おいしい水はウォーターサーバーで  

あなもたまには、「おいしい水を飲みたい!」
と思われたことがあるのではないでしょうか?
水道水をろ過している方でもフィルタをたまに交換する必要がありますし、
何かと面倒くさかったりしますよね?

この問題をあっさり解決してくれるのが、
じつは「ウォーターサーバー」なのです。

ウォーターサーバーはペットボトルと違って、
持ち運ぶ必要がありませんし、浄水器とも違って、
定期的にフィルタを交換する必要もありません。

もちろん、面倒なことがなくなる分、
月額費用というものがかかります。

ただ、ほとんどのウォーターサーバーは、ペットボトルを
購入するよりも割安である場合が大半です。

ですから、毎日ペットボトルを購入している方でしたら、
迷わずウォーターサーバーを検討してみてください。

きっと、良い方向に道が開かれると思いますよ^^
0

ウォーターサーバーの仕組み  

ウォーターサーバーの仕組みはご存じでしょうか?
メーカーにもよりますが、我が家で使用しているウォーターサーバーは、
温度調節ができます。

ウォーターサーバーで温度調節ができる聞いて、
驚かれた方は多いのではないでしょうか。

通常、ウォーターサーバーには冷たい水と熱いお湯の
療法が出るようになっているかと思います。

この「水」と「お湯」のうち、
我が家のウォーターサーバーは、水の温度を調整できる
仕組みとなっているのです。

とはいえ、何度に設定できるとかそういう代物ではありません。
あくまで、デフォルトの設定より、少し冷たくする、
あるいは、少しぬるめにするといったレベルに限定されます。

実際には、ウォーターサーバーの裏にある装置を少しいじるだけで、
自分や家族にとって使いやすい温度に設定できるのです。
0

100円パソコンの注意点  高速モバイル通信

前回は100パソコンと高速モバイルの関係性についてお話しましたが、
今回は100円パソコンの注意点について、取り上げてみたいと思います。

100円パソコンに伴い高速モバイル通信に申し込むときには、
必ず月額料金が発生してきますが、この契約を結ぶ時には必ずと言っていいほど、
2年間の「縛り」というものがでてきます。

つまり、高速モバイル通信に最低でも2年間は料金を払い続けなければならない
というわけです。

ただ、それもそのはず。パソコンを無料で渡して、そのままで終わりというだけでは、
商売にならないからね。

そもそも、100円でパソコンを渡して終わったら、
商売にならないどころか、大赤字になってしまうと思うよ。

ただ、それにしても、単に高速モバイル通信を申し込むよりは、
パソコンが付いてきてくれたほうがうれしいよね。

だから、途中解約を考えている人には、あまりお勧めできないけど、
最低2年間以上は高速モバイルを使うという人には、
是非利用することを一度検討してみていただきたいと思います。
0

100円パソコンと高速モバイル  高速モバイル通信

100円パソコンって聞いたことありますか?

そう、読んで字のごとく、100円でパソコンが買えてしまうんです!

私は、この事実を知った時、本当に驚きでした。
何しろ、私のノートパソコンは7万円程かけて購入していたからです。

もっとも、100円でパソコンが買えるには、それなりの理由があります。
それは、高速モバイル通信の契約を同時に結ばなければならないというものです。

高速モバイル通信契約は一カ月当たり数千円を支払う代わりに、
インターネットにつなぐことができるというサービスです。

この100円パソコンというサービスはこのように高速モバイル通信と
セットに販売されているクロスセル商品なのです。

ですから、高速モバイル通信を検討されている方であれば、
セカンドパソコンとして100円パソコン経由で申し込みを
検討されてもよいのではないでしょうか?

ただ、1点だけ注意すべきことがあります。
それはまた次回にでもお伝えしますね。


クリックすると元のサイズで表示します
0

情報格差を解消する光回線  光プロバイダ

あなたのはマンション選び(賃貸)をするときに、
何を基準に選びますか?

間取り・価格・交通の便、スーパーマーケットの近さ等々、
さまざまだと思います。

ただ、私が調べたところによると、
意外に光回線が引けるかどうかを重要視している方も
多いようです。

最近はインターネットが使えないと、仕事にならないだけでなく、
情報格差の原因にもなってしまいます。

何かを買うにしても、インターネット経由購入したほうが、
安い場合がほとんどですし、何より、不測の事態が起こったときでも、
最新の情報をインターネットからダウンロードすることが
可能だからです。

そう考えるとインターネット回線を引くのでも、
ADSL回線などではなく、スムーズにつなげる
光回線を使用するほうが、より効果を実感できるかと思います。

もし、まだ光回線を利用できる地域に住んでいるにも関わらず、
まだ、光回線を引っ張っていない方いらっしゃいましたら、
まずは、プロバイダ業者に相談してみることから始めてみては
いかがでしょうか?

きっと新しい環境にめぐり合うことができると思いますよ。
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ