難聴の種類には、伝音性難聴
感音性難聴や機能性難聴などがあります。


伝音性難聴は、耳垢の詰まりや鼓膜の穿孔、
中耳炎、滲出性中耳炎、耳管狭窄症、
耳硬化症などが主な原因です。


覚えていらっしゃいますか?

2008年に、歌舞伎役者の中村勘三郎さんが、
重度の疲労感や耳鳴りに悩まされ緊急入院しました。


検査結果は特発性両側感音性難聴でした。


後日、ドキュメンタリー番組の中でご本人が語った症状は、
四六時中耳鳴りがし、言い様のない疲労感に見舞われ、
発作のため何度も倒れたとのことでした。


療養後、退院された中村勘三郎さんは、
専属トレーナーをつけて、筋力トレーニングと
ウォーキングをなさっていました。


それが、難聴を進行・再発させない有効な手段だからです。


そして、難聴の複雑に絡み合った要因を、
より多く消し去るために大切なのが「血流」です。


血流を改善し、内臓を元気な状態に保つことで、
自然と難聴が改善されていくケースがほとんどなのです。


それは、伝音性難聴、感音性難聴、機能性難聴、
また、老人性難聴などと言われる難聴にも共通しています。


もしも、あなたが難聴を改善させる為に、
手間を惜しまないのであれば、

諦める前に、血流を改善し、
難聴を改善するエクササイズに挑戦してみませんか?



いつまでも若々しく、
健康で、生活のリズムの音を、

そして、さわやかな音を
取り戻したいあなたに是非お勧めします。

難聴を自宅で改善!
今野式難聴改善エクササイズ




このブログでは、日本リバース院長 今野清志さん監修の、難聴改善エクササイズをご紹介しています。


タグ: 口コミ 効果 感想


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ