24時間、商売繁盛のヒントなら『moreなLibrary』

2017/8/4

コーワーキングというスタイル。<5,816本目>  ひとりごと

飛騨高山へ出張でした。
個店のコンサルティングでしたが、そのお店(小売業)も
ユーターンしてきた若者三代目経営者でした。

いったんな故郷を離れますが、
最終的には自分の生まれ育った町へ帰ってきてビジネスの新たな展開を模索しています。

郷土の愛っていい力を持っています。

そして高山で展開しているコワーキングスペース
「co-ba」(コバ)も見学してきました。

こちらのオーナーも同じユーターン組の若者でした。
100年続く老舗の印刷屋さんです。

クリックすると元のサイズで表示します

手作り感にホッとした気分になります。

何十年も前に印刷屋さんで使っていた備品も雰囲気を醸し出します。
クリックすると元のサイズで表示します

カフェも併設していました。

クリックすると元のサイズで表示します

ローカルでの働き方も変わってきています。

研究をしています。



2017/8/8  11:24

投稿者:more

しるばーらびっとさん、ありがとうございま
す。
こちらは大丈夫です!




蒲郡のレディ・ガマさん、ありがとうござい
ます。
価値が生まれるんですね。





スキンのKさん、ありがとうございます。
そこから何が生み出せるかでしょう。



ととべりぃさん、ありがとうございます。
ズシンとくるものもありますね。

http://astore.amazon.co.jp/more8com-22/detail/4864873410

2017/8/8  9:21

投稿者:しるばーらびっと

ご無沙汰いたしております。
昨日の台風は大丈夫でいたか?




2017/8/7  14:30

投稿者:蒲郡のレディ・ガマ

100年続く老舗の印刷屋さんに若い感性が加わると、ただ古いと思っていたモノや、捨てようと思ってたモノが価値あるものに変わるのですね。 西尾の味噌醸造屋さんがやっている食堂「ぞうめし屋」さんがそんな感じで、若い息子さんが経営していて、私の母親が使っていた昔の帳簿のバインダーがメニューになっていて、おしゃれでした。 私が古臭いと思うものが、若い人には新鮮なんだと。

http://tkjgamagori.dosugoi.net/

2017/8/7  11:27

投稿者:スキンのK

オシャレなお店ですね〜〜!!

2017/8/6  22:23

投稿者:ととべりぃ

100年前からの印刷屋さん…大正時代からでしょうか。日本の印刷の発展と共に、月日を重ねてこられたのですね。

http://totoberry.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ