喇叭水仙(桜薫る番外編) 5.会長とサクラ

2011/2/9  2:47 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇5.会長とサクラ

体育祭が終わった翌日。
朝礼でサクラが倒れて保健室に運び込まれた。
朝礼が終わると私はアリサとアキと保健室に行った。後から野次馬なのか相葉駿もやってきた。
ベッドの周りに私達と相葉駿、そして綾川先生。
みんなで心配して彼女の顔を覗き込む。
顔面蒼白で唇も青い。たぶんただの貧血なんだろうけど、人って倒れるとこんなことになるの?
私も生理痛が酷かったり、貧血になったりするけど、倒れたことはまだない。

そこに背後から人が来て、私に声を掛ける。
「谷本は?」
その声に驚いた。草間君だ!!
「会長!?びっくりしたー。珍しいなぁ。サクラ?まだ起きないんだよね。顔色はマシになったけど。」
私の心臓が今、止まりそうになった。
彼は背伸びして、私の肩越しに彼女を覗く。
そっと盗み見た彼の表情。一瞬目を見開いて硬直したのが分かった。
目を潤ませてとても心配そうにしていて、それはまさしく恋人に向ける表情だと思った。
まもなくサクラが目を覚まし、起き上がる。
「いたたた…。なんか頭とか肩とか痛い。」
「谷本、まだしばらく横になっていた方がいい。また脳貧血を起こすぞ。」
私の肩越しに彼がサクラに声を掛けた。
彼がこんなことを言うなんて珍しい。物凄く必死じゃない。
「会長って…、意外。」
彼が私の顔を一瞥した。
「それでは失礼する。お大事に。」
眼鏡のブリッジを押し上げた。多分照れてる。
そのまま彼は踵を返し、保健室から出て行った。

あぁー、もう、嫌になっちゃう。
草間君、もうサクラにメロメロじゃない。
先輩達、目が節穴だよ。どう見ても結城さんじゃなくてサクラが勝っちゃってるよ。
私は入学した日からずっと彼だけを見てきたんだから、分かっちゃうの。
分かりたくない。何も気付かないままなら、単なる甘酸っぱい片想いで済んだのに。

草間君とサクラは普段はほとんど話しているところを見たことがない。
ただ、あれ以来、放課後はほぼ毎日一緒に居るみたい。
生徒会がない日でもどこかの教室や図書館で勉強したりしているようだ。
…草間君と勉強。
彼は不得意な科目がないから、専ら先生役なんだろう。
どんな風なのか気になる。
優しく、
「どれ、どこがわからないんだ?…ふむ、それはこの公式に当てはめるんだ。」
とかなのか、普通に、
「こんな問題もわからないのか?仕方がないヤツだな。」
とかなのか、厳しく、
「おい、ちゃんと予習してきたのか?呆れるな。」
とかなのか。
…いずれにしても、いいなぁ。うらやましい…。

そんなことを考えながら廊下を歩いていると、向こうからなにやら大荷物の草間君とサクラが歩いてきた。
「あ、ヒトミ!」
私に気付いたサクラが、荷物を片手に寄せて手を振った。
色とりどりの模造紙の筒や画材の入った紙袋を抱えている。
「あぁ、サクラ。今日も生徒会?」
「うん、もうすぐ文化祭だしね。」
「そっか、頑張ってね、二人とも。」
「うん、ありがとう。」
私とすれ違って歩いていく二人。
草間君は静かに私とサクラを見ていただけで、何も話してくれなかった。
「ヒトミ、また明日ね!」
私の背後からサクラの声がする。振り向くと、彼女がこちらを向いて手を振っていた。
持っていた荷物をいくつか落とす。
「きゃっ。」
「ほら、前を見て歩け。君はそそっかしいな。」
サクラが落とした荷物を草間君が受け止めて、そのままサクラには返さず自分で抱え込んだ。
「ごめん!私、持つよ。」
「君に持たせ過ぎた。落とした分は俺が運ぶ。」
不機嫌そうに言う彼。でも、その声には優しさがあった。
ああいう風になんだかんだ文句を言っているものの、彼女と一緒に居るのが嬉しそうに見える…。

他の学年ではどうなのか分からないけど、サクラは転校生で目立つからか、男子生徒が噂しているのをよく耳にする。
相葉駿や綾川弟もサクラに話しかけたりしているし、担任の綾川先生も頻繁に彼女を国語準備室に呼び出している。
相葉駿は同じクラスだし、綾川先生は先生なんだから当たり前と言えば当たり前だけど、綾川弟は絶対、その気があるんだと思う。
いっそのこと、綾川弟とくっついてくれればいいのに。

---------------------------------------------
1.図書館の君
<4.転校生 6.恋人達のクリスマス>
---------------------------------------------
0



2011/2/10  1:57

投稿者:おるん

>紫さん
ありがとうございます。
竜士君はカナリ男前なのにもったいないwww

片想い、切ないですよねー。
上手くいかないと分かっていてもやめられないという。

上手くいくお話ばかりが続いたので、ちょっと趣向を変えました。^^;
切ないのが辛いんだけども、きっとある意味楽しいんだろうなと。
なんで片想いってあんなに切ないんでしょうね。(遠い目

2011/2/9  18:10

投稿者:紫

瞳ちゃんが、竜士とくっつくなんていうのはどうですか?www
会長より、絶対いい男だよ!と、お節介オバさんのように、瞳ちゃんに言ってあげたくなってしまった。www
片想い、切ないなぁ〜。
でも、その恋敵が友達だなんて辛いだろうなぁ。
なんか、自分の高校時代を思い出して、胸がチクッと痛くなる感じです。
でも、その青春の痛みを感じたくて、また読みに来てしまうという・・・。www

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ