桜薫る 29.スキャンダル

2010/9/15  22:32 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内には一部ウェブカレのイベントに近い箇所があります。
 小説内には一部ウェブカレのイベントの内容を引用した箇所があります。(ネタバレ注意)
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇29.スキャンダル


翌日にはクリスマスパーティの一件があっという間に校内に知れ渡る。
あんなにたくさんのカップルが居て、私達がクローズアップされるのも不思議な感じだけど、それはきっと会長ファンの女の子達に見られてしまったからだろう。
私達が付き合っているんだと確信した人たちも居れば、会長の職権乱用、あるいは私の強引なお誘いだったのだと思っている人も居るみたい。

彼と廊下で何か話そうものなら、以前より増して、ひそひそ話をされたり、興味津々で見られたりする。
流石の彼も、自分が撒いた種とはいえ、想定外だったみたい。
「これは…やりにくいな。」
「う、うん…。」
「放課後、人が少なくなるまでは会話しない方が良さそうだな。」
「そうだね。じゃぁ、また放課後に…。」
「あぁ。」

教室に戻るとヒトミとアリサが寄ってきた。
「サクラ、思った以上にすごいことになってない?」
「う、うん。困っちゃって。私はともかく、会長に迷惑が掛からないか心配で。」
「逆、逆!会長はともかく、サクラ、あんたが心配!」
「なんで?」
「会長に食って掛かる人なんてそうそう居ないわよ。それからしたら、サクラの方が攻撃しやすいに決まってるじゃない。特に会長ファンにしてみたら、あんた確実に悪者だよ。」
「えぇぇぇ、そんなぁ。」
怖い顔していうヒトミの言葉。私、これから一体どんな目に遭うんだろ??
と思っていたら、廊下からヒトミが呼ばれる。
「え?あ!新聞部の先輩だ…。ちょっと行ってくる。」
アリサと顔を見合わせて言う。
「もしかして、あの人たちが会長ファンなのかな…?怖い…。」
様子を見ていると、なにやら先輩達は私を見ている。ヒトミは頑張って弁解してくれているみたいだけど。
「あ、こっちに戻ってきたよ。」
ヒトミがこっちに戻ってきて言う。
「ごめん、サクラ…。先輩達が顔貸せって…。」
「うぅ…。」
「一緒に行くから、お願い。」
「うん…。」
しぶしぶ、席から立ち、アリサを置いて、ヒトミについていく。
「アンタが谷本桜?」
二人の先輩のうちの一人が私に話しかけてきた。
「は、はい…。」
「何で呼ばれたか分かってんでしょう?」
「あ、いえ…。」
困る私にヒトミが入ってくれる。
「あの、先輩、サクラはとてもいい子なんですよっ。」
「ヒトミ、アンタ関係ないからあっち行ってていいわよ。」
「あっ、すみません…。」
ヒトミが困っている。
「で、ちょっとついてきてよ。」
「はい…。」


◇◆◇


結局、先輩達についていくことになる。ヒトミは追い払われてしまった。
連れて行かれたのは校舎の端にある階段の踊り場。二階と三階の間だ。
隅に追い詰められた私が恐る恐る聞いてみる。
「なんでしょうか?」
「アンタ、ちょっと調子に乗りすぎじゃない?」
黙る私に先輩達が口々に文句を言う。
「あんた、役員でもないのに生徒会に入り浸りすぎでしょ?」
「そうやって、男を手玉に取るんだよね?」
「無理矢理、会長を誘ったんでしょ?」
えぇぇ、そんな事言われても、手伝えって言ったのは薫君だし、告白してくれたのもそうだし、クリパだって…。そもそも付き合ってるんだから!って素直に言っちゃったらタダじゃ済まないよねぇ。
「すみません。そんなつもりないんです。以後気をつけます。」
謝っとけばオオゴトにならなくて済むはず。
「分かってるんだったら良いよ。会長はみんなの会長なんだから!許せるのは綾乃だけだよね。」
「そうそう。綾乃が会長の彼女なんだよ?幼馴染だし一緒に居る姿が自然でしょ?アンタみたいなぽっと出じゃないのよ!」
「アンタみたいなのが間に割って入って、綾乃、かわいそうだよ。あの子、イイ子だから何にも言わないだろうけど。」
えぇぇ、結城さんは彼女じゃないんだって…。榎本さんとイイ感じなのに。当事者の話聞かないで、よくここまで想像できるなぁ。
「すみませんでした。」
ペコリと頭を下げる。
「分かってりゃいいのよ。次、またやったら、容赦しないから。」
ひえぇぇ、何されるんですか?勘弁して欲しい。
そのまま先輩達は階段を上っていった。とりあえず一難去ったらしい。
薫君、放課後って言ってたけど、当分会わないほうが良いなぁ。


◇◆◇


放課後、彼に会わないようにそそくさと昇降口に向かう。
そしたら、彼が先回りして昇降口で待っていた。
「桜、昼休み、なんか先輩に呼び出されたって?」
彼が心配そうに私を見つめて言う。嬉しいけど、私は気が気でなくて慌てる。
「あ、うん。」
「大丈夫か?」
「うん。全然平気だから。私、しばらくお手伝いに行くの、止めておくね。」
「どうして?」
「ちょっと家も忙しいんだ。ごめんね。」
「…そうか、だったら仕方ないな。気を付けてな。」
「ありがと。じゃあね。」
ホントの理由なんて言える訳もなく。

この、ほんの一分ほどを見られてしまったらしい。

「痛っ…!」
翌朝、学校の机に手を入れると痛みが走った。
手を引き抜くと引っかき傷ができていて、血が滲んでいた。
机の中を覗くと、本の間に針が出るようにコンパスが挟んであった。
なにこれ…。あの人たち?怖すぎるんですけど!!

また何か言いにくるのではないかと思っていたけれど、一向に来ない。
なんだ、そんなものなのかと思っていた。

転校生って良くも悪くも目立つ。
珍しいから最初はみんなチヤホヤしてくれる。早く自分の居場所を作りたくて必死に頑張る。みんなに合わせているうちに自分の言いたいことが言えなくなったり。頑張ってるのに最後は調子良すぎっていじめられたり。
そうだった。久々の転校で忘れてた。
相手が学園一の秀才で生徒会長。一緒に居て目立たない訳がない。
こうやってターゲットになってしまうのは、やっぱり私の性格が悪いからなんだろうなぁ。
こんなことは慣れっこだ。相手にすると面白がるから知らない顔をしていればいい。そのうちほとぼりが冷める。

今日も彼とは話さない。そう決めているのに、彼は私をとても心配しているようだ。
移動教室の時、彼が自然に寄ってきて、私の横を少し離れて歩く。
「谷本、顔色が優れないぞ?」
「ううん、平気だから。じゃあね。」
そそくさと逃げるようにして彼から離れる。

今日はあの人たちは来なかったから大丈夫。そう思って翌日。
今度は机に入れていたコンパクトが机の上にあって、開けてみると鏡が割られていた。
うわ…、ヤバイよ。これ。
顔をひきつらせながら、そのコンパクトをゴミ箱に捨てる。結構気に入ってたのに。
次は何されるんだろう?…しばらく大事なものは持って来れないな。

お願いだから、薫君、今日は来ないで。
理由を言えば、彼はもっと心配するに決まってる。私を構えば構うほど悪循環になる。

願いむなしく、昼休みに彼が教室にやってきた。
私の態度にとうとう痺れを切らしたみたいだ。
「谷本、ちょっといいか。」
「あ、今からちょっと当番で、先生のところにね、行かないと…。ごめんねっ。」
彼の顔を見れない。ごめんなさい。きっと心配してくれてるんだと思う。

彼を避けて三日。それでも一日に一回は顔を合わせて何かしら話している。
家でメールをしているけれど、もちろんこんなことになっているとは言ってない。

彼には絶対言わない。いつも彼に迷惑を掛けてばかり。
彼はいつも頑張っているのに、私が邪魔してしまう。
年末もそうだった…。

冬休みに入る前。
体調がちょっと悪かったけど、いつものように生徒会のお手伝い。
気がまぎれるとマシになるかと思ったのに、思惑は外れていよいよ辛くなってきた。
「ふぅ…。もう、立てない…。」
部屋の隅で崩れるように座り込んだ。
どうしよう。家まで帰れそうにないな…。でも、薫君やみんなに迷惑掛けたくないし、もうちょっと頑張れるといいのに。
額に脂汗。手足がガクガク震える。お腹痛い…。
「谷本、どこだ?」
ガタン。膝をついて机の足にぶつかった。
「おい!」
彼がその音に向かって駆け寄ってくる。
「桜!どうした!?」
「か、薫君。なんでもない…の……。」
「なんでもないことあるか!」
「ちょっとお腹痛くて…生理痛…。」
「バカ!こんなになるまで我慢するな!」
「ごめん…。」
「仕方ない。家まで自転車で送ってやるから、ちょっと待ってろ。」
「薫君、仕事終わってないんでしょう?」
「そうだ、終わってない。でも、この状態の君を置いておけない。」
「そんな…。」
「往復一時間位か、その分残って作業する。他の役員にも説明してくるから、待ってろ。」
「大丈夫。一人で帰れるから。」
「そんな訳無いだろう!まったく手の掛かるヤツだな!」
結局、彼の自転車の荷台に乗って、家まで送ってもらう。
彼はそれ以上私を責めたりしなかった。きっと一人残って仕事を片付けることになったのに。

---------------------------------------------
1.出会い
<28.会長の知り合い 30.深まる誤解>
---------------------------------------------
0



2010/9/20  14:36

投稿者:おるん

>紫さん
ありがとうございます。
そうですよねー。
私は女子校だったし、こういう経験が無いのでどんなものかわかりませんが…。
一応、この二人、放課後の早い時間を避けるようにしていたのですが、一度噂が広まってしまうとどうしようも無いというか。
会長、うまく対処できる(対処したといえるの)でしょうか??^^;

2010/9/20  10:31

投稿者:紫

人気者と付き合うと、こういう「有名税」みたいなのはついて回りますよねぇ。
周りに一度、ちゃんと認めてもらえるようになれば大丈夫なんでしょうけど。
会長がうまく対処してくれることを祈ります。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ