2011/2/12 | 投稿者: 妊娠法

詳細はこちら

クリックすると元のサイズで表示します

「このまま永遠に赤ちゃんが出来なかったらどうしよう」
「もう、若くないから自然妊娠は無理なのかな?」
とたった1人で悩んでいた不妊治療を5年間続けた43歳の女性が子宮筋腫と子宮内膜症を患い無月経・排卵障害・低体温症に悩んでいたにもかかわらず、23日で自然に赤ちゃんを授かった方法があります!!

この方法を試した、子宮筋腫や内膜症・卵巣のう腫排卵障害・高プロラクチン症・着床障害・無月経・二人目不妊などで悩んでいた35歳以上の女性が子宝に恵まれました。
もしあなたに、赤ちゃんが欲しい!という強い思いがありましたら、この記事を読みすすめてみてください。

妊娠とは、まさに心と体、両方が健康でなせるものです。
ですから、その健康法を実践した、35歳以上の不妊で悩んでいた方が次々と子宝に恵まれたのです。

「でも、今まで色々試したけど、ダメだったし。」
「もう、年齢的にも自然に授かるのは難しいんじゃないかな。」
「筋腫があるから。」
「うまく排卵できてないみたいだ。」
という声が聞こえて来そうですが、心配されるのはわかります。
以下のような悩みを抱えている方もいます。
「早く赤ちゃんが欲しい。でも、高額な不妊治療には通えない。」
「もっと若かったら妊娠しやすいんでしょ?」
また、毎朝きっちり基礎体温を測り、タイミング法で挑戦しても、妊娠しやすくなるという漢方を飲んでみても、規則正しい健康的な生活をしているのに、なかなか妊娠できないといったこともよく耳にしています。
一般的に、排卵日にSEXしても無事妊娠する確率は20代前半の夫婦でたった40%とされています。
年齢を重ね、子宮筋腫や内膜症といった問題を抱えていらっしゃる場合の確率は。

年齢と妊娠する確率から、女性の身体のメカニズムを徹底的に分析し研究た結果、妊娠するために大切なのは実年齢ではなく、子宮と卵巣の年齢(状態)だという結論が出たのです。
そして、その1日6分からできる子宮と卵巣若返り妊娠法を、実際に35歳以上の女性で不妊で悩んでいる人たちに試してもらうことにしたのです。
もちろん、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫、低体温症、うまく排卵していない、といった悩みをお持ちの方ばかりです。
その後半年以内に、無事赤ちゃんを授かられた方はなんと、5人中3人もいらっしゃいました。
1年以内には全員が無事妊娠され、みなさん元気な赤ちゃんの母になっておられます。

今すぐ1日6分から出来る妊娠法はここをクリック

今までこの方法で妊娠された方は500人以上います。
もちろん、不妊治療をされたわけではありません。
つまり、本人も諦めかけていた自然妊娠に成功したのです。
昔と比べて、人間の平均寿命は延びています。
でも、出産適齢期が寿命と一緒にのびたわけではありません。
どちらかというと、今は妊娠・出産にたちはだかる問題がたくさんあるため、逆に出産適齢期は少しずつ短くなってきているとも言えます。
というのも、年齢は30歳なのに、子宮や卵巣の状態は年齢以上に見受けられる方が多いのです。
子宮や卵巣の年齢以上に見受けられる症状は色々ありますが例えば、
・子宮筋腫などもその一つです。
30歳以上の日本人女性の4〜5人に一人の割合で見つかると言われています。
・不妊ばかりでなく、流産、早産の原因にもなっています。
・子宮内膜症も急速に増えています。
日本人女性の7〜10人に1人は子宮内膜症だと言われています。
・卵巣のう腫がある。
・排卵・着床障害がある。
・低体温症(冷え性)である。
・無月経や生理不順がある。
・生理痛がひどい。
世間では、生理痛は病気ではないとされていますが、子宮年齢が若くなれば生理痛はなくなります。
・生理の経血の量が多い。
子宮年齢が若くなれば、経血量は大幅に減ります。
・生理前に不快な症状を感じる。
いわゆる、月経前症候群(PMS)には頭痛、下腹部痛、吐き気など身体の症状のほかイライラや憂鬱、疲労感など精神的なものまで様々です。
これらの症状は、ホルモンバランスの崩れが原因とされていますが子宮の状態が良い状態であれば、ホルモンバランスも良い状態に保たれて、上記のような症状に悩まされないのです。
・ストレスが多い。
これらが改善される可能性がありますので、自然と子宮と卵巣の年齢(状態)は若返ります。
何度も申し上げますが、妊娠するために本当に大切なのは、実際の年齢よりも、子宮や卵巣の年齢(状態)なのです。
子宮と卵巣の環境整理が最も重要なのです。

今すぐ子宮と卵巣を若返らせて自然妊娠したい方はここをクリック

0

2011/2/12 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ