雪解け(桜薫る番外編) 9.融和<完結>

2010/11/27  0:53 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇9.融和

さて、綾乃にはああ言ったものの、いざとなると何からすればいいか困る。
生徒会長になるには、ある程度、人気や人望が無ければダメだ。
自分で言うのもなんだが、能力はそこそこあると思うし、評判は悪くはないと思う。
だが、いかんせん、友達が居ないのに人望がある訳がない。
愛想良くと言われても、綾川先生や榎本さんみたいに自然に笑えない。
挨拶…くらいならできるか…。

朝、登校してきて昇降口で靴を履き替える。
同じクラスの生徒がやってきた。相葉駿だ。
「おはよう。」
相葉が「お?」という顔をした。今までほとんど話をしたことがないから当然か。
「おはよう。…草間っち、珍しいじゃん?」
「…挨拶くらいはするようにしようと思ってな。」
「へぇ。そういうの、いいと思うよ。」
相葉がさわやかに笑う。あぁ、素直に返事をしてもらって嬉しい。
なんだ、これだけの事でこんなに気分が良いなんて。

相葉の後を歩いて教室に入る。
相葉はいつもどおり元気にクラスメイトに挨拶をしながらズンズン自席に向かって歩いていく。
教室の入り口でその光景を眺めていた。
後から田中亜紀がやってきた。
「草間君、どうしたの?入り口で突っ立って?」
「あ、いや…。お、おはよう。」
「あ、おはよ。」
普通に挨拶して俺の横をすり抜けていった。
向こうで保坂理香子が「アキー!おはよー!!」と彼女を呼んでいる。

自分の席に着いて、鞄の中身を取り出す。
教科書を机に入れていると、図書委員の渡辺がやってきた。俺の斜め後ろの席のヤツだ。
「おはよう、渡辺。」
「おぉ、草間、おはよう。どうしたんだ?今日は機嫌が良さそうじゃないか?」
「そうか?」
「朝から声掛けてくるなんて珍しい。」
「そうだな…。まぁ、気分は良いな。」
「そういや、前言ってた新刊、今日来るらしいぜ。昼にでも図書館に来いよ。」
「お、それは借りに行かないとな。」
渡辺聡はこのクラスでは比較的仲が良いヤツだ。本好きで趣味も合うから。
でも、普段、俺から話しかけることはほとんど無かった。
なんだ、普通に他愛もない会話ができるじゃないか。

自分から壁作っていたのでは誰も入っては来れないな。
壁を作って自分を守っていたつもりだったけど、案外自分を牢獄に捕らえさせていたようなものだったのかもしれない。
まだ壁を全部取っ払うのは怖いが、少しは門を開けて外の世界と関わりを持とう。
他人が優しくしてくれないと思うのは、きっと自分が他人に優しくないからだ。
突然に変われるものではないが、徐々に変わっていけば良い。

「榎本さん、今日の作業、どういう段取りです?」
放課後、生徒会室で作業に取り掛かる前に聞いてみた。
「ん?草間、珍しいな。」
「あ、いや…、その…。」
しどろもどろになっている俺を尻目に、榎本さんが綾乃を見る。
「…あぁ、なるほど。良い心掛けじゃないか。今日はだな…。」
段取りを一通り話してくれた。俺はどの部分をやるつもりなのか答える。
「では、俺は職員室に行ってパンフの予備の印刷を。
それが終わったら、一旦ここに上がってきてから…多分校庭の手伝いですかね。」
「そうだな…多分校庭が一番手が掛かりそうだしな。じゃあ頼んだぜ。」
榎本さんが俺の肩をパシッと叩いた。そして俺にだけ聞こえるように囁いた。
「次期会長!期待してるぞ?」
「なっ!?」
ちょっと顔が熱い。榎本さんがニヤッと笑った。
よし、頑張るか。この人たちなら俺を支えてくれる。この人たちの期待に応えたい。
入学当初は学校なんて適当で良いと思っていた。友人も要らないし、所詮大学までの通過点、勉強だけ出来れば良いと思っていた。
でも、そうじゃない。やっぱり、学校も楽しいほうが良い。この人たちと一緒なら高校生活をより楽しく出来ると思う。

◇◆◇

半年後。生徒会役員選挙が終わった。
職員室の前で三人、集まっていた。
「おめでとう、草間会長。」
綾乃と榎本さんが笑顔でそう言った。俺もその笑顔に応える。
「ありがとうございます。」
俺の顔を見て、榎本さんが続ける。
「なかなかいい顔するようになったじゃないか。」
「でも榎本君、草間君はね、案外人見知りだから、こんな顔するのは私達の前だけよ。」
「それでもいいじゃないか。最初は俺にも無愛想だったからな。」
「ま、そう思えば成長したのかもしれないわね。」
憎まれ口を叩く綾乃に何か言ってやろうかと思ったけど言葉が出ない。寧ろ笑みが出た。
「…先輩方、これからもよろしくお願いします。俺の元で十分に働いていただきますから!」
「了解、会長。」
「分かりました。その前に、新役員さんたちとも仲良くなってくださいね。会長。」
「…仲良くと言われてもだな…。」
新役員…確か中手川歩と安田晶。同じクラスではないから話したことは無い。
考え込んだ俺を見て綾乃が笑った。榎本さんも笑う。
「そんなに考え込むなって。普通にしてりゃ良いんだよ。
愛想は良い方がもちろん良いが、無理して笑わなくてもいい。」
「そうですね…。同い年だから、先輩達よりは気を遣わなくていいはずですからね。」
「あ、言ったな?」
「そうですよ。気を遣ってるんですからね、俺は。」
「嘘つけ!!!」
笑いながら榎本さんが俺を小突いた。俺も綾乃も笑顔だ。

山中先生がやってきた。新役員を二人連れて。
「おう、お前達。早速集まったな?新役員はこれで全員だな。」
俺たちが並んで先生のほうを向く。
「ほら、自己紹介。」
三人で顔を見合わせた。目で合図。俺から順に自己紹介する。
「…俺は、生徒会長の草間薫だ。会計を半年やってきた。よろしくな。」
「俺は副会長の榎本飛鳥だ。生徒会は既に三期目になる。
会計、総務をやってたから、分からないことがあれば聞いてくれ。」
「総務の結城綾乃です。私も生徒会は三期目なの。よろしくね。」
新役員は俺達を前に少し緊張しているようにも見える。
「会計の中手川歩です。生徒会は初めてなのでご指導のほど、よろしくお願いします。」
「書記の安田晶です。中学でも生徒会で書記をしていました。よろしくお願いします。」
二人とも、俺よりはずっと愛想が良い。
何か言わないと…どんな顔をすればいいのか…。
考えていると、榎本さんが背中を肘で小突いた。
自然と、ふふっと笑みがこぼれた。
「では、このメンバーで半年間、よろしくお願いします。」
俺の一声で皆が「はい」と返事をした。
なんだ上手くやれそうじゃないか。良いチームになりそうだ。


-終-

---------------------------------------------
1.本の虫
<8.自分の居場所
---------------------------------------------
0



2010/12/1  0:18

投稿者:おるん

>紫さん
ありがとうございます。
最後はあっさり。w
青春ですね。やっぱり会長が一番好きなんですよ。^^;

次回作も更新頑張ります!

2010/11/30  18:49

投稿者:紫

なんだか清々しい青春物語ですね。
会長がどんどん好青年になっていくのが素敵♪

綾川先生の悲恋も楽しみにしています。

2010/11/27  15:48

投稿者:おるん

>あやさん
ありがとうございます☆
あわわわっ、私の拙い小説で想像が広がったというのは大変ありがたいです。
次のお話はホントにサラッとなので、物足りないかも知れませんが、楽しんで頂けると嬉しいです。

2010/11/27  10:04

投稿者:あや

ご無沙汰しております。
ウェブカレは放置しがちでしたが
小説だけはしっかり読ませていただいておりました♪

会長さんの心理とか、性格とか
表には出てこない葛藤のようなものとか
興味深く読ませていただきました。
うまく書けなくてすみません!
かおるさんのおかげで
ウェブカレの会長さんのセリフに
重みを感じるようになりましたよー

次は綾川先生の小説とのこと、
超本命なのでw楽しみにしています。

2010/11/27  1:25

投稿者:おるん

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
pixivとmixiでは連載が先に終わっているのですが、
こちらではのんびり公開で。

毎度ながらの行き当たりばったり具合ですみません。^^;

会長は物凄くプライドの高い人で、頭脳明晰・冷静沈着。
表情もほとんど変えないポーカーフェイスという触れ込みだった筈なので、そのあたりを書いてみようかと。

綾川先生のコトは「本音と建前を操る大人」だと思っていて、苦手に思っていますが、
本の紹介を通じて尊敬の念を抱くようになります。
竜士君のコトは「関わりあいたくない面倒な不良」だと思っています。
ただ、尊敬する先生の弟であること、頭脳明晰であること、学校以外で夢中になれることを持っているということで、
彼のコトを認められるようになります。
(桜薫る本編でも、特別仲良しな描写はありません(寧ろ邪険に扱ってるかも)が、仲が悪いわけでもありません。)
生徒会も、元々はほんの好奇心から取引で立候補したのですが、
彼は元々、長男だけあって世話好きなので、基本的には生徒会のようなものが好きなのです。
コミュニケーション能力が高くないことは重々承知なのですが、
これでは良くないと自分で殻を破る決心をしたのです。

あんなに要領よく何でもこなせる人だろうに、
案外、人の気持ちに関するところ(自分の気持ちを表現するところ)については不器用というか。
計算高い人なので、ある程度は予測の下で動いているはずですが。

これからも多少の不器用さ、不安定さを持ちつつも少しずつ成長していく彼。
桜ちゃんと出会って、一気に花開くのであります。

次は綾川先生の悲恋と新しい恋愛を。
といいつつも、薫君ほど思い入れがないのでさらっと終わりますが、乞うご期待!

2010/11/27 小塚彩霧 as 奥崎おるん

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ