にこにこボランティアはっぴ〜くらぶ



だれもが支え手、だれもが受け手、
ご近所感覚で日々の生活をお手伝いし合いましょう、と
丘の町、横浜・青葉区のすすき野地区を中心に活動する
ボランティア・グループ。
身近な人たちによる身近な人のためのボランティア。
高齢者やお身体の不自由な方のさまざまなお手伝いに
“ブルーエプロン”が躍ります。



【たとえば、こんなお手伝い…】
1.〔屋内補修〕小規模な塗装、網戸の張り替え、棚吊り、家具の転倒防止、など
2.〔水まわり〕水漏れ点検、蛇口コマ・パッキン・取っ手の交換、など
3.〔電灯まわり〕蛍光灯・グロー・笠の取り換え交換と清掃、など
4.〔屋外補修〕門戸・フェンス等の補修、小規模の塗装、除草、など
5.〔家事一般〕室内の整理整頓、買い物、包丁研ぎ、ゴミや荷物の搬出入、など
6.〔趣味〕囲碁・将棋・麻雀、手料理、生け花、など
7.〔健康促進〕軽スポーツ、散歩、雑談会、歌の会、食べる会、など

どうぞお気軽に下記へご連絡・お問合せください。

世話人代表・名嘉匡安(なか・まさやす)
Tel: (045) 901-9799 Handy: 080-1305-4601
E-mail: m-naka@d09.itscom.net
または、記事カテゴリの「組織体制」で示した各世話人まで


平成20年、市区町村別にみた平均寿命で
この青葉区が全国トップ!(男子) すばらしいことです。
しかしそれは、たくさんの高齢者が住む町ということですね。
広く、層厚く、互いに支え合う力と志が求められます。
安心して暮らせる町を目ざし、その力と志を集めて…。


あなたの周辺の情報、ボランティアの要請、ご意見・ご希望・ご感想など、
どうぞ忌憚(きたん)なく掲示板や「コメント」等にお書きください。



【ボランティアの要請には…】
掲示板からでもけっこうですが、プライバシーを気になさる方は、
メッセージBoxからお入りください。
これですと、掲示板には表示されず、
管理者個人のみに直接送信されますので、ご安心です。


ボランティアの依頼に際しましては、
お名前、電話または別の連絡方法で、
ご住所、依頼内容(簡潔に)
打合せ希望期日、作業・活動希望期日
をお知らせください。担当者から連絡いたします。
できることとできないこともあります。また期日も
ご希望どおりにいかない場合もありますが、
まずはいろいろとご相談ください。
 

【わんだ〜ふるワン・ショット/最近の活動から】

シルバーバザー


横浜シルバープラザ(介護老人保健施設/くろがね町)の恒例行事
「シルバーバザー」。入所者さんが心待ちにしていたバザーで、
5月18日(土)の午後、地下1階ホールと
前庭をフルに使っておこなわれました。
衣装コーナーあり、食器類コーナーあり、雑貨コーナーあり、
バッグ・アクセサリーのコーナー、手づくり品コーナー、
またじゃんけん(無料)コーナー、福袋コーナー、
さらにはコーヒー、緑茶、アイスクリームコーナーありと、
今年も多彩な品々、多彩な企画でバザーが開催されました。
この楽しさを演出し支えたのは、施設の職員さんと
大勢のボランティアさん。わがはっぴ〜くらぶからは22名が協力参加、
“ブルーエプロン”をひるがえし、売り場コーナーに
入所者さんの誘導に、生きいきと活躍しました。


(2015.05.16)



よこはま動物園「ズーラシア」へ。
横浜シルバープラザの
入所者を介助して春の遠足は動物園見物。
すばらしい好天。五月の空はきらきら輝いて…。
ところが、昼食をするころになって、空気が冷え、
急に空は暗くなり、ゴロゴロ、ピカピカも。
大急ぎで出口を目指しました。広いひろい動物園。
結局、見て愉しんだのは四分の一程度か。
駐車場に着くとほとんど同時に、最近経験したことのないものすごい豪雨。
出発を控えバスに乗って待機しているとき、雹がカチカチ、
いやビシビシ、バシバシと車体に打ちかかる。恐ろしい音である。
雹の止むのを待って発車、帰路につく。道路は川のよう。
でもまあ、ご老人たちをほとんど濡らすことなく
シルバープラザまで無事に帰ってこれたのは、幸いでした。(2012.05.10)

 

人はなぜボランティアをするか  ボランティア

「幸せ」の三つのレベル
  ――地域ボランティア講座“Cocolo粋”から

ボランティアって、何? ひとはなぜボランティアをするか―。
くろがね町の特別養護老人ホーム「緑の郷」で開催された地域ボランティア講座“Cocolo粋”に教育ジャーナリストとして活躍される野口桂子先生(星槎大学共生科学部准教授∕はっぴ〜くらぶメンバー)を招いておはなしいただいた。
はい、人はなぜボランティアをするのでしょうか?
さまざまな心理要因の分析がいくつもの事例に沿って語られ、話し合われたが、受講者、運営スタッフを合わせて六十数名の参加者が共有し合ったのは「ボランティアとは、いっしょに歩むこと」 「ともに分かち合うこと」と言えようか。

そして、「幸せには三つのレベルがある」ということ。
一つは、「いただく幸せ」。お誕生日だ、結婚記念日だ、還暦だ、といってひとからプレゼントをもらうときのうれしさ。そのレベルの幸せ。
次は、「できる幸せ」「達成した幸せ」。長年、会いたい、会いたいと思っていた人に会えた…、行きたい、行きたいと思っていたところに、念願かなって行けた…、頑張った甲斐あって競技に勝ちメダルを獲得した…、やっと実績を認められて会社で昇進を果たした、といったレベルの幸せ。
しかし、何といっても、最も質の高いレベルの幸せ、喜びとは「させてもらえる幸せ」「いっしょに分かち合える喜び」「だれかの、何かの役に立てたことの満たされた思い」ではなかろうか。そこがボランティア活動の原点と語られる野口先生。

そう、わたしたちはまさに、その「させていただく幸せ」に動かされて今日も明日もボランティアをつづけることになるのだろう。他者からの評価や、いっさいの利得観念から解放されて自分がもっとも純粋な自分でありたいという思い。だから…。
クリックすると元のサイズで表示します
2009.08.08 ボランティア講座Cocolo粋にて

クリックすると元のサイズで表示します
2011.08.06 <緑の郷・横浜シルバープラザ>大納涼祭にて
140

2015/11/8

けやき祭り2015  ボランティア

 舞い落ちる 枯葉の雨を 浴びながら

けやき祭り2015

すすき野南自治会主催のけやき祭り2015、
今年も好天のなか、行く秋を惜しみつつ、
盛大に行なわれました。餅つき、中学生の吹奏楽演奏、
和太鼓の演奏、南京玉すだれ、などなど
多彩なプログラムが繰り広げられるなか、
はっぴ〜くらぶは、焼きそばコーナーを担当、
長蛇の列のできる人気の味を600食、
一所懸命につくり、食べてもらいました。
コーヒーコーナー、フリーマーケットも併設、
30余人のメンバーの協力を得て
祝祭のひとときを盛り上げました。2015.11.07
クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/5/28

運動会、スタンバイOK!  ボランティア

小学校の運動会、スタンバイOK!

すすき野小学校の運動会は5月23日(土)に。
真夏を思わせる好天に恵まれおこなわれました。
さて、その前日、わたしたちはっぴ〜さん16名は
テント張り、テーブルや椅子並べなどの会場準備のお手伝い。
児童数の減少にともない教職員の数も減り、
しかも男性教諭が少なくなったため、
テント張りなど腕力と人手の要する作業に困難を来たして、
はっぴ〜くらぶのお出ましということに。
児童の父親たちは、準備の金曜は会社づとめがあるし。
ちょっと風もあり、たいへんでしたが。
でも、運動会当日、終了後は、はっぴ〜さんたちに加え、
そのご父兄たちも片付けに多数参加してくれ、パッパと片づきました。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/7/17

はっぴ〜通信No.11  はっぴ〜通信

認知症サポーター、あなたも

ちょっと、気持ちワリ〜っ! なんていわないでくださいよ。
長く働いて来た手です、少々くたびれた手です。
すみません、じつはわたしの手なんですけど。

クリックすると元のサイズで表示します

それより、見えるでしょうか、オレンジリングに
“Ninchisho Supporter”(認知症サポーター)と刻まれた文字。
地域の認知症の人をサポートする人びとの連繫のシンボルです。
家族を愛する、地域を愛するこころとこころをつないでいく
人びとの輪です。

7月16日(水)、くろがね町の特別養護老人ホーム「緑の郷」で
おこなわれた認知症サポーター養成講座では、
この病気について具体的な事例にそって多くを学び、
はっぴ〜くらぶのメンバーからも約10名のサポーターが新しく誕生、
地域に大きなチカラが加わりましたね。
道で出会った徘徊する人にあなたならどう声をかけますか。
そのことひとつをとっても、
わたしたちには捨ておいていいはずはありません。

偶然か、この日の朝刊に厚労省調査で「老々介護、5割超す」
という記事が大きく載っていました。
介護する側・介護される側とも65歳以上の世帯が51.2%、
75歳以上の世帯の場合には29%に達しているとの報告。
「老々介護」「認認介護」はすでによく言われてきて、
ふつうに見る風景となりました。
800万人にもおよぶ認知症高齢者。大介護時代。
ところが介護制度と年金制度は破綻に瀕し、
このほど国は、在宅介護の方向に大きく舵をきりました。
老いの日々を住み馴れた自分の家で…。
表面的にはけっこうのようだが、
家族頼みのこの介護政策への逆戻りによってもたらされる、
家族への負担、サービスの抑制、介護力の弱まりのなかで
病人はどこへつれて行かれるのか…。

身元不明の認知症の徘徊老人があっちにもこっちらも。
昨年(2013年)、行方不明者として警察に捜査願いが出された認知症の人が1万322人。
65歳以上の高齢者で一人暮らしをしている人は、男性が74万2千人、
女性が229万人という数字も出され、
後期高齢者化、単身世帯化、未婚化がどんどん進んでいるという実態。
孤独死の特別性、事件性はなくなり、
町で見るふつうの風景になろうとしています。

認知症サポーターにかぎりません、
家族に、隣人に、もうちょっとずつの思いやりを! 
安心できる住みよい町づくりに、みんなで手をつなぎ合いましょう。
〔記・菅野〕

4

2014/7/13

高齢者のための食育講座  ボランティア

高齢者のための食育講座 2014.07.12

「食」から健康の輝き、命の輝きを生み出そう、と
健康管理士・食育指導士の佐々木静子さんを招いての講座。
きょうは食欲ないな、ソーメンだけでいいや…、など、
とくに夏は、低栄養の粗食におちいりがち。
いえいえ、健康維持のため、認知症予防のため、
高齢者こそしっかりバランスのとれた食事を摂ることが必要。
食は生命なり。食べて身体をつくり、食べて身体を動かし、
食べて調子をととのえる。これが健康に輝く人生の基本。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2014/3/6

昔がたりと火おこし  ボランティア

昔がたりと火おこし

3月6日(木)、嶮山小学校3年生の2クラスの教育サポート。
地域に住むベテランということで、2時限にわたり18名で対応。
昔がたりでは、すすき野第三団地にお住まいの鍋田さんによる、
紙芝居を使った昭和初期、この子どもたちとほぼ同じ
少年時代のおはなし。
モノのない時代、子どもたちが知恵を働かせ
手づくり感覚でどんな工夫をして
生活したか、真似ること・教えられることを通じて
自分の体の感覚で覚えることの大事さと確かさ、
叱られたりじっと耐えたりするなかで強さを身につけていった話など、
なごやかな笑いのなか、たくみな話術で子どもたちに伝えた。

クリックすると元のサイズで表示します

また、火おこし体験。戸外で実施する予定だったが、あいにくこの日は
風が強く、冷たく、室内でおこなうことになり、
起こした火を七輪に移してお餅を焼くおたのしみの計画は、
残念、お流れに。
しかし、全員で「舞いぎり式火おこし」「弓ぎり式火おこし」に挑戦、
なかなか困難な作業だが、子どもたちはたちまちコツを体得、
もくもくたる煙をあげるのに成功、
やった〜、ヤッタ〜! の歓声にわいた。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/11/12

第19回けやき祭り  ボランティア

<第19回けやき祭り>

紅葉したケヤキ並木のトンネルの下で
つぎの季節を迎えるすすき野団地の、秋の名残り祝祭日、
けやき祭り。けやきは今年もみごとに紅葉しました。
曇天、木枯らしを思わせる風には冷たいものがありましたが、
長い長い、赤いトンネルの下、
数千人もの人はイヴェントをホットに楽しみました。
“はっぴ〜くらぶ”は今回も焼きそばコーナーを担当、
この地の名物“はっぴ〜焼きそば”600食は
たちまちのうちに完売となりました。(2013.11.09)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ