2018/6/6

数字好き。<6,117本目>  ひとりごと

ちょくちょく話題にあげている、数字のゾロ目。
数字好きの日野は気になります。

ゾロ目が気になるのは、
きっと覚えやすいからでしょう。

「6」が好きな人は思い出してみても会ったことがないような気がします。
数字は0〜9までの10種類しかないので、
色々な数字好きもいるんでしょうけどね。

よく「どうしてその数字が好きなのですか?」
という話題になりますが、
そもそも“好き”にあまり理由はないでしょう。

ビジネスの上でも、
自分の“好きなお店”は何度も行くし、
それは居心地が良かったり、ちょっとした好きがたくさんあるからです。

「お客さまに好きになってもらいましょう!」は
拙著「ふせん1枚から始める『事業計画』」の帯に書いてあるコピーです。



2018/6/10  11:02

投稿者:more

蒲郡のレディ・ガマさん、ありがとうございま
す。
あははは〜、法則に「名前」を付けておけば確立
できたかも(^^)/。

http://www.more8.com/m04.html

2018/6/10  9:34

投稿者:蒲郡のレディ・ガマ

算数得意な小学生男子が給食のぜんざいに牛乳を入れる光景は最低3人見ました。
チャレンジ精神にはある意味敬意を抱いていましたが。
それから20数年後、夫が幼い娘に
「コーラに牛乳を入れるとドロッとしてウマいよね〜」とか言って二人で飲んでいて
気持ち悪いな〜と思いながら夫に
「ねえ、もしかして給食のぜんざいに牛乳入れとった?」と聞いたら
「当たり前じゃん」と返ってきた。
「算数得意だった?」「まあね」
それ以来、算数好きはぜんざいに牛乳を入れるという法則が私の中で出来上がったいたのですが。
その法則は日野先生で崩れましたね笑。
ちなみに給食で好きだったのは
甘いみその中にピーナッツが入っているの。

http://tkjgamagori.dosugoi.net/

2018/6/8  8:08

投稿者:more

ととべりぃさん、ありがとうございます。
中学生の数学からもう一度やってみたいなぁ。

http://www.more8.com/m04.html

2018/6/8  8:07

投稿者:more

蒲郡のレディ・ガマさん、ありがとうございま
す。
給食はどんなに嫌いな食べ物が出ても絶対に残し
たことがありません!

http://www.more8.com/m04.html

2018/6/8  8:05

投稿者:ととべりぃ

数学、好きでした。どんなに違うやり方でも、一つの答えになるところが、おもしろいなあと思っていました。数字については、あまり好き嫌いで意識したことがありませんでした。このところでは、数霊とかエンジェルナンバーなど、数字の謎解きは、面白いなと思います。

http://totoberry.com/

2018/6/7  13:10

投稿者:蒲郡のレディ・ガマ

算数が得意な男子小学生って
給食のぜんざいに牛乳入れていた思い出がありますが。
日野先生も?!

http://tkjgamagori.dosugoi.net/

2018/6/7  11:19

投稿者:more

蒲郡のレディ・ガマさん、ありがとうございま
す。
確か映画で「博士の愛した数式」もありました
ね。
小さい時から算数と数学が好きでした。今でもそ
うですが(^^)/

http://www.more8.com/m04.html

2018/6/7  11:12

投稿者:蒲郡のレディ・ガマ

10年以上前、友人に勧められて、「博士の愛した数式」読みました。  
内容はあまり覚えていませんが、数字が美しくて心地いい、そんな印象だけ覚えています。
ビジネスで言うところの数字は「追いかけるの」ではなく、
居心地がよくて大好きだったら、数字は絶対ついてくる、ということなんでしょうね。
大好きになってもらうことが先決ですね。


http://tkjgamagori.dosugoi.net/

2018/6/7  10:56

投稿者:蒲郡のレディ・ガマ

前の車が「666」たまにあります。 「オーメンか・・」って(笑。
好きな数字は000かな。 6月1日コンビニで会議用のお菓子を10袋以上買った合計が3,000円ちょうどで、ヒャッホ〜!と喜んだら、店員さんはクールな反応でしたが。 イオンやアピタでは喜びを分かち合ってもらったことあります(笑。  車で走行中10,000キロや20,000になりそうになると安全を確認して止まって写真に撮りますは。そんな日は特にhappy。 すぐ止まれず30001とかなると落ち込むのはよくないです(涙 

http://tkjgamagori.dosugoi.net/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ