【おがこ】こと『小笠原寿(ひとし)』が身の周りのことについて書き綴ります。

2017/9/16

来て下さい!  

【9月16日(土)】


なんか台風の動きが心配になってきました。

何事も無ければいいのですが。


さて、本日16日に「タカラ大館ショールーム」において、

地元工務店4社による【水廻りリフォーム・新築相談会】を行います。

ご家族、お友達と一緒に是非ご来場ください。

1日限りの相談会ですが宜しくお願いします。

『小笠原工務店のチラシ(案内)を見てきたんだけれど?』と言ってもらえれば、

見学だけでもご来場記念として、

《味どうらくの里500ml》をプレゼントいたします!

是非お越しください。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/4

研修旅行  

【9月4日(月)】


朝晩はすっかり冷え込むようになりました。

体調管理には充分気を付けましょう。


さて、今月の頭の9月2日(土)、3日(日)に鷹巣建設技能組合の研修旅行を大阪・神戸の資料館見学を中心に行いました。

参加者は組合員、その奥様方などで30名の参加人数となりました。

日程の都合上、地元の大館能代空港は断念し、貸切バス移動で青森空港から大阪に向かいました。

見学箇所は1日目は「大阪くらしの今昔館」、「住吉大社」。

「大阪くらしの今昔館」は《くらし》をテーマにした全国で初めてのミュージアムで江戸時代から近代にかけての生活の仕方を復元・再生しています。

けっして大きいミュージアムではありませんが、外国人の方が多く訪れていて、原寸大に再生された江戸時代の街並みを、着物に着替えて散策されていたのが印象的でした。


住吉大社は全国約2300社余りある住吉神社の総本社。

この日は「はったつさん」の日。

初辰とは、毎月最初の辰の日のことです。

この日に参拝すれば、より一層力を与えて守り助けてもらえると信仰されています。

3時過ぎの参拝でしたので込み合う程の人ではありませんが、それでも多くの人がいました。

この住吉大社の御本殿は「住吉造」といわれており、神社建築史上最古の特殊な様式で国宝に指定されています。

建築に携わるものとしては興味深いものです。


そして、研修2日目は「竹中大工道具記念館」と「白鶴酒造資料館」を見学。

今回の研修のメインとなった「竹中大工道具記念館」。

こちらは名前からも分かる通り、竹中工務店が運営する日本で唯一の大工道具を展示している博物館です。

昔の匠の技と心を伝える様々な展覧会や講演会、セミナー、体験教室などを行っています。



クリックすると元のサイズで表示します

《この展示物は昔の棟梁が一人で所有していた大工道具》

製材から仕上げまで行う為にはこのくらいの種類が必要とされていた、との説明には驚かされました。



クリックすると元のサイズで表示します

《原寸図とその部材》



クリックすると元のサイズで表示します

《茶室の原寸と使用材料の説明》



クリックすると元のサイズで表示します

《木工教室の様子》

日曜日という事もあって、朝早くから親子連れで木工教室に多くの人が参加されてました。

北秋田市も林業をもっと盛んにするためにも、このような担い手育成に繋がる施設があっても良いと思われます。


そしてその後の「白鶴酒造資料館」も創業時の第一工場を資料館に使用していますので、歴史ある文化財的な建築物です。

もちろん、日本酒の試飲も楽しみの一つでありましたが。

このように普通の観光とは違い、建築をテーマとした特化的な研修でありましたが、ご一緒された奥様たちからも「良かった」との話が出ましたので一安心でした。

組合員の知識向上と親睦を深めた意義ある研修旅行となったことをご報告致します。
0

2017/7/3

視察研修(2)  

【7月3日(月)】

能代市役所の視察研修の続きです。

新しい庁舎だけではなく、昔の「議場」を市民ホールとして利活用されていることは大いに評価できるものです。


クリックすると元のサイズで表示します


新庁舎の玄関前の組子(建具型)。

このような作品は今ではなかなか見ることができません。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



新庁舎は地中熱を利用して冷暖房を行っています。

このことによって冷暖房費を低く抑えることが可能となります。

パネルで利用状況が解るのは良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します


このように最新の技術と古き良きものを融合させた能代市役所。

市民の方々に愛される建物になると思われます。
0

2017/7/3

視察研修(1)  

【7月3日(月)】


少し前になりますが、6月の下旬に「北秋田地区建築設計者協会」の視察研修会があり、新しくなった能代市役所を研修場所として訪れました。

ふんだんに、至る所に木を使用しており、見た目と香りで気持ちを穏やかにしてくれます。


下の写真は2階から吹き抜けを通して写したホールの様子です。

クリックすると元のサイズで表示します


1階から写したホールの様子。

クリックすると元のサイズで表示します


2階の児童福祉課(?)の前の子供のあそび場。

クリックすると元のサイズで表示します


議場も定例会が終了してましたので見学可能でした。

クリックすると元のサイズで表示します

視察研修(2)へ続きます。
0

2017/5/1

秋田県木造住宅耐震診断技術者登録  

【5月1日(月)】


ここ数日でやっと暖かく感じられるようになってきました。

それに合わせて「花粉症」の症状も無くなってきました。


さて、北秋田市では今年も「住宅リフォーム支援事業」を行われていますが、その他に木造住宅への耐震診断士の派遣、耐震改修計画・耐震改修工事への補助金の交付を実施していていることをご存知でしょうか。

耐震改修計画に要する費用の9/10 (上限20万円)、耐震改修に要する費用の1/2 (上限30万円)を助成しています。

そして、要請があれば北秋田市から木造住宅の耐震診断を希望する方に耐震診断士を派遣するようになっています。

その耐震診断士は「秋田県木造住宅耐震診断技術者登録」をされた方でなければなりません。

今回「秋田県建築士会」からの要請もあり、私も登録を済ませました。

もし、要望があった場合は「北秋田市建設部都市計画課都市計画住宅係」までご連絡をお願いします。


安心・安全で暮らせる住宅はまずは「耐震診断」から!!


【流れ】

@《耐震診断(自己負担1万円)》

     ↓ 

A《耐震改修計画(費用の9/10 (上限20万円))》 

     ↓

B《耐震改修(耐震改修に要する費用の1/2 (上限30万円))》



耐震診断支援事業概要パンフレット


耐震改修計画・耐震改修工事補助事業概要パンフレット
0

2017/4/25

見頃になりました。  

【4月25日(火)】


昨日、今日と良い天気が続いています。

天気予報を見ても「花粉予報」が「非常に多い」、「多い」から「やや多い」に変わってきました。

過ごしやすい時期になってきました。

さて、その天気の良い昨日に秋田に用事があり、その帰りに立ち寄ったのが、大潟村の「菜の花・桜ロード」。

ちょうど見頃になっていました。

ピンクとイエローのコントラストがとてもきれいです。

私と同じように、車を止めて写真を撮る人があちこちにいました。

事故に遭わないように十分気を付けましょう。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/4/6

函館名物  

【4月6日(木)】


北秋田市も花粉症が本格的になってきました。

東京に行った時からかかってしまったので、今年は長く付き合っている感じがします。

さて、花粉症を避けるためではありませんが、昨日まで仕事で函館に行ってきました。


昨日のフェリーの中で昼食を取ったわけですが、そこで食べたのは函館名物【やきとり弁当】。

函館の地元コンビニ「ハセガワストア」で販売している弁当です。

函館の駅前には「ハセガワストア」がなかったので購入は今まで難しかったのですが、2年ほど前に駅前にある「棒二デパート」の地下飲食売り場の一角に、この「やきとり弁当」を販売するブースがオープンしたのです。

よって、新幹線やフェリー乗り場のシャトルバスに乗り込む前に購入可能となりました。

嬉しい限りです!


クリックすると元のサイズで表示します

弁当のふたを開けると、



クリックすると元のサイズで表示します

「のり弁」のように海苔の上にやきとりが上がっています。

でもよく見てください、お肉が「焼き鳥」ではなく、「豚肉」なんですね。

北海道では多くの地方で「やきとり」と称し、「豚肉」を使っています。

室蘭でもそうですね。

ハセガワストアでも「鶏肉」を使用した「焼き鳥弁当」もあります。

しかし、好んで食べているのはこの豚肉を使用した「やきとり弁当」なんです。

一度、食べてみてください!
0

2017/3/27

春らしくなってきましたが。  

【3月27日(月)】


3月は末娘の大学の卒業式、引越しなどで慌ただしく過ごしているうちにあっという間に月末を迎えてしまいました。

その卒業式や引越しなどで、東京・仙台と移動しているうちに、なってしまいました花粉症に。

例年だとこれからなんですが、早く飛散する地域に行ってしまったもんですから、それは大変なことに。

しかも大きな原因は以下の場所に行ってしまったからなのです。



クリックすると元のサイズで表示します

ここはどこかおわかりでしょうか?




クリックすると元のサイズで表示します

これでもわかりませんか?




クリックすると元のサイズで表示します

これで、おわかりでしょう。



そう、末娘の引越しの為、東京に車で行ってたので、帰りにせっかくなのでかみさんと【日光東照宮】へ立ち寄ったのです。

東照宮へ立ち寄ったのは良いのですが、私の身体に異変が。

急に鼻水が垂れてくるわ、目が痒くなるわ、くしゃみが止まらなくなるわ。

そう花粉症にかかってしまいました。

考えてみれば、このような神社・仏閣の周りにはスギ林が多くあることを忘れていました。



クリックすると元のサイズで表示します




今年は、この日から花粉症と付き合うことになってしまいました。

秋田のピークはこれからなので、あとしばらくは我慢しなければ。
 
0

2017/2/21

木造カーポート  

【2月21日(火)】


昨日はまとまった雪が降りました。

今朝はどこの家庭でも門口排雪を行っていました。

朝方には雪も固くなっていたので大変だったのではないでしょうか。


さて、今回は木造カーポートの話を。

どこでも見かける「アルミ製カーポート」ですが、今は基準が厳しくなり設置しようとすると「確認申請」、「完了検査」が必要になりました。

また、その関係により積雪荷重も一般の建築物と同様に設計しなければならず、(鷹巣町内では150cm)安価なカーポートは設置できません。

それに加えて、アルミ製カーポートは横揺れなどに対しての剛性が弱く、雪が多い時には非常に不安定になることがあります。


この度、それだったら木製でカーポートを製作してみようじゃないかと、カーポートのご依頼があったお客様に了解をもらい、設計・施工を行いました。

これが下の写真です。

いかがでしょうか、立派に出来たと思いませんか。


クリックすると元のサイズで表示します

天井材を貼る前の写真です。剛性を高めるために金物もしっかり入っています。

クリックすると元のサイズで表示します


足元は特注のステンレス製の柱脚金物で耐久性を高めています。

クリックすると元のサイズで表示します

製作料金はアルミ製カーポートよりは若干高めとなりますが、既製品でないので敷地形状に合わせて対応ができますし、母屋(住まい)とコーディネートもでき、また長く使えると思いますのでお得感はあるのではないでしょうか。

興味のある方はご連絡をお待ち申し上げます。
0

2017/2/3

BIS(断熱技術施工者)  

【2月3日(金)】


あっという間に2月になってしまいました。

今日は節分。豆撒きは皆さんしますか?

我が家は2人きりですけど毎年行います。


さて、2月1日に札幌市でBIS(断熱施工技術者)の資格更新研修がありました。

このBISは約20年前に、北方型住宅で必然とされる、高断熱高気密住宅の普及を図るときに技術指導が大切であるとの認識のもと、北海道建築技術協会が中心となり、資格制度を設けたものです。

資格更新研修は3年に1度あり、その都度北海道に行って研修を受けてきました。

研修内容は更新ごとに変わってきており、前回はリフォームでの高気密・高断熱化。

今回は、高気密・高断熱で大切な換気設備などのメンテナンス、機械交換の大切さなどが講習で印象深かったです。


クリックすると元のサイズで表示します

高気密・高断熱の普及が進み、省エネ住宅は着実に増えています。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

分かりにくいですけど、左のグラフでは暖房の熱源の割合を示しています。
北海道では電気(赤)とガス(黄)が大半です。灯油(紫)が数%しかないのは驚きです!
0

2016/12/30

リノベーション  

【12月30日(金)】


今日もちらほらと雪が降るものの日差しがあり良い天気です。

外構工事で今年最後のコンクリート打設も順調に進みそうです。


さて、前回古い趣のある宿に泊まった話をしましたが、住宅もリノベーション(修復・再生)が流行ってきています。(ハウスメーカーも『○○そっくりさん』などとうたっていますが)

今年はその大掛かりなリノベーションを行いました。

まずは下の写真を。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そしてこれを、

クリックすると元のサイズで表示します

断熱化をはかり、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じになりました。

中も立派になったのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。
(残念!)

全く外観、内部とも新築と変わりません。

柱・梁補強をはかり、基礎連結金物で耐震にも優れたものとなりました。


いかがでしょうか、もしご用命がありましたらご連絡下さい。

只今年末年始休暇に入っており、仕事始めは1月6日(金)からとなります。

よろしくお願い致します。
0

2016/12/8

古き良きもの  

【12月8日(木)】


ここ数日は朝方にちらほらと雪が降るものの、日中は日差しが強く12月の天気とは思えない日が続いています。

おかげで現場の外仕事がはかどっています。

さて、先月に家内と息子夫婦とで、宮城県白石市にある「鎌先温泉」に行ってきました。

宿泊した温泉宿の本館は大正時代に建てられた、登録有形文化財の木造4階建て。

ここで、食事をとることができました。(それぞれが個室になっています。)

あらためて古いもの、歴史あるものを守り続けることに価値が出てくるものと感じました。

創業600年の旅籠はサービスや食事も素敵なものでした。


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します

近くの温泉旅館。ここもなかなか風情を醸し出していました。
(鎌先温泉はどこも古い温泉宿ですが・・・)


クリックすると元のサイズで表示します

鎌崎温泉で宿泊宿以外でも使用できる『湯めぐり手形』。

最大3か所入ることが出来ます。
0

2016/11/27

省エネ講習会  

【11月27日(日)】



11月の後半からはなかなか良い天気になってくれません。

1日天気が良ければ、その後3日ぐらいは悪い天気が続くといった感じで。

外仕事が思うように進みません。

困ったものです。


さて、昨日の26日(土)に秋田市で講習会がありました。

一般社団法人、住宅生産団体連合会主催の「建築物省エネ法に関する講演会」。

建築物省エネ法の施工に伴い、断熱材などの使用方法が2020年から改正されるために、今から改正基準を把握してもらおうと全国各地で国交省主導のもと開催されているものです。

アメリカのトランプ氏が登場し、省エネのあり方がどう変わっていくかわからなくなってきましたが、環境保全の考え方は恒久的であると考えます。

2020年に合わせ、対策・対応をしっかり考えていかなければならないと考えています。


クリックすると元のサイズで表示します

国交省ホームページ(省エネ法関連)
0

2016/10/12

観光地  

【10月12日(水)】

めっきり涼しくなりました。(寒いくらいかも)

そろそろストーブをつけなきゃならないかなと感じるこの頃です。


さて、先週の8日(土)からの三連休に用事があり、東京に行ってきました。

三連休の間は航空運賃がパックでも単独でも高いこともあり、JRで行くことに。

JRの「三連休パス(14,050円、JR東日本管内三日間乗り降り自由)」を購入したので、せっかくなので家内と二人で出かけ、ちょっと足を運ぼうと小旅行を計画。

そして、中日の9日に東京での用事を夕方前までに済ませ、事前予約で温泉民宿を手配していた箱根に向かいました。

箱根は初めて訪れます。

「三連休パス」はJR東日本管内は使用できるので、小田原も東海道線であれば大丈夫なのですが、時間の都合上、行きは東海道新幹線(別途運賃・新幹線料金)で。(帰りはもちろん東海道線を使いました。)

小田原で小田急の「箱根フリーパスチケット(箱根登山鉄道・バス、箱根ケーブルカー、ロープウェイ、海賊船乗り放題)」を購入。(2日間タイプで4,000円)

箱根登山鉄道、箱根ケーブルカーを利用して初日(9日)は宿泊先の強羅温泉の温泉民宿にたどり着きました。


翌日10日は朝食を済ませ、箱根登山バスを乗り継ぎ、元箱根で降りて「箱根神社」でお詣りです。

お詣りをした後は、徒歩で元箱根港まで行き、芦ノ湖海賊船に乗って桃源台港まで。

少し早かったのですが、近くのレストランで食事をし、桃源台からロープウェイで大涌谷まで行き、途中下車します。

途中下車の理由はもちろん、「黒たまご」を食べるためです。

ロープウェイを降りた途端、硫黄の臭いが充満しています。

最近まで入山規制になっていたのもうなずけます。

目的の「黒たまご」は並んで購入したのですが、本当に真っ黒でした!

こんなに真っ黒とは驚きです。

お味はというと、普通の玉子なのですが、あたたくておいしいです。

後は新幹線の時間の都合上、どこにも寄らず、ロープウェイで早雲山まで行き、箱根ケーブルカー、箱根登山鉄道を乗り継ぎ、小田原からは東海道線で東京に向かったのでした。

スケジュールはハードなため、普通の観光ルート(反時計回り、ゴールデンルートと言うそうです。)とは逆回りで動いたのですが、これが正解。

反対側の海賊船、ロープウェイ、登山鉄道とも大混雑、道路は大渋滞なのを目のあたりにしました。(このコースだったら、帰ってこれなかったかも。)

登山バスは混雑だったのですが、渋滞に巻き込まれず、その後の乗り物もほとんど待ち時間がありませんでした。

でも、都会に近い観光地はこんなに混むものなのだ、と感じた三連休でした。


クリックすると元のサイズで表示します

≪ロープウェイから大涌谷の噴煙状況を撮影したのですが、この通り物凄く噴き上がっています。≫


クリックすると元のサイズで表示します

≪「黒たまご館」で買った黒たまご。一個食べると7年寿命が延びると言われています。どうです、こんなに真っ黒なんですよ。(5個入りで500円)≫


クリックすると元のサイズで表示します

≪ランチを食べた「網元 おおば」。10月1日からワカサギ漁が解禁となり、解禁時には宮内庁へ『公魚(ワカサギ)』を献上しているそうです。写真はランチタイム限定のワカサギフライ定食(1,080円)≫
0

2016/9/2

木育  

【9月2日(金)】


9月に入ったというのに一向に涼しくなりません。

それでも、朝夕は過ごしやすくなってはきましたが。


さて、先日の日曜日8月28日に弊社も会員になっている「秋田スギネットワークたかのす」主催の木育セミナー『木あそびの楽校』をふれあいプラザ「コムコム」で行いました。

秋田県から木の玩具をお借りしての開催です。

木の玩具は手で触れたり、木の香りによってセラピーの役目を果たし、精神を落ち着かせる力があるそうです。

その為、発育時期にこのような玩具で遊ばせることは一定の効果があるとのこと。

私が子供の頃は、けん玉、コマ遊びなど木のおもちゃが多かったですし、学校の校舎も木造でしたので、自然と木に触れる機会は多かったんですね。


クリックすると元のサイズで表示します

一番人気は「ヒノキのプール」。



クリックすると元のサイズで表示します

いろんなおもちゃがありました。



クリックすると元のサイズで表示します

積み木も凝ったものが多かったです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ