24時間、商売繁盛のヒントなら『moreなLibrary』

2017/6/29

趣味と言えるのか?<5,780本目>  ひとりごと

TVにウーハーを設置してから、
やたらとそのTVで映画が見たくなる。

もともと映画を人並みに好きであったが、
ここ数年で年間3本ぐらいしか映画館に行けていない。

時間帯が合わないということが一番の要因だが、
映画が趣味と言っていて、
年間に3回しか実践しないのじゃぁ趣味じゃないのかなぁー。

アメリカ視察へ行けば
往復の飛行機の中で5本ぐらいは観れてしまうが、
昨年は台湾へ1回行っただけで今年も今のところ海外視察の予定もない。

TV画面が大きくなって、音響もいいのでそこでDVDを借りての映画鑑賞が
最近のもっぱらの趣味なのかもしれない。

オンデマンドのビデオ契約も検討してしまう。

ライフスタイルが変わってきています。
そこのビジネスチャンスをどうやって見つけるかです。

2017/6/28

本質を探る。<5,779本目>   ひとりごと

目の前に見えている「現象」をとらえて、
そのことだけに注目してしまうと対処方法が変わってきます。

起きている事実には、
必ず何らかの本質的な要因があります。

例えば、
ヒット商品を見た時に、
ヒットしていることだけ、
何個売れたとかだけに注目してしまうと一喜一憂して
時間の経過とともに終わってしまいます。

売れたその時に、
「なぜ売れたのか?」
の仮説を立てることです。
その仮説があっているかどうかは後々になってみないと実際には実証できないのですが、
物事の本質を探ることで、
次のステップの仮説が立ちます。

本当のところはなんなんだ!
という視点を自分の観察力の一つに加えておくといいでしょうね。

2017/6/27

困るけど困らない?<5,778本目>  ひとりごと

先日、朝出がけに、
「腕時計がない」と気が付きました。

もともと失くしモノはや落とし物をしないタイプです。
腕時計も外したら片づける場所を特定しているので、なくならないはずなのです。

テニスをする時に外したところまで記憶をたどりました。
そして、いつもテニスの時にバッグでしまうところを探してみましたが、見当たりません。

出かけるまでに時間がなかったので
腕時計なしでいったん出かけました。
時間を知るには携帯もスマホもあるので実は困りません。
でも、「普段そこにあるものがない」状態ではなんだか落ち着きません。

落とすわけはないし、どこかに紛れ込んじゃったのかなぁ〜と考えてみても
紛れ込む場面もありません。
冷静にもう一度テニスへ行った時のバッグの奥を探すと、
ありました。

腕時計をしなかった時間は半日だけですが、
必要なものは必要な場所にあった方が
落ち着きます。
また逆に不要なものは処分することで
スッキリしますね。

困っているのか困らないのか?
代用品は今の世の中、何でもあるけれど、
愛用している腕時計などは変わりはありません。
そんなグッズは
今まで以上に大切にしていきたいですね。

2017/6/26

原因はある。<5,777本目>  ひとりごと

モノゴトでも、機械でも人間関係でも、
不具合が出ることがある。

昨日までに何事もなかったことが、
今日になるとからっきしダメになる。
そんなことがパソコンではたびたびある。

昨日までできていた作業が今日はできない。
何も変わっていないのに“いつも通り”に行かない。
緊急でもなかったのでしばらくそのままにしておいたが、
やはりどこかで修復をしなければいけないと友人(というか後輩)にヘルプを求めた。

症状を話し、パソコンの状況を診てくれる。
その進め方はとてもロジカルだ。
パソコンのプログラムそのものがロジックで成り立っているので、
検証していく際もそのプロセスにも続いて発想していくのでわかりやすい。

そして、二つあった問題の一つが片付いた。
もう一つの問題はなかなか解決策を見つけ出すことができない。
でも、改めて初心(初期の状況)を確認してみると
原因はそこにあった。

原因がわかれば後はカンタンだ、対処するだけである。
ほどなく解決をした。

この原因発見を一番邪魔するのが「思い込み」なのだ。
昨日てきていたことが今日できなくなるというのは
「状況が変化している」ということを意識しなければならない。

だから「昨日と同じ」がすでに仮説としては間違っている可能性もあるのだ。

昨日と同じ日はない、原因は自分のとても身近なところにある。
そんな風に考えておくと、前に進む道もスーッと見えてくる。

二つ返事で直しに来てくれた頼もしい後輩に感謝です(^^♪。
ありがとうございます。

2017/6/25

趣味の効用。<5,776本目>  ひとりごと

昨年の今頃は、
「ピアノのレッスン」に励んでいました。
中学時代にギターを手にしてレッスンに通ったことはありますが、
その他に楽器を演奏する機会はありませんでした。

音楽は音を楽しむのですが、
音に楽しまされるという力があります。
その力を自分から生み出すことができる楽器はいいですね。

そんな風に習っていたピアノですが10月の「本番」が終わったとたんにやらなくなってしまいました。

バーで飲んでいるときに、
そのお店にあるピアノに目をつけてサラサラサラ〜って弾けちゃったら、
超カッコいいだろうなぁ〜というのは妄想です。
(1曲だけでいいんだけどね。)
だから、楽器を操ることができる人を尊敬しちゃいます。

そんな楽器を一つ趣味で持てるとすごく充実した時間を過ごせるのだと思います。
でも、なんでも練習ですね。
練習時間が短くて上達するはずもありません。

その練習時間を確保することが
“情熱”でもあります。

お仕事も大事、趣味も大事ということです。
情熱を持った時間を過ごすことができる、
生活の中のアクセントが必要です。

5年前に揃えたエプロンももっぱらBBQの時しか使っていないなぁ〜と感じつつ、
また「何か」を始めてみようと思います。

2017/6/24

わかっていても。<5,775本目>  ひとりごと

自分が意識していることは特に目につく。

SNSが情報交流の一つのツールとなっているので、
こちらが望まなくてもいろいろな情報が入ってきます。

長年、気になっているのは「腹筋」。
スポーツクラブに通っているときには
随分と腹筋運動をやりましたが、
ロナウド選手のようには決してなりませんでした。

でもそのロナウド選手が宣伝している
「つけているだけでシックスパックになる」という宣伝文句にはなびきます。

あとは「着ているだけで腹筋が割れる」。
そんなはずないよなぁ〜と思いつつも、
買っちゃおうかなぁ〜という自分もいます(笑)。

でもなんでそこまで腹筋?
という問いかけにも明確に答えられません。

女性の美意識と同じことなのかもしれません。

どうしても人間は「楽な方」へ向かいますよね。
目的を達成するためには、どこまでいっても自分の努力。
それ以外にないと思いますが、
「着ているだけで腹筋」のシャツを手に入れようと迷っています(^^;)
(いや、買いませんよ、きっと。)

2017/6/23

朝の使い方。<5,774本目>  ひとりごと

早起きの効用をあちらこちらで目にする。
夏至も過ぎて日照時間が長い今の時期は、
特に朝の明るい時間を有効に使いたい。

真夏と違って、今の時期の朝は本当に気持ちがいい時間帯だ。

そして、いろいろな早起きのノウハウ、コラムなどを読むと
二つのことが共通点である。

ひとつ目は、
早起きをした時の「楽しみ」を作ることである。
ただ、早起きをすればいいというのではなく早く起きた分だけどれだけ自分にとって“得”であるかを明確にすることなのだ。
漠然としたメリットではなく、
具体的な楽しみを作り上げることだ。

二つ目は、
前日(夜の)事前準備だ。
結局これは仕事のスタイルとも共通するのだが、
「早起きのための段取り」なのだ。

部屋に帰ってバタンキューではすでに早起きなんてできない。
翌日のことを考えて当日をしっかりと反省するなり、
目標を持つなどするといい。

この二つをやり遂げることで一番簡単なことは
小学生でもやっている「時間割」だ。
この時間割を自分のビジネススタイルに合わせてまたライフスタイルを加味して作るのだ。
そして、パターンを崩さない。

一度例外を作るとズルズルとなってしまうのは明白だ(^^;)。

日野がパターン化できているのは、
毎週のテニスだけだなぁ〜と反省だけしている。

時間割を作ると時間が生まれてきた気分になって楽しいよ。


2017/6/22

スタート時間。<5,773本目>  ひとりごと

moreなオフィス「ホワイトテラス」の追加リノベーションをしています。
今はガーデニングという名の
BBQ会場を整備しています。

一昨年の大掛かりのリノベーションの時から少しずつ感じていたことですが、
職人さんたちの仕事始まりは「朝8:00」です。
その時間より少し前に来る職人さんもあります。

いろいろな職人さんが出入りするのですが、
一番最初に来る職人さんが結局その場を仕切っているような感じです。
まぁ、大工さんが一番なんですけどね。

その、スタート時間が8時!
というのがなんとも小気味いい感じで仕事が進んでいるように感じるのです。

会社関係ならだいたい9:00始業です。
お店なら10:00開店です。
だから随分と一日の動き出しが早い感覚です。

もちろん終業も17:00頃を目途と早めなのですが、
その職人さんたちの時間に合わせてオフィスにいるのもいいペースが生まれました。

サマータイムなんて大げさにしなくても、
日が昇ったらすっと仕事をスタートして、
日が落ちればフェードアウトで仕事をする。

そんなタイムサイクルを作ることが一番効率が上がります。
そして職人さんたちの仕事ぶりは
スタートをすむーすにするために、
前日の片付けをしっかりとしておくことです。
道具などの整理整頓などをしてから帰ります。

こうした習慣にしておけば次の日に来た時に、いきなりその日の仕事が始められるのです。

残務処理からスタートするようではその日のテンションも上がりにくいですね。


2017/6/21

それでも過ぎる。<5,772本目>  ひとりごと

梅雨に雨が少なかったのですが、
お天気が荒れています。

西からだんだんとお天気が変わってきて今は、雨が激しく降っています。
それでも
「やまない雨はない。」
「雨が降って地が固まる。」
また、
「雨が降らない日もない。」

悲観的になったり楽観的になり過ぎるのでもなく、
その場その場をキチンと過ごす。

現時点でできることはあるはず。

でも、悪天候ならそこにわざわざ危険を冒して出かけていくようなことはしない。
あっさりと予定変更もありなのだ。
無理をせずかと言って怠けず誤魔化さずにやり過ごす。

どんな一日でも、
過ぎていくのだ。


2017/6/20

進まないとき。<5,771本目>  ひとりごと

予定していたことが変更になり、
自分の思い通りに進まないときがある。

それを打破しようと、いろいろなことをやってみるのだがそれでもうまくいかない。
よくよく考えてみると、
進まないときは集中できていないときなのだ。

だから余計に、無駄なことに目が行き時間ばかり過ぎてしまう状況になるのだ。
考えなければいけないことは
いかに集中する時間帯を作り出すか?
なのだ。

そうなると、長時間集中することはできないので、
アクセントとして、集中できるように
反対にリラックスする時間を作りだしておく。

緩めておいて一気に締め付けるようなイメージだ。

気持ちが散漫にならないよう気をつけることが大切だが、
緩めたり閉めたりを意識して集中できる環境を作り上げる工夫が必要だ。

ホットコーヒーを自分で淹れるちょっとした時間を作るなんて言うのもいいだろうね。
自分で淹れないのなら、仙台の「まめ坊」まで行くしかないな。

2017/6/19

BBQテラス。<5,770本目>  ひとりごと

本格的な夏を前に
moreな大人のBBQ会場を整備しています。

古くなった家庭菜園を壊してスペースを広くします。
同時に整地をしておしゃれにレンガなんかも敷き詰めようと思います。

塀も直したりしているので職人さんに入って頂いています。
お天気次第で日々の作業の進行状況が変わってくるので、完成の日が待ち遠しいです。

猫の額ほどのスペースですが、
仲間が集まってワイワイと楽しく語らって、
肉や野菜、オリジナルお料理をがつがつ食べる時間はとっても有意義。

来月早々にはお披露目できるかな。

2017/6/18

父の存在。<5,769本目>  ひとりごと

母の日に比べて父の日は何となく盛り上がってこない。
それでも父の日商戦をビジネスチャンスとして様々なイベントも企画されている。

昭和のどっしりと構えていた父親像が、
最近の傾向として
仲良し父親像に変化してきているのだろう。

地震

火事
親父
でいえば4番目に怖かった存在が
今は“優しさ”一辺倒かもしれない。

母親の存在は子供たちにとっては大きな存在だが、
父親の存在は息子から見たら、
将来の自分の成長と照らし合わせてみたりするのでまた違った存在感がある。

息子たちから見た
父親はどう映っているのだろう。

聞いてみたい気もするが、聞きたくない思いもある。
乙女心ならぬオヤジ心かなぁ(^^;)。

2017/6/17

定番!?<5,768本目>   ひとりごと

ここ数年、毎年夏のシーズンになると必ず食べる「白くま」
地元豊橋(愛知県)では
セブンイレブンのPBですが、
本家の鹿児島県ではちょっと違います。
クリックすると元のサイズで表示します
パッケージも中身も違います。

でもおいしいことに違いはありません(^^♪

2017/6/16

三連泊。<5,767本目>  ひとりごと

先週の愛媛出張に続き、
今週は鹿児島県へ出張しています。

年間に100泊近く出張しますが、
鹿児島県は毎年の定番でもあります。
そんな中珍しく、同じホテルに3泊することとなりました。

出張先は同じ県内でも各地に移動してお仕事をすることがほとんどなので、一か所にとどまっていることは珍しいのです。
今回は鹿児島市内の繁華街近く天文館に宿をとりました。

定宿は東横インです。
このホテルはビジネスユースとしては無駄がなく十分であるという点です。

3連泊して一番気が付くことは、
「荷物の移動がない」ということです。
ホテルを拠点として毎朝出かけて夜帰ってくるので、
“通勤”と同じです。

出張で一番煩わしいことが荷物の移動なので、
これがないだけでも助かります。
お仕事に集中できる環境を整えて、
お客さまに最もいいパフォーマンスをお見せすることがプロとしての自覚です。

がんばれる状況に追い込むことができる環境を整えます。

2017/6/15

すごいこと。<5,766本目>  ひとりごと

各地方によって方言があります。
そして
物事を強調するときに使う言葉も様々です。

足をどこかにぶつけて
めちゃくちゃ痛いとき、
「ド痛い〜。」って日野の地元、三河(愛知県)弁です。
「ドうまい〜。」とも使います。

出張中の鹿児島県では、
「わっぜ、うまい!」となります。

そんな「わっぜなお店」のオーナー、大山さんです。
クリックすると元のサイズで表示します
「五ヱもん」
https://www.facebook.com/goemonkagoshima/
鹿児島市内に2店舗飲食店をオープンしていて、今年3店舗目も開店します。

30代の若い経営者がどんどん活躍して、
世の中を盛り上げてくれていますね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ