IF 18.自暴自棄

2016/5/5  0:10 | 投稿者: おるん

------------------------------------------------------------
#この物語はフィクションであり、
登場する人物・施設・団体は実在のものとは何ら関係ありません。
------------------------------------------------------------

◆◇◆18.自暴自棄◆◇◆

あっちゃんと別れてから、何もかもが色褪せて見えた。
あれだけ憧れていた吹奏楽にもちっとも身が入らなかったけど、家にいてもあっちゃんのことしか考えないので仕方なく部活に行っていた。

夏休みの間は部員にしか会わないのでよかったけど、新学期が始まると嫌でもクラスメイトのナッコに会わなくてはいけない。

「村ちゃん、久しぶり!元気やった?」
「え?ああ、まあ。」
「津川君と別れたんやって?」
「…クラブ忙しかったからね。」

なにそれ。
さぞかし気分良いでしょうね。
あっちゃんと同じ塾だし、顛末を色々聞いたんでしょう?
あっちゃんがペラペラと喋るとは思わないけど、有る事無い事言われてたら嫌だな…。
やっぱり、ナッコには会いたくなかった。
自分でもどんどん卑屈になって、嫌な性格になるのが分かる。

とりあえず文化祭までは部活の舞台に穴を開ける訳にも行かないので、何とか堪えて学校に来ていた。
けれど、クラスで事あるごとに彼と別れたことを話題にされて参っていた。
ナッコを始め、色んな友達が、彼を紹介してあげると気を遣って言ってくれているけど、私はあっちゃんだけだと思っているし、傷に塩を刷り込まれている気分。

学校、辞めようかな。
でも流石に高校中退は洒落にならないよなあ。

◇◆◇

いよいよ参りに参ってとうとう学校をサボった。
1日くらいサボったって平気。
そう思って、マクドでマフィンを食べていた。

「あれ?むんちゃん、何してるん?」
「ナオ!?何って、そっちこそ。」
「学校がおもんなくて。」
「私も似たようなもんやな。」
「へぇ、津川に怒られるんちゃうん?」
「あー…、ひと月前に別れたんよなー…。」
「そうなん?」
「クラブやりすぎでフラれたわ。ま、そのクラブも辞めてんけどな。」

中学で同じクラスだったナオと久々に再会した。
ナオも学校がつまらないらしく、時々こうやってサボっているようだ。
中学時代もそこそこ派手にしていたが、更に派手になって、同じ高1とは思えない。


クリックすると元のサイズで表示します


コーヒーを持ったナオが私の隣に座り、煙草を取り出して吸い出した。

「おいおい、煙草は止めとけよ。」
「あー、別にええねんって。煙草くらい吸ったってさ、他人に迷惑かからんやろ?自分も吸う?」
「…。」

勧められたマルボロを1本取り出し、吸い込みながら火をつけた。

「ゴホッゴホッ!!ゲホッ。」
「むんちゃん、優等生やなー。吸ったことなかったん?」
「普通吸わんやろ。大体、私、吹奏楽部員やったのに吸えるか。」

煙草臭い匂いに包まれながらも、元々煙草の匂いは嫌いじゃなかった。
なんだか、背徳というか、悪いことをしていることがスリリングで気持ちよく、少し背伸びして大人になった感じがした。

「な、夜ヒマ?」
「まぁ、それなりには。」
「バイトせえへん?」
「何の?」
「ホステス。」
「はぁ!?そんなん、歳バレるやろ?」
「いやいや、認めんかったらいいねんって。客、アホやから色々買ってくれるで?」
「えー…?そんなん、別に買っていらんし…。」
「当然、時給も良いしさ、小遣い稼ぎやと思って行こうや!」
「そやなあ、小遣い稼ぎか…。1日くらい行ってみようかなぁ。」
「そうこんと!ほら、服貸したるから今からウチおいでや!」

別にそんなにお金が欲しいわけでもなかった。
新が知らない大人の世界に少し興味が湧いた。
おそらくこのまま堕落してしまうであろう事が想像できたけど、その背徳の味が魅惑的に思えた。

大人の男と付き合ったりしたら、あわよくば新のことを忘れられるかもと思った。
忘れられなかったとしても、自分からスッパリ諦められるくらい、新に相応しくないくらいドロドロに汚れてしまえばいいと思った。


-続く-

---
1.序章
17.祭りのあと
19.愛人
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ