初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
個人精子提供(個人精子バンク)を無料で始めた理由  精子バンク以外で子作りできる方法

※ご依頼は、ご年齢・ご希望提供/面接場所(駅や都道府県名)・提供方法(注射器、病院利用など)・私の氏名開示希望有無・私の性感染症再検査希望有無(直近では2016年1月に受けています)・提供を希望される理由(提供後、私の生活に影響がないか判断するため)を記載の上、 yumetama24@gmail.com へお願いします。
※原則お互いに匿名で提供をしていますが、ご希望があればお互いに同レベルの開示を条件に個人情報を開示します。


提供後の自活・自立を前提に、子供を望む全てのかたに精子提供しています。自活・自立できるかたなら理由は問いません。

過去に国内の精子バンクで提供した経験がある既婚男性です。20代の頃に周囲に不妊症の知り合いが多くいたので、出来ることがあれば協力したいと思い、一生会えないとしても子供を残すことは一番の世の中への貢献であると思ったことが登録した動機でした。提供開始後に病院利用のかたから頂いた精子検査で日本人平均の倍以上の数や運動率の良さを教えていただき、これだけの精子を持っているのたから今後も必要な人の役に立ってくださいと言われたことも長く続けている理由です。

当時の精子バンクの利用は1回100万円ほどしたようです。提供した後でネット検索したところ、高額のため利用できない、ドナーから直接貰う方法はないでしょうかという書き込みを掲示板で見かけました。現在は国内の民間精子バンクは私のような無償精子ドナーの出現により廃業してしまいましたが、病院のAIDは相変わらず高いし利用条件が非常に厳しいですし、海外の精子バンク利用には距離・費用・言語の面で一般的に難しいです。

当時、民間精子バンクで提供したときには、血液検査・感染症検査の費用は2万円ほど、ドナー(私)への謝礼は10万円でした。病院での人工授精は1回3万円くらい、体外受精でも50万円くらいです。あとの数十万円は、精子バンク会社の人件費・利益になっていました。
病院が用意して行っている精子提供もあますが、既婚者かつご主人がどんなに治療しても絶対的に無理と委員会で判定され場合しか利用できない上、半年以上凍結した精子しか使えないので、成功率が極めて悪いです。費用は「委員会」の先生への謝礼のため結局、民間精子バンクと同様に200万円くらいかかってしまうこともあると依頼者のかたからお聞きしました。

畜産業では精液が5000円ほどで売られていると聞きます。処置は農家の人が自分でしています。精子バンクも海外で安い所はこれくらいの値段ですが、日本では高額かつ利用が難しいままです。

そこで希望する方に、個人的に無料で精子提供するボランティアを始めました(池袋駅からの交通費と器具代・検査代等(1回1000円)のご負担はお願いします。)

私から提供を受けるにあたり、次の点をご了承ください。
@提供日時・場所・方法は極力ご希望に合わせるようにします。
提供方法は原則「注射器作戦(セルフ人工授精。シリンジ法とも呼ばれています)」か「病院利用(人工授精・体外受精)」でお願いします。お互いの合意があればタイミング法(服を着たままでとよく言われますがそれで構いません)も可能です。

クリックすると元のサイズで表示します
精子ドナー(ゆめたま)の衛生水準を保つために、原則的に注射器作戦か病院を使って提供しています。タイミング法のほうが1.5倍程度成功率が高いと思われますが、希望されるかたは私と同様の感染症検査(過去に産婦人科を受診されたかたはだいたい受けています)を受けてください。
注射器作戦は、容器に入れてお渡し又はお送りする精液を、自分で針がない注射器(薬局で購入した未開封新品をお渡しします)で膣内に注入すれば、ほぼセックスしたのと同じ状態になり、セックスするのと大差ない確率で妊娠可能です(上の画像と次のクリニックを参照)。
※2014年2月のNHKクローズアップ現代で、シリンジ法を行うと腹膜炎になる恐れがあるなどと解説ていましたが、下記クリニックが以下の通り安全な方法として推奨しています。洗浄していない精液を子宮に入れると腹膜炎になるおそれはありますが、注射器作戦では膣内までなので、解説者は勘違いされていたのではないでしょうか?
http://aska-cl.com/community/board-doctor.cgi?ID=1-0817
非常に簡単な方法ですが、大半のかたがこれで妊娠されています。お渡し後、なるべく早く処置するほうが成功率が高いので、手渡しがお勧めですが、私に会わずに提供を受けたい場合は、ロッカー渡しも可能です。
※ロッカー渡しとは、JRの駅によくある鍵代わりに暗証番号を使用するロッカーに私が入れて、位置と暗証番号をメールでお知らせする事により、会わずに受け渡しする方法です。
注射器作戦の処置方法は、「病院の人工授精 VS 自宅の注射器妊娠」をご覧ください。
どうしても一人で処置する自信がなければ、立ち合うことも可能です。
もし注射器作戦で数回トライして成功しない場合は、病院利用などにステップアップをお勧めしています(あくまでご本人の希望を優先です。ずっと注射器作戦のかたもいますし、最初から体外受精のかたもいらっしゃいます。)
人工授精は病院で1回3万円程でしてくれます。体外受精は1回50万円程度と高額ですが、成功率は非常に高いので、最終的に諦める前に一度はおすすめしています。
A検査について
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
病院で受診したHIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジアの検査結果表原本を面談時に提示します(個人名もご希望でしたら本名相互開示で提示します)。なお、再検査をして欲しい、又はこれ以外の検査もして欲しいというご要望があれば受けに行きます。または、STDチェッカーを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。
※上記画像は直近のSTDチェッカーの結果です。スマホからは画像が潰れて字が見えないようですが、パソコンからは字をはっきりご覧いただけます。
B原則はお互いに匿名ですが、ご希望があればパスポート・卒業証書提示などで個人情報をお伝えします
原則的にお互いに匿名ということでお願いしていますが、検査結果表の名前が私であることを確認したい、子供の出自を知る権利のための情報を知りたい場合などは、お互いに同条件同程度で個人情報を開示します。(※面談で可能かどうか判断させてください。)
もちろん開示された場合は、個人情報等の秘密は厳守いたします。依頼者のかたも、私の個人情報等の秘密は厳守をお願いします。
C性感染症をうつさない事以外は自己責任でお願いします
性感染症の検査はいくらでも受けますが、生まれた子供の養育・家族との関係などは私は責任を負えないので、全て自己責任でお願いします。もちろん、私が親権を主張することはありませんし、逆に認知を求められてもしません。
なお、アフターケアとして、将来、子供たち同士が出合って結婚してしまう、また骨髄移植等で近親者の協力が必要となる場合を考え、できれば出産後に年1回程度、近況をお互いに報告していただくことをお願いしています(具体的には、誕生月に私からお祝いメールを送り、それに返信していただいています)。
D謝礼と提供制限について
私は営利目的ではなく、「たとえ会えなくても自分の子を多く欲しい」「子供が欲しいのに事情があって作れない人を助けたい」ことが目的で提供しています。なので、謝礼を頂くとしたら面談時の喫茶代や食事代をご負担していただくくらいで充分ですし、生まれた子を一生懸命育てていただくことが私に対しても最大の謝礼になると考えていただければ結構です。
提供制限についてですが、私の目から見て、お子さんを心身ともに健康に養育する十分な意思と能力が無いと思われるかたはお断りする場合があります。特に、喫煙をするかたには提供しませんので禁煙をお願いします。また、既婚の方はご主人の承諾を得ていることを前提に提供します(ご主人に確認することはしませんが)。
とは言え、ご依頼をされるかたは皆さん元々真剣なので、お断りすることは滅多にありませんでした。
提供期間については、原則1年間でお願いします。気持ちとしてはご依頼のかたが諦めるまで何回でも提供したいところですが、注射器作戦や人工授精で成功されるかたは半年以内、体外受精で成功されるかたは3回以内がほとんどで、それ以上提供してもあまり成功は望めないので、ひとつの区切りとさせていただきます。もちろんお二人目以降の提供ではカウントリセットします。
なお、私の今までの提供では、注射器作戦での成功の最高齢が42歳、体外受精での最高齢が43歳でした。一般では、年齢ごとの1周期あたりの妊娠率は以下のようになるとされています。
25歳 : 25%〜30%
30歳 : 25%〜30%
35歳 : 18%
40歳 : 5%
45歳 : 1%
参考 http://www.e-tamago.biz/probability/
複数の方の提供日程が重なってしまった場合は、原則的に成功率が高いと思われるかた(若いかたや挑戦回数が少ないかた)を優先します(例外:病院予約や飛行機予約で変更が難しい場合は考慮します)。これは、成功率が高いかたに早くご懐妊していただくことで、日程重複を解消するためです。
E養育費等と親権の放棄について
Cと重複しますが、明示を希望されるかたがいらっしゃったので、改めて書きます。
私は提供で生まれた子の親権を放棄します。
依頼者の方は、養育費等の経済的支援を私に求めることを放棄していただきます。

自己紹介
名前(仮称) ゆめたま
年齢 40代
住所 東京都
体重 約55Kg
身長 約170cm
血液型 A、RH+
既婚 自分の家では子供2人
最近の精液検査結果 精液量2.2ml 濃度5680万/ml 精子運動率96.8% 精子運動性指数398(2015年10月20日測定)
クリックすると元のサイズで表示します
※精子運動性指数が妊娠能力の総合判定ですが、男性不妊とならない最低水準(80)の5倍(398)の妊娠能力があるという判定を頂きました。私より良い人はそうはいないと思うので、可能性が低いかたでも挑戦していただければやれるだけのことはやったと思っていただけます。
※病院を利用されるかたは、提供後に数値を教えていただけると助かります。
※40代だとドナーとして高齢ではというご指摘をたまに受けますが、いまの若い男性は環境ホルモンなどの悪影響を多く受けており、20代男性の精子数は40代男性の半分程度というデータもあります。由々しき問題ながら、中高年ドナーのほうが成績が良いという現象につながっているようです。また、高齢の父親から生まれた人ほど細胞分裂の回数券テロメアが長い傾向があるという研究結果もあります。
http://amrit-lab.com/c/AM254.html

上記@からEの事項をご理解いただき、
yumetama24@gmail.com
へご年齢・ご希望提供/面接場所(駅や都道府県名)・提供方法(注射器、病院利用など)・私の氏名開示希望有無・私の性感染症再検査希望有無(直近では2016年1月に受けています)・提供を希望される理由(提供後、私の生活に影響がないか判断するため)を記載の上、ご連絡ください。なお、携帯からメールをされる方は、Gmailを受信できる設定にしておいてください。

※提供して私が困るようなことが無い限り依頼を断ることはありませんので、その点は
安心してご記入ください。
「困ること」というのは、経済負担を求められるとか、ご主人から責任を問われる、
などを想定しています。
「二人目が欲しい」「シングルマザーを希望している」「同性愛である」
「性同一性障害である」「年齢が若すぎ/高すぎ」などで断ることは全くないです。



提供までの基本的な流れは以下のとおりです。
1.メールにご事情等を記載し、ご相談ください
2.面談・提供の日時、場所を決めます。
3.喫茶店等(お金や時間が無いときは駅等で立ち話等、初対面でどうしても心配な方は有人改札や鉄道警察や交番の前)で面談します。
  説明内容:子供の写真紹介、感染症検査結果表の原本提示と説明、他の提供を受けた方々の事例、注射器作戦の方法説明
4.面談後、希望されれば提供予定日を決めます(面談直後の提供も可能です)
 病院を使わず排卵日をシッカリ把握するためには、排卵日検査薬の利用がお勧めです。
  以下のように検査して試薬の色の濃さの変化で判断できます(画像は提供を受けているかたから頂きました)
クリックすると元のサイズで表示します
 ※なお、一番妊娠しやすい日は排卵日ではなく、その2日前です!検査薬が反応し始めたら早めにご連絡ください。
  http://matome.naver.jp/odai/2141688972646698201
5.提供後、結果をご連絡いただきます
6.妊娠しなかった場合は次の提供予定日を決めます
7. ご出産されたかたで希望されるかたには毎年、子供服をプレゼントしています。詳しくは下記記事をご覧ください。
http://happy.ap.teacup.com/npsb/386.html


妊娠・出産は女性にとって人生最大の決心が必要な事と思います。精子ドナーとはいえ、数回メールして1回あっただけの精子提供者の子供を妊娠する事を決断することは、更に大きな決意がいると思います。それだけに、子供を産み育てようとされる方には大きな敬意を表します。
子供が作れずに困っている方々に、早く幸せが訪れるよう祈念しています。
8

病院の人工授精 VS 「注射器妊娠(注射器作戦・シリンジ法)」  精子バンク以外で子作りできる方法

提供方法は、病院での人工授精・体外受精と、自宅などでのセルフ人工授精・通称「注射器妊娠(注射器作戦・シリンジ法)」の2通りがあります。

病院の人工授精は、精液中の最近を洗浄除去して質の良い精子を抽出後、子宮の中へ入れます(注射器作戦と違い、決して自分でやったり専門医で無い人にやってもらわないでください)。費用は1回5000円から3万円ほどです。成功率は若い人で2割ほどです(注射器作戦と大して変わりません)。
体外受精は、卵子を薬を使って多く育て、膣内から卵巣へ針を刺して採卵し、体の外で精子と掛け合わせて受精させ、胚に成長させた後に子宮に戻す方法です。成功率は若い人だと5割程度とかなり高いですが、費用は1回30万円〜50万円ほどかかります。

注射器作戦は膣へ針のない注射器で自分で入れる方法です。(自分で入れる場合は膣までにしてください。子宮頚管粘液は、殆どの細菌等をシャットアウトして精子のみを子宮へ通すようになっています。)
※最近の報道で、この方法を行うと腹膜炎になる恐れがあるなどと解説ていましたが、医療機関がこのように推奨しています。洗浄していない精液を子宮に入れると腹膜炎になるおそれはありますが、注射器作戦では膣内までなので、解説者は勘違いされていたのではないでしょうか?
http://aska-cl.com/community/board-doctor.cgi?ID=1-0817

病院での人工授精は、シングルマザー希望のかた、同性愛のかたでも頼み方次第で可能になります。具体的な事例についてお聞きになりたい方には、メールでお答えします。

提供を受ける日は排卵日の2日前〜当日が確率的に最良です。
詳しくは、「排卵日を知る方法」をご覧ください。

精液を宅配・手渡しされた場合それが本当に精液かどうか分からないから怖い、と考えている方は、300倍〜1000倍で見れる顕微鏡を買ってチェックしてください。ちゃんと沢山の精子が泳いでいるのが観察できます。
たまのルーペ(カード式使い捨て顕微鏡)なら2000円しませんし、百貨店では普通の顕微鏡が安いものでは3000円程で売られていました。

クリックすると元のサイズで表示します
注射器作戦(シリンジ法)を行うときは、おおむね以下の流れになります。
1 トイレで私で容器に採精してお渡しします(所要時間10分程度)。
※トイレは出来る限り衛生的で混んでないところを希望します。喫茶店、百貨店、ホテル、空港、特急列車などのトイレが望ましいです。駅のトイレは一番避けたい場所です(どうしても他が無ければ利用しますが)。
2 処置するまでの移動中は紫外線を避けながら33度程度を保ってください。カバンではなく内ポケットや下着の間などに入れて頂くほうがいいです。処置までの時間は短いほど成功率が上がります(できれば10分以内)。
3 自宅や宿泊先などで横になっていただき、上の画像の注射器等で吸い上げ膣に根元まで差し込んで出来るだけ奥へ注入、そのまま30分くらい精液が漏れないように動かずに寝てください。精液が漏れないように枕を腰の下に入れるなどして高くすることがコツです。
※真水が入ると浸透圧の差で精子が破裂して死んでしまいますので注射器は洗わないで下さい(お渡しする注射器は滅菌済みで未開封のものです)。
※自分で可能なかたは、注入前に性的に興奮することがオススメです。膣の酸性が弱まり、膣の奥が膨らんで精子がもれにくくなり、排卵を促すホルモンが分泌され、さらに注入後にオーガズムに達すればスポイトで吸い上げるように子宮が精液を取り込めるので確率が上がるそうです。


アメリカの精子バンクThe Sperm Bank of California
にも自宅での人工授精の方法が紹介されています。必要なところだけ抜粋して翻訳しました。

Warm the vial to body temperature in your hands or under your arm before inseminating. (手や脇に抱えて精子の入った容器を事前に暖めてください。)

We provide you with a needleless syringe for vaginal insemination. Remove the syringe from the plastic wrap. Shake the thawed vial well before removing its lid, then insert the tip of the syringe into the vial and draw the semen into the syringe by pulling the plunger up (be careful not to pull the plunger all the way out of the syringe). There’s sufficient suction in the syringe that you can put a full syringe down without the semen coming out. Do not clean the syringe before using it; even rinsing the syringe with plain water could kill sperm.(針のない注射器を提供します。プラスチックの包装から注射器を取り外してください。ふたを取り外す前に、容器をよく振ってください(※容器を振る動作は解凍のためなので私の提供では不要です)。注射器の先を容器の中に入れ、プランジャーを引き上げ精液を注射器に引き込んでください(プランジャーを注射器から外さないように注意してください)。注射器は十分な吸引力があり精液は途中で出て来ないで、膣の奥まで漏らさずに入れることが出来ます。注射器を使用する前に洗わないでください。真水が注射器につくと、精子は死んでしまいます。)

Get comfortable and lie down with your hips elevated on pillows. You may want to put a towel beneath you, as you will leak seminal fluid (but not sperm) after inseminating. Reach to the back of your vagina to locate your cervix, which should feel round and smooth, like the tip of your nose. Insert the full syringe, directing its tip toward the top of your cervix, remove your fingers, and depress the plunger. Remain lying down with your hips elevated for about fifteen minutes to half an hour. It can also be helpful to have an orgasm after insemination (provided no penetration is involved), as the uterus will lift up, causing the cervix to dip down into the pool of sperm, while the contractions of orgasm will help move the sperm up into the uterus.(くつろいでください、そして腰下に枕を置いた状態で横たわってください。人工授精の後に液体が漏れるので、下にタオルを置くとよいでしょう。膣の奥まで指を挿入して子宮口を見つけてください。鼻の先のように丸く滑らかであると感じる所です。子宮口の先端に向けて、注射器を挿入してください(できれば子宮口に注射器の先端をいれると良いと思います)。そして指を取り除きプランジャーを押し下げてください。 腰が上げられている状態で15〜30分横たわってください。また、授精後にオ−ガズムに達するのも役立ちます。性的興奮を起こすと子宮が上がり、子宮口が精液の溜まった所に下ります、オ−ガズムの収縮は精子が子宮へ入るのを助けるでしょう。)
なお、いくつかの不妊症対策の本には射精前(注射器妊娠では「注入前」)にオーガズムに達する手前まで興奮しておけば、普段は酸性である膣内がアルカリ性に傾き、酸性に弱い精子にとって有利な環境になるのでお勧めとも書いてありました。
※最近話題の本「ヴァギナ 女性器の文化史」(キャサリン・ブラックリッジ 著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309204538/qid=1141307869/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-8001711-8017932
では、射精後3分以内にオーガズムに達すれば妊娠率がかなり上がると書いてありました。注射器作戦の場合は注入前にオーガズム直前まで高めておいて、注入後すぐにオーガズムに達するのが最善の処置方法だと思います。

お渡しした後、なるべく早く処置することが大きなポイントです。

排卵日がはっきりわからなくても、予定日前後で2日おきに2,3回提供を受ている方もいます。これなら確率はかなり上がります。

ご希望の方は、yumetama24@gmail.com
へご連絡ください。
1


人間の生殖細胞は、卵子は排卵してから24時間、精子は射精してから2〜4日しか生きられません。射精は基本的にいつでも出来ますが、排卵は通常は月1回しかなく自覚もないので、受精のためには排卵日を正確に知ることが重要です。

排卵日は生理初日から11〜14日後、又は生理が始まる2週間前あたりです。ただし、ずれることがよくあるので、これだけでは精子を常にもらえなければ時間がかかります。

もっと正確に排卵日を知るには、以下の方法があります(費用順です)。
1 指で子宮口を触って子宮頚管粘液が出ているか調べる
 子宮頚管粘液は排卵日の数日前から出てきます。これがないと精子は子宮へ泳いで入ることができません。中指をいれて子宮口を触って出して、親指とくっ付けて離したとき、4cm以上糸を引いていれば子宮頚管粘液が出ています。こちらが画像付きで解りやすく参考になります。
http://www.babyexpress.net/%E8%B1%86%E7%9F%A5%E8%AD%98/%E5%A6%8A%E5%A8%A0%E5%89%8D%E3%81%AE%E8%B1%86%E7%9F%A5%E8%AD%98/%E3%81%8A%E3%82%8A%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A7%E5%A6%8A%E5%A8%A0%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%81%AA%E6%99%82%E6%9C%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E6%A5%B5%E3%82%81%E3%82%8B/
また、福さん式排卵日特定法も非常に参考になりますよ。粘液だけでなく、子宮口の位置と硬さでも予測できるそうです。
http://matome.naver.jp/odai/2136856245543593701
2 基礎体温を付ける
 低温期と高温期の間が排卵日ですが、体調によりあてにならないこともあります。毎日計り続けると排卵日を教えてくれる体温計もあるようです。
3 排卵検査薬をつかう
 排卵前に分泌量が急激に増加する「ヒト黄体形成ホルモン(hLH)」の尿中濃度の変化をとらえます。検索エンジンに入れると多くの販売サイトが出てきます。ケンコーコムなどでも買えます。
http://sg.kenko.com/product/seibun/sei_754022.html
4 レディデイで唾液を見る
 レディデイで唾液の形状を観察して排卵期を予想します。
5 ウエアラブルデバイス AVAを使う(2016年9月追記)
  紹介記事  http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/188936
  販売サイト http://www.avawomen.com/

以上の方法をいくつか組み合わせたら良いと思います。

最も正確に判るのは産婦人科でエコーを撮ってもらう事です。数回して成功しなければ産婦人科に行くことをお勧めします。
4

今までの提供実績について 21歳から43歳までのかたが成功されています  毎月の精子提供状況

今までの提供で、シリンジ法で42歳まで、体外受精で43歳までのかたが成功されています。
昨年からの提供状況は以下の通りです。

提供人数(延べ)と結果
2015年(注射器作戦(タイミング法含む)、人工授精、体外受精の3分類にします)
1月 注射器作戦11人、人工授精1人、体外受精2人、妊娠報告2件
2月 注射器作戦11人
3月 注射器作戦8人、人工授精2人、体外受精2人、妊娠報告1件流産報告1件
4月 注射器作戦9人、体外受精2人、妊娠報告1件流産報告1件
5月 注射器作戦10人、妊娠報告1件妊娠推定1件流産報告1件
6月 注射器作戦12人、人工授精1人、体外受精1人、妊娠報告1件
7月 注射器作戦12人、宅配1人、人工授精2人、体外受精2人
8月 注射器作戦17人、人工授精2人、体外受精1人、妊娠推定1件流産報告1件
9月 注射器作戦11人、体外受精3人、妊娠報告5件流産報告1件
10月 注射器作戦11人、人工授精1人、体外受精1人、妊娠報告1件
11月 宅配1人、注射器作戦17人、人工授精2人、体外受精1人、妊娠報告1件、妊娠推定2件
12月 注射器作戦12人、体外受精1人、妊娠報告1件、妊娠推定1件流産報告1件
2016年(これ以降、出産報告は省略します)
1月 注射器作戦11人、体外受精2人、妊娠報告1件
2月 注射器作戦9人、妊娠報告2件
3月 注射器作戦7人、人工授精1人
4月 注射器作戦13人、人工授精1人、体外受精2人、妊娠報告1件流産報告1件
5月 注射器作戦12人、人工授精1人、体外受精1人、妊娠報告2件
6月 注射器作戦12人、体外受精2人、流産報告1件
7月 注射器作戦13人、体外受精2人、妊娠報告2件流産報告1件
8月 注射器作戦5人、体外受精2人、妊娠報告1件
9月 注射器作戦13人、人工授精1人、体外受精1人、妊娠報告2件妊娠推定1件
10月 注射器作戦8人、体外受精2人、妊娠報告4件妊娠推定1件流産報告1件


2014年以前の提供状況は割愛しておりますが、統計を取った結果の成功率は以下のとおりでした。
(以降も確率に大差はないので、その後は計算を省略しています)
流産を含め、1回あたりの妊娠成功率は
病院 23.2%
(内、体外受精33.3%、人工授精15.0%)
注射器作戦 13.4%(うち音信不通のため成功推定14回)
※タイミング法も注射器作戦に含めていますが成功率は若干高いようです(妊娠率は個人差が大きく、同一人物で比較しようがないので正確に調べるのは難しいです。)
※注射器作戦のカウントのうち、2割ほどがタイミング法でした
宅配  3.6%(うち音信不通のため成功推定1回)

これは1回あたりですので、続ければトータルの成功率は高くなります。
例えば、注射器作戦だと4〜5回で続けると、半数の方が成功します。
さらにいえば、これはずっと成功しない方も含めた平均値なので、
若いかたでしたら3回以内に成功するかたが多いのが実際のところです。

ただ、実績を聞いて頂くより病院に精子を持ち込んでデータを聞いていただくほうが、
私の精子の状態は平均より大幅に良いことがわかるので、気にされている方は
病院利用をお勧めします。人工授精や検査なら、ほとんどの病院で可能です。
未婚のかたの病院利用方法については、メールでお伝えします。
5

携帯メールに返信できない場合があります  

ときどき携帯アドレスからメールをいただいているのですが、Gmailのアドレスからの着信を拒否設定しているため返信できないことがあります。
お手数ですが、ご相談の際のメールアドレスは、Gmailを受け取れるアドレスからお願いいたします。
おそらく、Gmailのアドレスを作っていただくのが一番確実ではと思います。

なお、Googleの宣伝ではないですが、スマホではもちろん、パソコンでもGmailは非常に使い勝手がいいのでお勧めですよ。
0

自治体で無料で検査できます  精子バンク以外で子作りできる方法

日本は世界的に見れば感染率はかなり低いのですが、先進国の中では増加に歯止めがかからない国として目立っており、私から提供を受けることを検討している方の中には、この件を心配している人も多いのではないかと思います。

ところで、HIV感染検査は、大半の自治体で無料で受けられることはご存知でしょうか?
http://www.hivkensa.com/index.html
ちなみに、東京都新宿区保健所ではHIVのほか、クラミジアや梅毒も無料で検査してくれます。
http://www.hivkensa.com/shosai/13-17.html
埼玉県では、肝炎ウイルスも検査してくれます。
ご希望があれば、提供前に検査に行きますのでその旨ご連絡ください。
0

10日間で2度妊娠した女性 血液型も違うミラクルベイビーが誕生  精子提供に関するニュース

http://japan.techinsight.jp/2016/11/ac11171234.html

もともと妊娠が難しい女性だったので、普通に妊娠するだけでも奇跡的ですが、
さらに重複妊娠で二人授かるというのは本当に凄いですね!

ちなみに私の提供で、一卵性の双子を授かったかたがいらっしゃいます。
これも確率的には250分の一なので、かなり奇跡的です。
0

男の本体は「体でなく睾丸」? 男性たちに議論勃発  精子提供に関するニュース

http://r25.jp/life/00053448/

これを演繹的に考えると、精子ドナーにとって提供が本来の人生であり、
残りはおまけの人生みたいなものなんでしょうか…?
自分の子供がいるドナーもいるので、100%そうは言いえないとは思いますが…。
0

iPS細胞 培養で卵子を大量作製  精子提供に関するニュース

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101800007&g=soc

これも高齢女性にとっては待望の技術ですね。
国内では人のiPS細胞などから作った精子や卵子の受精が禁じられているようですが、技術的に可能ならば早期に法整備をして必要な人が利用できるようにすべきだと思います。
0

「3人の親を持つ赤ちゃん」が変える未来 魔法の不妊治療  精子提供に関するニュース

http://japan-indepth.jp/?p=30705

3人の親というのは、育ての親を入れてという意味ではなく、DNA的に3人の親がいるということです。具体的には、卵子のミトコンドリアに欠陥がある女性が、他の女性からミトコンドリアだけを提供してもらい、他の核DNAなどは通常の元の親の卵子と精子から赤ちゃんを誕生させようというものです。

これを行うことによるメリットは、ザン医師によると、「例えば、43歳から48歳の女性の場合、1回の体外受精で出産にいたる割合は1%です。しかしこの技術を使えば、成功率を22〜30%にまであげることが可能だと私は予測しています。1回あたりこの割合ですから、数回繰り返すことで、全員が妊娠すると思っています。」とのことです。

私の提供でも、女性が高齢だと体外受精を何度しても成功せず、何人ものかたのお子さんを授かることへの諦めとお付き合いをして辛い思いを多くしてきましたが、もしこの技術が確立され、48歳まで高確率で妊娠できるようになれば非常に画期的なことです。ぜひ早期に実現してもらいたいものです。
0

顕微授精 子も精子に問題…濃度薄く不活発 ベルギー調査  精子提供に関するニュース

http://mainichi.jp/articles/20161009/k00/00m/040/089000c

不妊のかたが高度治療で頑張ってお子さんを授かっても、不妊の遺伝が受け継がれてしまうのではという懸念は私も以前から持っていましたが…しっかりした研究の結果が発表されると、やはりショックですね。

男性不妊の場合は、精子ドナーを使えば遺伝問題の「先送り」を解決できますが、ご主人の側の遺伝は受け継がれないという問題があります。ただ、子供を授かるということは、遺伝子というハードウェアを受け継ぐということのほかに、文化などのソフトウェアも受け継ぐという面もあるので、ソフトウェア面を充実させていただくことで、後世に貢献していただくという考えを持っていただければと思います。
0

妊娠しやすいタイミング知らない人が3分の2! 20代男性の妊活知識って・・・どうなの?  精子提供に関するニュース

http://ovo.kyodo.co.jp/ch/mame/a-887669

まあ、20代男性の知識としてはこんなものだと思いますよ。
私も、精子提供を始める前は同じくらいだったと思います。

しかし、少子化でない国の若者がこれより知識があるのかといえば、そんなことはないでしょう。知識が足りないことが少子化の原因だとは、到底思えないのですが…。
0

性体験がない独身男性42%、3700年代に日本は滅ぶ!?  精子提供に関するニュース

http://diamond.jp/articles/-/102764

私は今まで、少子化の主な原因は年金制度や子供に費用がかかり過ぎるようになったのせいだと思っていましたが、この記事を見ると若者の性欲減退もかなり影響してそうですね。
20代男性の53.3%が異性との交際経験無しとは本当に驚愕です。

それに加え、精子の状態もいまの若者は相当悪くなっています(3ページ目参照)。
http://diamond.jp/articles/-/102764?page=3

逆に考えれば、それだけ精子提供への需要が増えるのかもしれないですが…。

私が子供の頃は第2次ベビーブーム世代ですから、狭い日本にこれ以上人口が増えたら困るということが盛んに言われていたくらいなので、人口増加率はよく変わります。
なので3700年に日本人がいなくなるとは思いませんが、このまま行けばそう遠くない将来、精子提供するドナーとそれを受けたい女性の子孫だけしか残っていないなんてことになりかねないですね…。
0

子どもの性癖は親の責任か?(お子さんは複数人いるほうが良いという話)  精子提供に関するニュース

http://diamond.jp/articles/-/102500

子供の育ち方に、遺伝と環境のどちらがより重要かという考えはいろいろありますが、橘玲氏は相対的に遺伝が重要としています(詳しくは彼の他の記事などを参照してください)。

ただし、同じ両親から生まれた子供でも、違う性格であることは普通です。

>きょうだいが多かった時代には、同じように育てても異なる性格を持つようになるのは常識でした。なかにはドロップアウトしてしまう子どももいて、あれこれ手をつくしてもどうにもならないと、「あの子はしかたがない」と運命として受け入れましたが、これは「子どもは親の思いどおりに育たない」と知っていたからでしょう。
 ところが社会がゆたかになって子どもの数が減ると、子育ては「ぜったいに失敗してはならないプロジェクト」になりました。その責任は母親に負わされるため、プレッシャーはなみたいていはではありません。

私の提供では、いろいろな事情で二人目以降が無理というかたは三分の一くらいいらっしゃいますが、お子さんが一人だと、ドロップアウト以外にも交通事故等による突然死(考えたくはないですが)などのリスクもあります。もちろん一人一人が掛け替えが無い大切なお子さんでしょうけど、私の感覚では1人だけしかお子さんがいないのはリスクが大きいのでは、と感じています。
1

日本の不妊治療が妊娠しにくい根本的な理由  精子提供に関するニュース

http://toyokeizai.net/articles/-/135646

日本は体外受精の実施件数が世界一多くて、成功率は世界最下位だそうです。
高齢で体外受精を受ける人が多いという理由もありますが、以下の理由が主な原因であるようです。
---------
日本では、「自然周期」という排卵誘発剤をできるだけ使わない方法が好まれていて、実際、国内で多く行われている。「排卵誘発剤を使うと閉経を早める」などの科学的な裏付けがない話を信じている人もいる。また、食事療法や体操など薬に頼らない健康法に強い関心を持つ人が多いのも日本の特徴で、その中には薬を有害と考える人もいる。
一見、体に優しいと思われる、この日本的なやり方が、体外受精の成功率を下げている可能性がある。
国際的な研究成果からは、排卵誘発剤の適切な使用が体外受精の出産率を上げることが、明らかになっている。つまり科学的にみると、日本で広く行われている「薬を使わない自然周期の治療」よりも、きちんと薬を使って治療をしたほうが効果は得られるということだ。これは、世界的な学術団体の合同会議でも結論が出ている事実である。
--------

私はあまり薬を使わない治療がいいと思ってきたのですが、体に優しい治療では妊娠できないというのであれば、改めてもらわないといけないですね。
0




AutoPage最新お知らせ