2018/4/27

フェルトと刺繍の花  羊毛フェルト 動物ポンポン

NHK 『すてきにハンドメイド』
「フェルトと刺しゅうの花のブローチ」
デザイン:PieniSieniさん

とっても素敵な作品を作っていらっしゃる作家さん

南米ではよくフェルトを目にするけど、
やっぱり日本の手作り作品はすごい!!!
レベルが違いすぎて、泣けました…

ほんと素晴らしい 
帰国したら、本買わせていただきます 

テレビで簡単なお花のブローチの作り方を
分かりやすく説明してくださったので、
作り方をメモしながら、
持ってきた日本のフェルトで作ってみました。
手持ちの日本フェルトが少なすぎて、色合わせすることもできず、
ありあわせ 

クリックすると元のサイズで表示します

花びらは内側に濃い色を持ってくるといいとのこと

日本のフェルトは品質も良いし、色のバリエーションが素晴らしいです。
「フェルト」は日本に並んでいるモノを当たり前だと思ってましたが、
チリでフェルトを見てビックリ!
笑うしかないシロモノです…。

チリのフェルトはよれっとしてて、厚みが均一ではなく、
透けるくらいのぺらぺらで、色もイマイチ。

どこかに上物フェルトが売られているのかもしれませんが、
ま、一般的な手芸店のフェルトはお粗末な感じです。
日本ではこのレベルのフェルト、お店に並ばないでしょう…。

こんなフェルトでも、現地の人達は一生懸命可愛いの(!?)作ってます。
これしか知らないのだろうし、お店の人も品質に自信を持っていて、
私にもいろいろとおすすめしてくれます…。

日本では見ないフェルト作品を目にするので、
最初は「正直ダサい」と思っていた南米手芸を
だんだん「面白い」と思うようになり、
「可愛い!」と思っちゃってた今日この頃。

日本のハイレベルを見て、
衝撃を受けました。
日本はすごいです。ほんと、素晴らしい。

日本の手芸界に戻りたくなりました。
ここでの時間は無駄なのカモ…。
帰らなきゃ(笑)


にほんブログ村



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ