2011/7/3

ペーパームーンのやうに  

クリックすると元のサイズで表示します

時が経つのは早いもので、ふと気がつけば、今年もあと半年。

ふりかへれば、此の半年は、とても愉しく充実した半年でした。
お陰さまで、お店も、絵の仕事も、軌道に乗りつつありますし。

と云つても、恋に関しては、未だに成就出来ない有様ですが。
赤い糸で固く結ばれた運命の人よ、今いづこ?つて感じです。

其れは兎も角、新しいお店の名前が、先日決定いたしました。
其の名前は、「紙の月」と書いて、ペーパームーンと読みます。

基本は、おうちカフェですが、紙モノ雑貨をたくさん並べたいなと。
アンティークな絵本やレコードや切手やラベルや古本や漫画等々。

其れから、文房具や蔵書票やポストカードや作家さんの作品等々。
兎に角、懐かしい紙モノをコンセプトに、お店を作つてゆきたいなと。

考へてみれば、小生のコレクションの原点は紙モノである切手だつたし、
其れに、小生が生まれ育つた四国中央市(旧川之江)は紙の町ですしね。

ちなみに、ペーパームーンといふ言葉には、かう云ふ意味もあるさうです。
其れは、偽物である紙の月も、信じることや愛することで、本物になると。

つまり、気持ちや想ひがあれば、偽物だつて、必ず本物になるわけで。
大切なのは、自分を信じることや、誰かを愛することではないでせうか。

小生が敬愛するピーター・ボグダノビッチ監督の、あの映画のやうに☆


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ