企業が落とす理由は簡単 就活ガイド  採用される自己PR志望動機をつくる本質 内定必勝ガイド
自分らしさを大切にするあなたへ、内定必勝ガイド
〜心からやりたいことに出会い、思いどおりに内定を勝ち取る、本当の就職活動必勝法〜
就職活動3人.jpg
>>>詳細はこちらから



○企業が落とす理由は簡単

何十社エントリーしても全滅する学生がいる一方、
大企業の内定を複数勝ち取る強者がいるのも事実。

難関企業の内定者を始め多くの就活学生の取材を続けて分かる事があります。

彼らは何社受けても落ちるべくして、必然的に不合格になっていき、
勝ち取る者は、当然の如く勝ち残っていく事実が浮き彫りにされる。

「両者を分けるのは何か」

先日、東芝が第一志望という早稲田大学の学生に会いました。
なぜかと聞くと、「レグザが好きだから」という。

ちなみに彼は、東芝が原子力を中心とする社会インフラ事業に力を入れていることを全く知りませんでした。

この「御社の○○が好き」というのは、面接では一番よくないパターン。

誰でも言えることでありは何も「実は何も知らない」ことを面接官にアピールしている様なもの。

NTTドコモに入社したmouriさんは、その点、大学の図書館の新聞データベースで、同社に関係する一面記事からベタ記事までを全部読んだそうです。

世間にあまり注目されていないような会社の話題を出すことで、面接官からは「よく知っているね」と褒められたそうです。

とはいえ、世の中の仕組みや企業社会に疎い学生が、就活のために新聞を隅から隅まで読むのはハードルが高い。いざ本番でも自爆してしまうだろう。

その点、私は雑誌を読むことをお勧めします。
雑誌は新聞よりもわかりやすくまとめられているし、事実を報じるだけではなく、その事実を読み解くための「視点」も数多く提示されているからです。

そして次に、実はよいマニュアルです。
それは、本屋に売ってる在り来たりな、内容の偏った物ではなく普遍的に使える物の事です。

例えば、就活後その後の人生にまで良い影響を及ぼし続ける良品に出会う事が彼らの行く手を左右したようです。

すでに内定を勝ち取っている学生は、たとえばこの様なガイドの内容を知っていますね。
↓ ↓ ↓ ↓

>>>自分らしい就活成功法

>>>詳細はこちらからどうぞ













0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ