2013/3/17

関節痛の原因と対策  
年をとるとともに膝の痛みに悩まされて、歩くのが億劫になったり、階段の上り下りがきつくなったなどという声を多く聞きます。

このような場合の関節痛は、主に変形性関節症が原因と言われています。

つまり、ひざ関節の軟骨部分に問題が出てくるのです。

ひざの関節には、軟骨があり、この軟骨が弾力性がありなめらかな状態の時は、スムーズな膝にひざを動かすことができるのです。

ところが、加齢によりこの軟骨の主要成分が失われて行くと、弾力性がなくなり磨り減っていってしまいます。

そうすると、膝を動かすとき、体重をかけるときに骨と骨が直に接してしまい、周りにある神経を圧迫して、強い痛みを感じるようになってしまうのです。

ほうっておくと、ますます骨はすり減り、関節が腫れてしまったり、変形してしまうこともあります。

やっかいなのは、しらないうちに進行が進み、自覚症状がなかなかでないことです。
気がついたときには、すでに軟骨がかなりすり減り、強い痛みで歩くのが困難になっていることもあります。

対策としては、軟骨がすりへった軟骨を補うこと、あるいは軟骨がすり減らないように気をつけることです。

具体的には、食事やサプリメントで、軟骨成分であるコンドロイチンを補うのがよいでしょう。

お勧めのサプリメントはグルコンexなどが口コミで評判がいいようです。

参考サイトはコチラ⇒グルコンexの口コミ



0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ