雪解け(桜薫る番外編) 5.兄弟

2010/11/17  4:28 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇5.兄弟

「こんばんは。」
「よぉ!司!」
背後に誰かが来て、マスターが呼んだ名前にはっとする。
「おや?意外な人が居ますね。」
「先生!!」
「竜士君と一緒に?」
そう言いながら綾川先生が俺の隣に座り、マスターにビールを頼んだ。
「ええ。たまたまCD屋で出会って、チケットを売りつけられたんです。」
「あぁ、なるほど。それにしても生徒会役員がこんなところに居てはマズいのでは?」
微笑んだ先生の言葉を聞いて、マスターが驚く。
「生徒会!?こりゃびっくりだな。」
「ええ。彼はウチの学校の生徒会の会計さんなんですよ。成績も首席ですからね。」
「えぇ!?」
さらにマスターが驚いている。
「先生、止めてください。そんなもの、ここでは何の役にも立ちませんから。
それに、自分をどうこう言う前に、弟をどうにかした方がいいと思いますが?」
「はは、それはそうですね。一応、今日は先生としてではなく、彼の兄であり、ここの常連客としてやってきただけなので。」
「…。」
「まぁ、竜士君やあなたとここで一緒に居るところを保護者に見られると私が一番マズいでしょうけど。」
「先生も次の日曜のライブに来るんですか?」
「え?そうですね。私もチケットを売りつけられましたから。」
先生はそう言って笑う。
「草間君は誰かと一緒に来るんですか?」
「え?いや…誘う人も居ないし…それに買ったのは一枚だけですから。」
「そうなんですか?じゃあ、私のをあげます。日曜日は他に用事があって無駄になるところだったんですよ。」
先生が長財布からチケットを取り出して俺にくれた。多分、用事というのは嘘だろう。
「じゃあ、ありがたく頂きます。」

しばらく綾川の練習を眺める。ロックは全くわからないが、彼のギターソロはかっこよくて、上手だと思った。
「先生?」
「はい?」
「先生は、綾川に期待していますか?」
「………。そうですね。期待しています。彼は私なんかよりも優秀な人間だと思いますよ。」
「先生よりも?」
「ええ。ああやって悪ぶっていますが、私と比べさせたくないだけなんですよ。兄思いの良い弟です。」
「…。」
まさか。俺にはあなたの真似をしているように見える…とは流石に言えなかった。
でも、先生が言うのだから、そういう意味もあるのかもしれない。
先生と綾川。俺と穂。兄弟というのは少なからずそういうものがあるのかもしれない。
俺だって穂と並べられるのは好きじゃない。きっと穂だって俺と比べられるのは嫌だろう。
だって絶対弟の方が優秀だ。それでも兄貴のメンツもある訳で。
先生はあんなに色んな本を読んでいて優秀で、男の俺から見ても美形。
そんな先生でも弟の方が優秀だと思っている(実際に優秀なのかもしれないが)なんて意外。

残ったコークを飲み干して、ステージの上の綾川を見る。
曲の出だしが気に入らないらしく、同じところを繰り返し練習している。
地道な練習。嫌な顔をしそうなものだが、仲間達と一緒に怒ったり笑ったり、楽しそうだ。
「綾川、学校に居るときよりも活き活きしていますね。」
「そうですね。彼は本当にギターが好きなんですよ。」
「…自分が女だったら、彼を放っておかないかもしれない…。」
思わず口をついて出てしまった。先生が少し驚いた顔をした後、微笑みながら言う。
「おや、草間君がそんなことを言うなんて珍しい。」
「!!!い、今のは忘れてください!」
でも、本当に俺が女だったら、彼に惚れるかもしれない。
学校での彼の態度は良いものだとは思わないし、そうなりたいとも思わない。
が、今ここでギターを弾いている彼には心底仲が良いんだろうと思える仲間がいて、一生懸命ギターを弾いて輝いている。
彼は俺が持っていないものを全て持っているように思えた。
所詮、ないものねだりなのは分かっているが、とても羨ましかった。

意外な事だらけ。それに、自分が他人を羨むなんて事も意外。
今まで自分で頑張ってきて、因果応報というか、そういうものだと納得して生きてきたはずなのに。
なんだか自分のアイデンティティが崩壊しそうで泣きそうだ。
「先生、自分はこれで失礼します。家の者が心配するといけないので。」
「こんな時間ですか…。そうですね、ではまた月曜日に。気をつけて。」
「ありがとうございます。それと、マスター、ご馳走様でした。」
「おう。また日曜に来てくれよ。」
「はい。」
自分でも滅多にしない愛想笑いをして店を出た。

---------------------------------------------
1.本の虫
<4.意外な一面 6.ライブ>
---------------------------------------------
0



2010/11/19  8:38

投稿者:おるん

>紫さん
ありがとうございます。
そうなんですよね。竜士君がないものねだりする回が後でありますw
薫君って案外弱いってのが萌えポイントw
自分と全く違う人を受け入れられるようになるって大人になるんだなって思います。

2010/11/18  19:06

投稿者:紫

竜士と会長って、タイプが正反対なだけに、お互い自分と相手とを比べて、自分にない部分を羨ましく思ったりしそうですよね。
でも、きっとそういうのが青春なんだなぁ〜。www
まだ、自己が確立されていないので、どうしても他人や兄弟が気になってしまう・・・。
そういう微妙な思春期の心の動きがとてもよく表れているなぁ、と思いました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ