2012/11/26

カンジダの症状について  stdの症状

性経験の無い女性でも5人に1人は発症することがあると言われている「カンジダ症」。

その症状は非常に分かりやすいものです。

まず、膣や外陰部に強い痒みを感じます。

そして、おりものがヨーグルト状やカッテージチーズ状に白くドロドロしたものへと変化をしていきます。

おりもの自体の量も増えるため、固まって陰部に絡んだりすることもあります。

痒いからといって掻いていると炎症を起こし、さらには患部に出来た小さな傷からその他の細菌が侵入することで二次感染を引き起こしてしまうケースもあります。

男性の場合にも、亀頭やその周辺に痒みや炎症などの症状が現れることがありますが、入浴やシャワーなどで清潔にしていれば感染・発症することはあまり無いと言われています。

ただ、包茎の男性に関しては感染した場合、女性と同様に強い痒みや炎症が現れることもあります。

もはや他人ごとではありませんよ!⇒性病の知識が無いと困ったことに・・・

誰にも相談できない性病の悩みについてはこちらへ⇒性病の悩みを一発解決!
0

2012/6/19

わかりやすい症状もある  stdの症状

女性が感染する性病には、自覚症状が乏しいものがいくつも存在します。
しかし、実はそのようなものだけでなく、とても症状がよく現れやすいものもいくつか存在します。

そのような性病のひとつとしては、カンジダが挙げられるでしょう。
こちらのカンジダ症の女性がなりやすい症状を見ても分かりますが、カンジダの症状は実に分かりやすいものであるため、すぐに自覚できるものです。

ちなみに、努力すれば乳ガンの発症も早いうちに自覚することができるものです。
こちらの乳ガン 初期症状についての情報も確認しておくと良いと思います。

自分の身体の変化には、いつも注意しておくことがとても大切です。
0

2012/5/31

妊婦が梅毒に感染すると  stdの症状

妊娠中の女性が感染した場合、
死産となったり、誕生後すぐに新生児が死亡してしまう確率が約四割ほどあります。

母親が梅毒で治療されなかった場合、
もしくは母親が妊娠してから三十四週ほど経過してから梅毒の治療を受けた場合、
生まれた子は四割〜七割の確率で梅毒に感染しています。

子供は症状もなく生まれるかもしれませんが、
すぐに治療しなければ数週間以内に症状が現れます。

この時現れる症状は、
血液が入った鼻水、口の中のべとべとの斑、
皮膚の傷や手足の骨の炎症、肝臓の腫れ、貧血、黄疸、小頭などの重い症状が現れます。
0

2012/5/30

梅毒の第三期  stdの症状

梅毒の第三期症状は、感染してから約、三年ほど経過してから現れます。
これを晩期梅毒とも呼称します。

第三期に入ると、梅毒は皮膚の症状と内臓の変化が同時に見られるようになります。
皮膚に現れる発疹は第二期の症状以上に激しく広がります。

第三期梅毒の特徴とし、ゴム腫というものがあります。
これは頭や顔、額、筋肉や骨などに生じる腫れで、
クルミほどの大きさになります。

ゴム腫はやがて潰れ、潰瘍となります。
晩期梅毒では、このゴム腫が脳、大動脈、肝臓などに発生します。
0

2012/5/29

梅毒の二期  stdの症状

第一期が終了後から三か月ほどが経過すると、
梅毒の第二期に入ります。

第二期になると全身の皮膚に赤い斑点がまばらに現れるようになります。
皮膚から盛り上がったぶつぶつの丘疹や、
後頭部に脱毛がみられるようになります。

この時点で感染した人のほとんどの人が異変に気付きますが、
痒みや痛みが無いので、放っておくとこの症状は自然に、
およそ二週間から六週間ほどで消えてしまいます。

これらの症状が自然に無くなったからといって、
梅毒が治ったわけではありません。

第二期が終わると、数週間から数年間にわたる長期の無症状、潜伏期に入ります。
0

2012/5/26

梅毒とは  stdの症状

梅毒とは、細菌のトレポネーマによって引き起こされる全身性の性病です。
コロンブスがアメリカ大陸より持ち込んこんだという仮説があり、
それ以降欧州で大流行しましたが、
特効薬のペニシリンが発明されたことにより、
最近では梅毒患者はかなり減少しています。

梅毒には四つの段階があり、
梅毒の第一期症状は、三週間から三ヶ月の間で、
性器に赤い硬結が現れ潰瘍へと変化していきます。
これらは痛みがないという特徴があり、
傷口からトレポネーマを多く含んだ液体が出ます。

それから二ヶ月程経過すると自然と梅毒症状は無くなり、
第二期へと移行します。
0

2012/5/25

淋病の治療  stdの症状

淋病の治療にはセフェム系、ニューキノロン剤の抗生物質を7日ほど、
継続投与が行われます。

淋病は早期に治療すれば14日ほどでほぼ完治しますが、
治療をしないで放置したり、治療を途中で止めてしまうと
合併症を引き起こしたり、慢性化してなかなか治らなくなります。

また淋病が原因で、卵管炎になってしまいます。
卵管炎になると、黄色い膿のようなおりものや膣からの出血、
更に慢性化すると腹痛、腰痛、月経痛、排便、排尿痛が残ります。

卵管炎が悪化すると不妊症の原因となります。
0

2012/5/24

淋病に感染する確率  stdの症状

一回の性的接触で淋病に感染する可能性は、
およそ三割とも八割とも言われています。

行為の内容、接触の時間、自身の抵抗力、相手の持つ淋菌の量、
男性の場合、接触後の排尿の有無、排尿量、排尿までの時間などにより
影響を受けるのでどれくらいの割合で感染するか一概には言えません。

淋病は人体や動物による実験も不可能であり、正確な数字は判明していません。
また、オーラルセックスが原因で咽頭炎、扁桃炎の原因にもなっており、
肛門性交では直腸炎を引き起こします。
0

2012/5/22

進化している性病  stdの症状

みなさんは淋病という性病をご存知ですか?

かなりの感染度があるために
ちょっとした性行為でも感染してしまうので
非常に感染者が多い性病です

しかしペニシリンによって治療できる為に
簡単に治ると思われていたこの淋病ですが
最近ではペニシリンが効かない淋病が確認されています。

現在の医学だとすぐに新たな治療薬が開発されると思いますが
性病自体も徐々に進化してきているのです。

もしかしたら他にも今の治療薬では治らない性病が
増えてくるかもしれません。
0

2012/5/19

疥癬の治療  stdの症状

疥癬の治療薬としては、
殺ダニ作用を持つ硫黄剤やクロタミトン、安息香酸ベンジルが使用され、
通常の疥癬の場合これらを頸部より下に全身塗布することを繰り返すことで治療していきます。

角化型疥癬では、これらの薬を頸部も含め全身塗布することを繰り返します。

また角化病変部に角質融解剤を併用したり、
物理的に角質を除去することもあります。

痒みがさらに続くこともありますが、
治癒はヒゼンダニの死滅で判断され、死滅した時、投薬が中止されます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ