに紛れつつ、多くの登場人物の「成長」が描かれている所にあるような気がします。
何かor誰かをきっかけに、気づいたり、感じたり、理解したり、反省したりして、
成長していく、云わば「学びのプロセス」が、大小様々、
沢山描かれていますよね。
千秋先輩は本当に敏感に、色々気づき、学んでいるけれど、
ハリセン先生までがハリセン捨てるしね。(笑)

軽いキャラながら感激屋の峰君も、凄いと思います。
子供のコンクール全国3位で「神童とかいわれて勘違いしてたクチ」(千秋談)
だった少年から、二十歳過ぎたらタダの人・・・どころか、
「だからクラシックは嫌なんだ!」という留年音大生になっていたのに、
友人の演奏に感激して「弟子にしてくれ!」とプライドかなぐり捨てる変わり振り。
ピュアな人柄だからでしょうね。
鬼指揮者千秋がSオケ全員から嫌われた時、清良の一言で考えを改め、
千秋をフォローしようとSオケを説得したり。。純な、いい人ですよね。

千秋先輩が「なぜみんな峰を笑う!」と内心怒っている時の
峰君の悔し泣きの表情には、本当に音楽に対する真剣さが現れていて
よかったです。(この2人を演ずる俳優さん達の演技も本当にいいですね!)

「最近何かが変わってきた気がする」(谷岡先生談)といわれる
のだめちゃんの、今後の成長振りが楽しみですね。

ところで、荒木さんののだめ検証ページ↓面白いです。
http://arakipage.jp/nodame/nodame.htm
0



2006/12/6  20:59

投稿者:Megumi

●Miyukiさん、こんばんは。オーボエの黒木君、とってもいいことを言っていましたよね!私も感心&感動でした。このドラマは、ギャグに紛れつつ、凄くいいメッセージを沢山発信していますよね。
音楽もいいけれど、そういう点が素晴らしいと思います♪

●庵敦さん、お久しぶりです。「のため」とは言われませんが、先日、マジで「野田恵先生」宛てのFAXが届き、笑ってしまいました。(多分ここはご覧になってない方ですが、もしご覧になっても気になさらないで下さいね。全く気にしてませんので♪)
モーツアルトの4手ソナタの場面で、のだめがパッセージを短調に転調して弾いたところは私も凄く受けました。あれは訳も無くじゃなくて、千秋先輩に叱られたかケナサレたかで、落ち込んだ気持ちの表現だったんです。凄い!!
BGM,いいですよねえ!バーバーの弦楽の為のアダージョは泣かせましたね。

http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/

2006/12/2  21:05

投稿者:Miyuki

Megumi先生、こんばんわ。私はにわか「のだめ」ファンです。先週ぐらいからのだめちゃんの音楽に対する思いがだんだん変わっていく様子が感じられて私も引き込まれて観ています。「(音楽に対して)上を見る」ということの意味をオーボエの方(名前を忘れてしまいました。ごめんなさい。)に言われた場面がありましたが、胸にすとんと落ちた感じでした。荒木さんののだめ検証ページ、とても興味深く観ました。ありがとうございます。

2006/12/2  9:10

投稿者:橋元庵敦

昔、Megumi先生も、ネットで「のため」っていわれてませんでしたっけか。
このTVドラマ、BGMが大部分クラシック音楽で、場面に沿ってチャーミングな切取り細工をしているところが楽しめますね。私は、最初の頃の場面で、モーツアルトの4手ソナタの場面で、のだめが訳も無くパッセージを短調に転調して弾いたところで吹き出してしまいました。
あと、笑いの質がオーソドックスで品を失わなくて良いですね。他のお笑いTVでは下ネタか弱者差別で笑いものにする低劣なものばかりですから。このドラマはのだめちゃんのコミック的百面相も秀逸ですし。
あ、荒木さんのページ、非常に面白いですね。ご紹介感謝です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ