【おがこ】こと『小笠原寿(ひとし)』が身の周りのことについて書き綴ります。

2017/11/24

秋田県建築士会大会  

【11月24日(金)】


少し前の話になりますが、11月11日(土)に「第42回一般社団法人 秋田県建築士会大館・北秋田大会」の式典が大館市のホテルクラウンパレス秋北で行われました。

建築士会の会員約100名が全県各地はもとより、隣県からは建築士会青年部の役員、また関係各位の出席で盛大に行われました。

私は自分のスケジュールの都合上、式典のみの参加で、その後のフォーラムや懇親会、翌日行われた優良建物見学会は残念ながら参加できませんでした。

この建築士大会は青年部が中心となって執り行われていたのですが、数年前から、より充実した大会にしようという事で、各支部持ち回りで行われるようになったものです。

ですので42回を数える大会ですが、参加したのは初めてでした。

式典では大館・北秋田建築士会 副会長として「開会のことば」、「閉会のことば」を宣言させていただきました。

ホスト支部として準備を進めて参りましたが、なかなか自分はお手伝いができなく、メンバーに迷惑をかけてしまったことが残念です。

青年部、並びにスタッフの皆さん、お疲れさまでした。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/11/20

松江市(2)  

【11月20日(月)】


朝起きたらびっくり!

一面の雪で真っ白になっていました。

土曜日までに車のタイヤをスタッドレスタイヤに履き替えて良かったです。


さて、松江市の続きを。

松江市は人口の比率に対しておでん屋さんが多い事で有名なのだそう。

一連の会合を終えた後、市内に有志のメンバーで繰り出しました。


そして寄った店が、「おでん庄助」。

大橋川沿いを歩くと、スタンド付きの赤ちょうちんが並んでいました。

聞くところによると、1948年(昭23)創業で、松江市の数多くあるおでん屋の中でも、老舗で人気店だそうです。

2次会なので、「お通し」が出てきた後に、「おでん盛り合わせ」を適当に頼んだら以下の写真のように出てきました。

6人でシェアして食べたのですが、十分な量でした。

お味はと言うと、これが多分「あご出汁」を中心としたつゆが、どの具材にもしみ込んで美味い!

少し甘みが感じられる、ちょうどよい塩加減の出汁が、いろんな具材の旨味をミックスさせて、深みを出しています。

人気店なのがうなずけます。

日本酒の「燗酒」が非常に合うおでんでした。


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

≪おでん盛り合わせ≫



クリックすると元のサイズで表示します

≪アップ写真(1)どれも、出汁がしみ込んでいるのがわかりますね。≫



クリックすると元のサイズで表示します

≪アップ写真(2)真ん中にある竹輪はこの地方では定番のあご(トビウオ)のすり身のちくわ。≫
0

2017/11/17

松江市(1)  

【11月17日(金)】


朝方に雪が降っていました。

明日までにスタッドレスタイヤに履き替えようと思っています。



さて、用事があり島根県松江市に行ってきました。

松江市に行くのは2度目となります。

松江市は「京都」、「金沢」と並び、和菓子の美味しい街として有名なんだそうです。

それは、松江藩主の7代目「松平 治郷(まつだいら はるさと)」が江戸時代の代表的茶人の一人で、号の不昧(ふまい)で知られ、和菓子にも力を入れられたからだそうです。

確かに、松江で食べた和菓子は大変おいしいものばかりでした。

甘いだけではなく、後から別の味が追ってきたりとか、食感が変わったりとか。

なるほどと思うものばかりでした。

街並みも風情が漂い、散策しても心地よい気持ちにさせてくれます。


クリックすると元のサイズで表示します

《松江城(国宝)》



クリックすると元のサイズで表示します

《松江城から市内を見る》



クリックすると元のサイズで表示します

《松江城の隣りにある松江歴史館。ここにある「喫茶きはる」では上生菓子の製造を目の前で見られ、抹茶とセットで食することができます。》



クリックすると元のサイズで表示します

《私はこのようなものを頂きました。美味しかった!》
0

2017/10/30

門前仲町のホルモン屋  

【10月30日(月)】


日にちが増すごとに寒くなってきました。

熱燗が恋しい季節となりました。


さて、ブログの更新が遅くなってしまったのですが、前回書いた続きを。

東京に用事があり、新潟経由で行ってきた話しを書きましたが、その東京では門前仲町のホテルに泊まりました。

一人呑みをするのに、どこがいいかと悩んだのですが。


結局、好きなホルモンが食べれる店ということで選んだのが、門前仲町にある「門前仲町の串屋横丁」。

ここの店は、自社で育てた豚を「自社工場」で加工し、「自社保冷車」で毎日全店に配送、一番安くて、一番新鮮で、一番美味しい串をお届けすることをモットーに運営されているとの事。(店舗情報より)

都内を中心に数多くあるチェーン店みたいです。

このような「うたい文句」なら、是非とも食べてみようじゃありませんか!

日曜日の午後6時ぐらいに伺ったのですが、100席ほどある店内は超満員!!

一人だったので、なんとかカウンターに座れました。(ほっ)


それで、食べてみたのが、

@煮込み(玉子入り)464円(税込、以下同様)

Aこぶくろ 108円

Bレバー 108円

Cしろ 108円

Dもつ焼きのなんか(忘れてしまいました・・・)

Dスーパーホルモンロール 129円

これらに、お通し(生キャベツ 194円)が付いて、

生ビール2杯と黒ホッピー1杯+中(焼酎)2杯でしめて、3千円ちょっとでした。


や、安い!

スーパーホルモンロールは特に美味しく、食べ応えあり!

これでメニュー表によれば、1本あたり100gもあるそうです。

安くて美味ければ、やはり繁盛するのもうなずけます。

来店した後も立ち代わり、入れ替わりで店舗内はぎっしりでした。

このような店が地元にもあればと思った次第です。



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

《写真ではわかりずらいですが、かなり大きいです。(煮込みと比べてもらえばわかるかな?)》
0

2017/10/11

新潟で  

【10月11日(水)】


会社の事務所がかなり寒くなってきました。そろそろ暖房を入れなければならないかも。


さて、先週東京に用事があり、経費削減の為新潟経由で行ってきました。

なぜなら、10月7日(土)から9日(月)は3連休になる方が多く、東京のホテルは普段の相場よりも高く、また航空運賃も高い為、それだったら新潟で1箔して東京に新幹線で向かった方が安いと判ったからです。

鷹ノ巣駅から秋田までは快速電車で、秋田から新潟までは特急「いなほ」の自由席特急券で向かいました。

そして、せっかくですので地元のものを食べようと寄ったのが、駅前にある【政家(まつりや)】。

ここはB級グルメである「タレかつ丼」の有名なお店です。

「タレかつ」とは普通のかつ丼と違い、卵とじが無く、タレにかつをくぐらせてご飯に上げてあるシンプルな丼です。

「ソースかつ丼」みたいにキャベツもかつの下に敷いていません。

でも、これが美味いんです!

タレはうな丼のタレをサラッとした感じで「甘じょっぱく」肉厚の薄いカツとご飯によくからみ、食欲をそそります。

写真には写っていませんが、私が食べたコースには半熟卵が付いていましたので、最初はそのまま食べて、後から半熟卵をかけて食べれたので2度違う味を楽しむことができました。

新潟に行く機会があればぜひ食べてみてください。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/16

来て下さい!  

【9月16日(土)】


なんか台風の動きが心配になってきました。

何事も無ければいいのですが。


さて、本日16日に「タカラ大館ショールーム」において、

地元工務店4社による【水廻りリフォーム・新築相談会】を行います。

ご家族、お友達と一緒に是非ご来場ください。

1日限りの相談会ですが宜しくお願いします。

『小笠原工務店のチラシ(案内)を見てきたんだけれど?』と言ってもらえれば、

見学だけでもご来場記念として、

《味どうらくの里500ml》をプレゼントいたします!

是非お越しください。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/4

研修旅行  

【9月4日(月)】


朝晩はすっかり冷え込むようになりました。

体調管理には充分気を付けましょう。


さて、今月の頭の9月2日(土)、3日(日)に鷹巣建設技能組合の研修旅行を大阪・神戸の資料館見学を中心に行いました。

参加者は組合員、その奥様方などで30名の参加人数となりました。

日程の都合上、地元の大館能代空港は断念し、貸切バス移動で青森空港から大阪に向かいました。

見学箇所は1日目は「大阪くらしの今昔館」、「住吉大社」。

「大阪くらしの今昔館」は《くらし》をテーマにした全国で初めてのミュージアムで江戸時代から近代にかけての生活の仕方を復元・再生しています。

けっして大きいミュージアムではありませんが、外国人の方が多く訪れていて、原寸大に再生された江戸時代の街並みを、着物に着替えて散策されていたのが印象的でした。


住吉大社は全国約2300社余りある住吉神社の総本社。

この日は「はったつさん」の日。

初辰とは、毎月最初の辰の日のことです。

この日に参拝すれば、より一層力を与えて守り助けてもらえると信仰されています。

3時過ぎの参拝でしたので込み合う程の人ではありませんが、それでも多くの人がいました。

この住吉大社の御本殿は「住吉造」といわれており、神社建築史上最古の特殊な様式で国宝に指定されています。

建築に携わるものとしては興味深いものです。


そして、研修2日目は「竹中大工道具記念館」と「白鶴酒造資料館」を見学。

今回の研修のメインとなった「竹中大工道具記念館」。

こちらは名前からも分かる通り、竹中工務店が運営する日本で唯一の大工道具を展示している博物館です。

昔の匠の技と心を伝える様々な展覧会や講演会、セミナー、体験教室などを行っています。



クリックすると元のサイズで表示します

《この展示物は昔の棟梁が一人で所有していた大工道具》

製材から仕上げまで行う為にはこのくらいの種類が必要とされていた、との説明には驚かされました。



クリックすると元のサイズで表示します

《原寸図とその部材》



クリックすると元のサイズで表示します

《茶室の原寸と使用材料の説明》



クリックすると元のサイズで表示します

《木工教室の様子》

日曜日という事もあって、朝早くから親子連れで木工教室に多くの人が参加されてました。

北秋田市も林業をもっと盛んにするためにも、このような担い手育成に繋がる施設があっても良いと思われます。


そしてその後の「白鶴酒造資料館」も創業時の第一工場を資料館に使用していますので、歴史ある文化財的な建築物です。

もちろん、日本酒の試飲も楽しみの一つでありましたが。

このように普通の観光とは違い、建築をテーマとした特化的な研修でありましたが、ご一緒された奥様たちからも「良かった」との話が出ましたので一安心でした。

組合員の知識向上と親睦を深めた意義ある研修旅行となったことをご報告致します。
0

2017/7/3

視察研修(2)  

【7月3日(月)】

能代市役所の視察研修の続きです。

新しい庁舎だけではなく、昔の「議場」を市民ホールとして利活用されていることは大いに評価できるものです。


クリックすると元のサイズで表示します


新庁舎の玄関前の組子(建具型)。

このような作品は今ではなかなか見ることができません。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



新庁舎は地中熱を利用して冷暖房を行っています。

このことによって冷暖房費を低く抑えることが可能となります。

パネルで利用状況が解るのは良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します


このように最新の技術と古き良きものを融合させた能代市役所。

市民の方々に愛される建物になると思われます。
0

2017/7/3

視察研修(1)  

【7月3日(月)】


少し前になりますが、6月の下旬に「北秋田地区建築設計者協会」の視察研修会があり、新しくなった能代市役所を研修場所として訪れました。

ふんだんに、至る所に木を使用しており、見た目と香りで気持ちを穏やかにしてくれます。


下の写真は2階から吹き抜けを通して写したホールの様子です。

クリックすると元のサイズで表示します


1階から写したホールの様子。

クリックすると元のサイズで表示します


2階の児童福祉課(?)の前の子供のあそび場。

クリックすると元のサイズで表示します


議場も定例会が終了してましたので見学可能でした。

クリックすると元のサイズで表示します

視察研修(2)へ続きます。
0

2017/5/1

秋田県木造住宅耐震診断技術者登録  

【5月1日(月)】


ここ数日でやっと暖かく感じられるようになってきました。

それに合わせて「花粉症」の症状も無くなってきました。


さて、北秋田市では今年も「住宅リフォーム支援事業」を行われていますが、その他に木造住宅への耐震診断士の派遣、耐震改修計画・耐震改修工事への補助金の交付を実施していていることをご存知でしょうか。

耐震改修計画に要する費用の9/10 (上限20万円)、耐震改修に要する費用の1/2 (上限30万円)を助成しています。

そして、要請があれば北秋田市から木造住宅の耐震診断を希望する方に耐震診断士を派遣するようになっています。

その耐震診断士は「秋田県木造住宅耐震診断技術者登録」をされた方でなければなりません。

今回「秋田県建築士会」からの要請もあり、私も登録を済ませました。

もし、要望があった場合は「北秋田市建設部都市計画課都市計画住宅係」までご連絡をお願いします。


安心・安全で暮らせる住宅はまずは「耐震診断」から!!


【流れ】

@《耐震診断(自己負担1万円)》

     ↓ 

A《耐震改修計画(費用の9/10 (上限20万円))》 

     ↓

B《耐震改修(耐震改修に要する費用の1/2 (上限30万円))》



耐震診断支援事業概要パンフレット


耐震改修計画・耐震改修工事補助事業概要パンフレット
0

2017/4/25

見頃になりました。  

【4月25日(火)】


昨日、今日と良い天気が続いています。

天気予報を見ても「花粉予報」が「非常に多い」、「多い」から「やや多い」に変わってきました。

過ごしやすい時期になってきました。

さて、その天気の良い昨日に秋田に用事があり、その帰りに立ち寄ったのが、大潟村の「菜の花・桜ロード」。

ちょうど見頃になっていました。

ピンクとイエローのコントラストがとてもきれいです。

私と同じように、車を止めて写真を撮る人があちこちにいました。

事故に遭わないように十分気を付けましょう。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/4/6

函館名物  

【4月6日(木)】


北秋田市も花粉症が本格的になってきました。

東京に行った時からかかってしまったので、今年は長く付き合っている感じがします。

さて、花粉症を避けるためではありませんが、昨日まで仕事で函館に行ってきました。


昨日のフェリーの中で昼食を取ったわけですが、そこで食べたのは函館名物【やきとり弁当】。

函館の地元コンビニ「ハセガワストア」で販売している弁当です。

函館の駅前には「ハセガワストア」がなかったので購入は今まで難しかったのですが、2年ほど前に駅前にある「棒二デパート」の地下飲食売り場の一角に、この「やきとり弁当」を販売するブースがオープンしたのです。

よって、新幹線やフェリー乗り場のシャトルバスに乗り込む前に購入可能となりました。

嬉しい限りです!


クリックすると元のサイズで表示します

弁当のふたを開けると、



クリックすると元のサイズで表示します

「のり弁」のように海苔の上にやきとりが上がっています。

でもよく見てください、お肉が「焼き鳥」ではなく、「豚肉」なんですね。

北海道では多くの地方で「やきとり」と称し、「豚肉」を使っています。

室蘭でもそうですね。

ハセガワストアでも「鶏肉」を使用した「焼き鳥弁当」もあります。

しかし、好んで食べているのはこの豚肉を使用した「やきとり弁当」なんです。

一度、食べてみてください!
0

2017/3/27

春らしくなってきましたが。  

【3月27日(月)】


3月は末娘の大学の卒業式、引越しなどで慌ただしく過ごしているうちにあっという間に月末を迎えてしまいました。

その卒業式や引越しなどで、東京・仙台と移動しているうちに、なってしまいました花粉症に。

例年だとこれからなんですが、早く飛散する地域に行ってしまったもんですから、それは大変なことに。

しかも大きな原因は以下の場所に行ってしまったからなのです。



クリックすると元のサイズで表示します

ここはどこかおわかりでしょうか?




クリックすると元のサイズで表示します

これでもわかりませんか?




クリックすると元のサイズで表示します

これで、おわかりでしょう。



そう、末娘の引越しの為、東京に車で行ってたので、帰りにせっかくなのでかみさんと【日光東照宮】へ立ち寄ったのです。

東照宮へ立ち寄ったのは良いのですが、私の身体に異変が。

急に鼻水が垂れてくるわ、目が痒くなるわ、くしゃみが止まらなくなるわ。

そう花粉症にかかってしまいました。

考えてみれば、このような神社・仏閣の周りにはスギ林が多くあることを忘れていました。



クリックすると元のサイズで表示します




今年は、この日から花粉症と付き合うことになってしまいました。

秋田のピークはこれからなので、あとしばらくは我慢しなければ。
 
0

2017/2/21

木造カーポート  

【2月21日(火)】


昨日はまとまった雪が降りました。

今朝はどこの家庭でも門口排雪を行っていました。

朝方には雪も固くなっていたので大変だったのではないでしょうか。


さて、今回は木造カーポートの話を。

どこでも見かける「アルミ製カーポート」ですが、今は基準が厳しくなり設置しようとすると「確認申請」、「完了検査」が必要になりました。

また、その関係により積雪荷重も一般の建築物と同様に設計しなければならず、(鷹巣町内では150cm)安価なカーポートは設置できません。

それに加えて、アルミ製カーポートは横揺れなどに対しての剛性が弱く、雪が多い時には非常に不安定になることがあります。


この度、それだったら木製でカーポートを製作してみようじゃないかと、カーポートのご依頼があったお客様に了解をもらい、設計・施工を行いました。

これが下の写真です。

いかがでしょうか、立派に出来たと思いませんか。


クリックすると元のサイズで表示します

天井材を貼る前の写真です。剛性を高めるために金物もしっかり入っています。

クリックすると元のサイズで表示します


足元は特注のステンレス製の柱脚金物で耐久性を高めています。

クリックすると元のサイズで表示します

製作料金はアルミ製カーポートよりは若干高めとなりますが、既製品でないので敷地形状に合わせて対応ができますし、母屋(住まい)とコーディネートもでき、また長く使えると思いますのでお得感はあるのではないでしょうか。

興味のある方はご連絡をお待ち申し上げます。
0

2017/2/3

BIS(断熱技術施工者)  

【2月3日(金)】


あっという間に2月になってしまいました。

今日は節分。豆撒きは皆さんしますか?

我が家は2人きりですけど毎年行います。


さて、2月1日に札幌市でBIS(断熱施工技術者)の資格更新研修がありました。

このBISは約20年前に、北方型住宅で必然とされる、高断熱高気密住宅の普及を図るときに技術指導が大切であるとの認識のもと、北海道建築技術協会が中心となり、資格制度を設けたものです。

資格更新研修は3年に1度あり、その都度北海道に行って研修を受けてきました。

研修内容は更新ごとに変わってきており、前回はリフォームでの高気密・高断熱化。

今回は、高気密・高断熱で大切な換気設備などのメンテナンス、機械交換の大切さなどが講習で印象深かったです。


クリックすると元のサイズで表示します

高気密・高断熱の普及が進み、省エネ住宅は着実に増えています。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

分かりにくいですけど、左のグラフでは暖房の熱源の割合を示しています。
北海道では電気(赤)とガス(黄)が大半です。灯油(紫)が数%しかないのは驚きです!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ