2014/1/18

冬の土用  歳時記の生活

昨日の1月17日から冬の土用に入りました。立春の前日の2月3日まで続きます。
この時期は胃腸が弱りやすく、特に冬の土用は冷えによる免疫力の弱りから腎が弱り、
風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。
冬の土用の不調は年末年始にご馳走を食べ過ぎによる胃腸の疲れと寒さによる冷えが
原因となるので、少食と、体を温める対策をとってください。

私も16日の満月の夜と、昨日の夜の食事を抜くプチ断食をしました。そのお陰で、
頭がすっきりし、体がよく動くようになり、家の片付けができただけでなく、
滞っていた仕事が処理できて身も心もスッキリしました。

土用の期間中の新月は特に浄化の力が働きます。1月31日の新月は旧正月でもある
ので、その日にはぜひプチ断食をしてみてください。きっと、素敵な事がたくさん
起こりますよ。

それは、プチ断食で心が前向きになることが大きく影響するようです。われわれの
見ている世界は心の中の想いが目のレンズを通じて投影された映画のようなもので、
心のフィルムが変われば、現実もまた変わるのです。

不安や恐怖、不幸という古いフィルムを嬉しい、楽しい、幸せという新しいフィルム
に入れ替えると、素敵な現実が展開しだすようです。
このフィルムの入れ替えにピッタリの日が新月であり、プチ断食をすることで、その
人を縛っていたネガティブな想いが解放されます。

われわれは、自分自身で現実を変える潜在能力を持っています。固定観念や思い込み、
決めつけ、先入観、常識という呪縛によって、その能力が発揮できないだけであり、
まずは、フィルムを入れ替えるという意図を新月に宣言することが必要です。
なりたい自分、変わりたい自分をイメージし、そうなる、と宣言すれば、潜在意識
はそれを実現するために寝ても覚めても現実化すべく働いてくれます。

2014年は新月からスタートしており、1月1日の新月のピークの時間が20時14分でした。
2014年20:14分というのは何かの気づきを与える記号なのでしょう。
ネガティブな自己封印されてきた世界から自己解放に向かう新たな時代の幕開けが
2014年なのかもしれませんね。

まずは、プチ断食をしてみてください。そして、自分をほめることからやってみましょう。
自己肯定ができると、ネガティブな世界から足を洗うことができるようになります。
素敵な現実を引き寄せることができるようにもなります。
世直しは、一人一人の意識の変容が先にありきなのです。









2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ