24時間、商売繁盛のヒントなら『moreなLibrary』

2016/5/29

150日でできたこと。<5,468本目>  ひとりごと

今年2016年が始まって
今日が150日目です。

毎年、目標を立てているはずですが、
その進捗状況はどうでしょうか?

途中経過で検証してみると、
やはり“楽”な方へ流れているようです。
それを楽しいと考えるか、ちょっとめんどくさがっているのかをきちんと考えておかなければいけません。

「楽しいから続く」わけですが、
ビジネスも同じなんですね。
そこをすり替えて、自分だけの“楽”だけにしてしまうと、
お客さまには楽しさが伝えられません。

自分都合になってしまうのです。
ビジネスはお客さま都合でよいのです。
その都合をこちらもいかに楽しく進めることができるかで決まってしまいます。
充実感と置き換えて言ってもいいでしょう。

今年、「どれだけ積み上げてきたか?」
を客観的に検証してみてください。
















晴@下り坂。
静かな日曜日に、さわやかに来てくれてありがとうございます。

2016/5/28

キャンパスライフ?<5,467本目>  ひとりごと

今年度(4月)から地元豊橋の国立大学
豊橋技術科学大学の大学院で教鞭をとっています。
クリックすると元のサイズで表示します
科目は「イノベーションマネジメント」で、
ビジネスの“いろは”的なことを盛り込んだ集中講座です。

学生たちは息子と同じ世代ですが、
専門的なことを研究する技術系大学院であるので
やはりとても優秀でこちらが講義している内容の吸収力が抜群にいい。
乾いたスポンジに水がスーッとしみこむようです。

マーケティングやマネジメントの知識は持ち合わせていないものの、
日野がコンサルティングで関わってきたケースなどをふんだんに話の中に盛り込み、
実践的な話を展開します。

将来の日本を担って、世界へと羽ばたく若者との学びの共有は、
講師としてもとても有意義な時間となります。

大学生協で販売していた
「技科大オリジナルあんパン」。
クリックすると元のサイズで表示します
ホイップクリームとあんこがどっさりと入った“超甘党”の逸品です(^_^;)。
大学院生になった気分で
ペロリといただき講義に臨みましたとさ。
















曇@週末の贅沢な時間にゆったりと来てくれてありがとうございます。

2016/5/27

いつが早めか?<5,466本目>  ひとりごと

自分の中での“締切”や決意の中で、
「行動を早め」にするということがある。

なぜ早めにしておくといいのかと言えば、
それは想定外のことが起きたときにリカバリーしやすくなるということが理由の一つだ。

また、やり直しをしても時間的に余裕があるので気持ちにゆとりが持てることを知っているからだ追う。
でも、実際にはギリギリになることが少なくない。
学生時代のように一夜漬けですり抜けることができるようなことは
ビジネスの世界ではない。
むしろ“その場しのぎ”はあとあと信用を失いかねない原因にさえなる。

わかっているけれど、その“早め”のタイミングがわからない。
すでにこのタイミングをはかっている時点で早めではないことに気が付かなければいけない。

つまり
早めではなく「早く」することである。
そして「今すぐ!」っていう感じだ。

でもいろいろな“事情”があって今すぐできないことも少なくない。
それは元をたどっていけば、
“今まで”のツケが回ってきているだけのことなのだ。

例えば、
掃除をしようと思って掃除機を出そうとしたら、
掃除機を取り出すために周りを片付けなければいけないほどダンボールが山積みになっていた。
結果的にダンボールを片付ける時間がないので、
掃除機を取り出せない。
だから掃除をしない。

こんなスパイラルだろう。

今が早めだね。


















曇@最高予想27℃。
風もあり本当に過ごしやすい春の真っ最中に、来てくれてありがとうございます。

2016/5/26

思いはイロイロ。<5,465本目>  ひとりごと

アタマとカラダ。
考え方と行動。
これはなかなか一致しないものだ。

でも行動を確実にするのは二つしかない。

それは、過酷なトレーニングを積んで
自然とカラダが“反応”してしまうことだ。
野球選手がピッチャーが投げたボールを一瞬のうちに判断をして打ってホームランにしてしまう。
投げてからバッターに届くまでの時間はわずか数秒だ。
まさに瞬きでもしていたら通り過ぎて行ってしまう。

そこには考えている時間はない。

もう一つは、
“思い”しかない。
思いがなければ結局薄っぺらい行動になってしまう。
どこまで一つのことや物事に思いがあるかによって、
行動は全く違う。

思いは自らの内側から湧き出てくるようなものだ。
そうなると湧き出てくるためのインプットが必要となる。
それが多くの場合人との出会いであったりするのだ。

ある人に出会って影響を受けることは少なくない。
直接会わなくてもそれが書籍や映画や絵画などの作品でも可能だ。

自分の行動がその人そのものを作り上げていく。
どんな考えで行動しているのかをきちんと認識してみよう!
















曇@不安定。
あららー、5月も下旬じゃん!って気が付きながら来てくれてありがとうございます。

2016/5/25

誰でも必死。  移動の達人

フランスのローランギャロスで開催されている全仏テニスオープン。

世界ランキング第2位で第2シードのマリー選手が、1回戦で予選上がりの30代選手に
2セットダウンからのフルセットで逆転勝利した。

世界レベルの大会では、
ランキングの差ほど、力の差はない。
誰が勝っても不思議ではないのだ。

逆に言えば、下位ランキングだからといって勝負を諦めているわけではなく、
何とか上位選手を食ってひと泡ふかせるか!
に集中しているのです。

選手たちのその切磋琢磨レベルをドンドン上げていっているのですね。

でもやっぱり「負けない」と言う「強さ」が実力ですね。

引き続き錦織圭選手を応援します!

















曇@下り坂かな。
いい気分で来てくれてありがとうございます。

2016/5/24

頑張るだけじゃ物足りない。<5,463本目>  ひとりごと

やると決めてもなかなか長続きしない。

何度やってもなかなか続かない。
そんなことは身の回りにはいくらでもあります。

でもそれがお仕事のこととなっては、これはいけません。
仕事でやろうと思っていたことをやらない、できない、続かない。

まぁ、これではプロの世界では生き残っていけるはずもないですね。
せいぜい、もっともらしい言い訳を並べるだけでしょう。
そんな人はすでにおいていけばいいわけですが、
どうやれば物事を進めていけるか?

それは、根性も最も必要な要因ですが、
それと同じくらい、進めるためのスキルが必要なのです。
そのスキルは“学ぶ”ことしか手に入れることはできないのです。

ここを間違えてしまうと、
ただ「これからも頑張る!」と威勢がいい言葉だけが空しく響いてしまいます。

スピーチでもよく言われることですが、
「慣れれば何とかなりますよね。」という人がいますが、
大きな間違いに気が付いていない人です。

では、バットの素振りを慣れるまでやれば、
イチロー選手のような大リーガーになれますか?
ラケットを毎日素振りするだけで錦織圭選手のように
世界ランクのプレイヤーになれますか?
なれるわけがありません。

毎日毎日忙しいことだとは思いますが、
しっかりと自分のビジネスを成長させるために学ばないといけません。
「学ぶことを頑張る!」ならまだいいでしょう。

頑張りが物足りない状態で業績が上がるはずもありません。
どんな行動を起こしていくか、それをどこまで深く考えているか。

そんなことを考えている人は強いですね。
つまり、変化に対応できるから生き残れますね。

目指しましょう!

















快晴@最高予想25℃。
連続のいいお天気で気分も上昇の中、来てくれてありがとうございます。





2016/5/23

ヤリきる!<5,462本目>  ひとりごと

リオオリンピック出場を決めた女子バレーの最終戦もすごかった。

対オランダ戦であるが、
どちらもすでにオリンピック出場を決めているのが
やはり勝負では負けたくはない。

セットカウント1−2でマッチポイントまで追い詰められたが何度もそれをしのぎフルセットへ。
第4セットのスコアは「32−30」の僅差だ。
それぞれの選手が、最大のパフォーマンスを発揮する。
目標を一つにして、
鍛えぬいてきた体を頭を使ってそれぞれが自分自身をぶつける。
それは相手チームだって同じだ。

ハラハラドキドキの展開だが、
最終セットもしっかりともぎ取った。

ここで勝つか負けるかがその時の勝負の力の差なのだ。

「ここまででいいや」なんて気持ちがちょっとでもあったなら
自分に甘えやスキができてしまう。

どこまで自分と向き合って厳しくできるか。
ビジネスも人生も同じだ!

しっかりとやりきる自分を作りあげよう!


















快晴@最高予想27℃。
メルマガスタートの月曜日にさわやかに来てくれてありがとうございます。

2016/5/22

サオリンです。<5,461本目>  ひとりごと

女子バレー、オリンピック出場が決まってよかったです。

日野はテニスを愛していますが、
今の女子バレーも好きです。(卓球もスキかな(^_^;)

イタリア戦は負けてしまいましたが、それでもオリンピックへの切符を手にしたのは素晴らしいです。
リオでのオリンピックでぜひ前回の銅メダル以上を獲得してい欲しいです。

女子のキャプテンは木村沙織選手ですが、
そのコメントや行動は“天然”です。
年齢的には29歳のベテランですが、今回のオリンピック出場は女子バレー史上初の4回出場となります。
4回もオリンピックの第一線に出ていること自体で、もうアスリートとしては尊敬です。

イタリア戦でも、プレーヤーとしてとても頼もしいポイントを稼いでいました。
頼りになるキャプテンです。

それを見ていて感じたことは、
やはり「体が強く、ケガをしていない」ということです。
“無事これ名馬”なのです。

普段を無事に過ごしているからこそ、
ここぞという時にも動じないで抜群の力を安定的に発揮できる。

経営でも同じですね。
いきなり大逆転を狙うことを考えずに、
目標に向かって日々どれだけ“平穏”に過ごしているかが
最後の踏ん張りどころで意味を持ち始めます。

スポーツ観戦はとても楽しい、サオリンファンです(^_^;)


















快晴@佳き日。
最高のお天気の週末に最高気分で来てくれてありがとうございます。

2016/5/21

懐かしさと新しさ。<5,460本目>  ひとりごと

3泊4日の出張を終えてオフィスに帰ってくると、
沢山の郵便物の処理が待っている。

日本の郵便制度は、どこへ送っても全国一律の料金体系が素晴らしい。
今では死語だろうが「文通」なんて言うシステムもそんな郵便事情が支えていたのだ。

会ったこともない人と手紙によるコミュニケーション。
文字だけの情報交流です。
今のようにオフ会なんて概念もないのだから、
実際に会うこともなく、ただひたすら相手へのイメージをその書き込まれた文字の中から想像するのだ。

そんな時間も貴重なことなのだ。
何でもかんでもすぐにできてしまっては“面白く”ない。
少しぐらいの“不具合”が「趣」を醸し出すのだ。

相手のことを考える情報発信を行っているのだろう?
自分のご都合ばかりの情報発信になっていないだろうか?
情報発信することは大切だが、
本来の意味を忘れてしまって、
お手軽な方法ばかりへ向かっていくことは大きな“危うさ”もはらんでいますね。

懐かしむばかりではない、新鮮な気持ちを持って物事を考えることが大切ですね。












晴@最高予想24℃。
気持ちがいい春の週末に来てくれてありがとうございます。

2016/5/20

自社の“棚卸”。<5,459本目>  ひとりごと

moreメソッドⓇをやっていただくと、
「自分」や「自社」すべての項目を書き出します。

出来るだけたくさんポストイットを書き出すことが、ポイントとなりますが、
そうなると自分や自分の会社のいいところばかりではなく、
普段は気にしていても取り組んでいないことや、
今まで避けてきたことまでもが浮かび上がってきます。

そこを誤魔化さずに、事実として受け入れるところからスタートします。
それができるような気持になると、結果的に“枚数”が増え
ビジネスプランを作成するための精度も上がってきます。

誰でもどの会社でも
自分の“嫌なこと”には目を向けたくないもの。
そこをあえて棚卸することで、
新たな気づきやヒント、閃きまでも出てくるのですね。

「自分を認める」棚卸。
一年のうちに何度が取り組むととても効果的です。












晴@広島の最高予想28℃。
どこへ行っても元気に来てくれてありがとうございます。

2016/5/19

広島と言えば。<5,458本目>  ひとりごと

今では味も素材も様々なバージョンが販売されていますが、
必ず購入するのは“定番”です。
クリックすると元のサイズで表示します
高校の修学旅行で初めて広島へ行ったときにも買いましたね。

“広島焼き”ではなくお好み焼きなんです。
クリックすると元のサイズで表示します
そば入りのそばがカリッとしていておいしい。

おたふくソースで食べることが多いです。
広島ではカープソースもあります。

2016/5/18

地元愛。  移動の達人

広島ではやはりカープを応援するのですね。

もちろん他球団のファンもいるでしょうが、
地元とは愛着を感じることなのです。

地域密着っていうのも、
地元愛なんですよ。






快晴@広島出張中。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/5/17

襲われる!?<5,456本目>  ひとりごと

寝つきはすごくいい方なんです。
本を持ってベッドへ入っても、
いつの間にやら1ページも読まずに眠りに入っていしまいます。

ところが、いつになく眠れなかったのです。
そして、寝入ったなぁーと思ったら、
腰のあたりにぎゅーっと重圧がかかってきました。
「アレっ、なんか(体調が)おかしいぞ。」
と思っているうちに、その重圧が全身の“締め付け”となって息苦しくなってきました。

「何かの発作か?」と朦朧としながら考えていました。
起き上がることもできずにしばらくその締め付けに耐えていました。
「このままだとひょっとしたら死ぬかも。」なんてことも考え始めました。

だんだんと意識がはっきりしてきたのですが、
のしかかっていた重圧を確認しようと布団の上を見ると、
足元からにゅーっと“小さな子供の手”が伸びてきました。
赤ちゃんのような小さな手です。
それが全身を締め付けているのです。

「ギャーッ、」と叫び
「だ、だ、だ、だれかぁー!だずげでー!」
と何度も何度も助けを求めました。

「今ここはどこだ?今日は何日だ?なぜここにいる?」
などと頭の中はぐるぐるとまわっています。
誰も返事をしてくれず、助けも来ません。
「どうしよう〜」

その全身への重圧と締め付けは治まることなくむしろ強くなっていきます。
「ホントにこれは何かの発作だ、
助けを求めないとヤバい!」

「どうなっちゃうんだろー、オレの体は…。」

そんなことをはっきりと認識しながら時間が過ぎていきました。

こんな苦しい“夢の時間”は人生で2度目でした。


















雨@広島出張へ。
5月の後半戦も気合と行動力で張り切って来てくれてありがとうございます。

2016/5/16

好き嫌い。<5,455本目>  ひとりごと

食べ物で好き嫌いがあると親にたしなめられたものだ。
バランスのとれた食生活がイイと言われる。

好き嫌いの理由はいくつかあるが、
ほとんどの場合は“なんとなく”が多い。

例えば、「野菜はたくさん食べよう!」
などと言われて、そんなことを“理屈”では分かっている。
それでも、肉を多めに食べてしまうことだってある。

いいと思っていることができないのだ。
そこには好き嫌いが影響している。

ビジネスでも全く同じなのだ。

「なんとなくあのお店が好き!」なんてことは少なくない。
好きだからそのお店へ行く。
行くと楽しい。だから何度でも行く。

好きなので何度言っても飽きない。
飽きないから商いになる。

どうやって好きになってもらうかを考えると答えは出てくる。


















曇@下り坂。
メルマガスタートの月曜日、ちょっと暗めの空ですが明るく来てくれてありがとうございます。

2016/5/15

オトコの顔。<5,454本目>  ひとりごと

イタリアのローマで行われている
テニスのイタリア国際テニス大会。

準決勝で
錦織圭選手と世界ナンバーワンのジョコビッチ選手との対戦だ。

先日のスペイン大会と同じ顔合わせだが、
6−2
4−6
6−7
しかも最後のタイブレークもわずか2ポイントの差だ。

第1セットの時は錦織圭選手のショットがさえて、ジョコビッチ選手が嫌がるような展開だ。
世界王者を嫌がらせる錦織圭選手はもうもの凄い選手なのだ。
勝ったとしても決して金星ではない。
それほど素晴らしいテニスをしていた。

そしてその時の錦織圭選手の顔は引き締まり、
とても「精悍」だ。
フィジカルも鍛えているので時折見える腹筋もすごいが、
目つき、顔つきは強さを秘めたとても優しい顔だ。

その人の本性は顔に出るんだな。
オトコの顔とはなんだ?

しっかりした顔を作り上げよう。
そのためには努力を続けるしかない!

しっかり頑張れ!

















晴@気持ちがいい気温。
穏やかで静かな日曜日にスッキリ気分で来てくれてありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ