2018/4/19

狭いけれど広い。<6,070本目>  ひとりごと

新幹線は身近な移動手段です。

“移動の達人”としては、
新幹線など、出張の時に利用する列車の指定席は
窓口任せにはせず、席番まで指定します。

新幹線は横に5列並んでいます。
ABCが3人席、
DEが2人席です。

指定席は先に窓側のE席から埋まっていきます。
その次に反対側の窓側A席です。
続いて3人席の通路側C席が埋まり、
その次がD席となり、
3人席の真ん中であるB席は最後に残ります。

先日の出張の時、
予定した時間よりも少し早くなったので乗車変更をして指定席を
直前で取り直しました。
その時にその車輛は混雑をしていて(のぞみ号は常時混雑している)
B席しか残っていませんでした。

このまま乗車変更をしなければ予定通りゆった入りと一人席で帰れるから、
とも思いましたが、乗車変更すれば予定より50分ぐらい前倒しで帰ることが出来ます。
結果B席に変更しました。

新幹線のB席は実は横幅が10センチほど広くなっているのを知っているので、
実際には両横に他のお客さんが乗っていても気にならないのです。
大きい荷物があるとちょっと大変ですが、
身軽な状態なら
見た感じは狭いけれど実際の座席は広いB席もありなのです。

2018/4/18

不安な時。<6,069本目>  ひとりごと

年間100泊近く出張する日野は、
乗り物に乗ることに抵抗は全くありません。
むしろ子供と同じで、
「わーい、わーい、(初めて乗る)電車だぁ〜。」ぐらいで楽しみます。

それでも、
初めて行く土地には不安が生じます。
目的地までのプロセスをイメージできないのです。
時間がシミュレーションしづらいということもあります。

電車などに乗るという「乗車」に対しては経験しているのですが、
「行ったことがない土地」へ行くということは経験していないので
不安になるのです。

つまり、知っていることは不安にならないが、
「知らない」という要素が不安を生み出すということです。

逆に言えば、「知って」いれば不安は少なくなります。
だから、「学ぶ」ことで知っておけば
無用な不安が生じることを防ぐことも可能になります。

何も知らないから突っ走る「若さ」も不安を吹き飛ばす要因ですけどね。
むしろ、「経験」を活かした“若さ”を発揮したいものです。

2018/4/17

頑張るだけでいいか?<6,068本目>  ひとりごと

ビジネスはかけっこで競争しているときと同じ。
怠けて歩いていればおいていかれるから負けてしまう。
先にゴールした方が勝ちなのだ。

だからみんなそのゴールを目指して頑張っている。
そう、頑張っているのだ。
でも、力が及ばずに負けてしまうことも少なくない。

それはそれでしっかりと自分を認めることなのだ。
それを認めないで
負けた理由をあれこれ並べても、結果は何も変わらない。
そしてそれは、将来も変わらない。

「頑張っている!」
は頼もしい言葉ではあるが、そもそも競争している相手は「誰もが頑張っている」のだ。
だから頑張るだけでは自分が抜け出すことはできない。
たまたま、相手の力が発揮できずに勝つこともあるだろうが
それでも自分はそれ以上に頑張っている時しか勝てない。

ビジネスは単純に勝ち負けだけじゃない部分も確かにある。
ただ、趣味でやっているわけではないので、
自分が設定した目標に達することが出来なければ、それはそれで“負け”なのだ。
負けないように努力する。
勝つために工夫をする。
そのプロセスがビジネスでの面白さなのだ。

2018/4/16

地元を知る。<6,067本目>  ひとりごと

プロバスケットボールを観戦してきました。
スポーツ観戦は好きですが、
どんなチームがあってどんな選手がいるのかも全く知らずに、
誘われるままに豊橋体育館へ。

行って座席につく前に選手たちがファンサービスでサインボールを投げていたのですが、
あっさりとキャッチ!
クリックすると元のサイズで表示します
背番号12番の選手がいきなり気になりました(^^♪

バスケットボールは24秒以内にシュートを打たないといけないので、
なかなか観戦も忙しいです。

ハーフタイムにはチアリーディングショーや地元のジュニアマーチングバンドも出てきて
そのみんなが笑顔で一生懸命頑張っている姿が
選手に引けを取らないぐらい引き込まれました。
クリックすると元のサイズで表示します

ホームゲームですから、
地元応援も盛り上がりました。
3,000人以上の入場者数だと発表があり、
小さな子供たちや親子連れもたくさんいて、
こんな日曜日の過ごし方も平和でとてもいいんだろうなぁ〜と感じました。

試合開始から終了まで、会場全体を盛り上げようといろいろと演出していました。
また、地元企業のスポンサーが多いのも親近感がわきます。
たくさん人が集まることはいいですね。


これからちょっと応援しようと思います♪。

2018/4/15

鯉のぼり♪<6,066本目>  ひとりごと

オフィスの一角に、
鯉のぼりが上がっています。
クリックすると元のサイズで表示します
スタッフが季節感のある“ちょっとした演出”をいつもしてくれます。

仕事をする大切な場であるオフィスだからこそ、
こんな心づかいとアイディアが大切ですね。
有難いです。

春本番は“恋のぼり”!?(^_-)-☆

2018/4/14

今シーズンのBBQ 。<6,065本目>  ひとりごと

準備は整いました。
クリックすると元のサイズで表示します
いつもの「サーロインステーキ」に
「リブロースステーキ」
「タラバガニ」
オリジナルアヒージョ。
「岡崎おうはん(ステーキ)」もあります。

日野オリジナルの新メニュー
「アヒージョパスタ」も考えて披露しました。
ピリッとして、日野らしさの味を出すことが出来ました(^^♪。

2018/4/13

少しづつでもいい。<6,064本目>  ひとりごと

サラリーマンが仕事以外のプライベート時間を使って
自分で企画をし、自分で準備をして開催している勉強会がある。

「自分たちが考え行動する場」のコンセプトのもとに続いている。
https://zerooneclub.wordpress.com/
それが「ゼロワンクラブ」だ。

「0」→「1」にする意味があり、
始めることから何かが生まれるという流れだ。

ゴールがどこにあって、
「それでどうした!?」なんてことも言わない。
ただただ、学ぶことで自分の成長を促す。

もちろんそれはビジネスシーンにおいての成長だ。

人生の中で大きな時間を占めるのは
仕事と睡眠だ。
その仕事での成長を感じることが出来ることは
それだけで実は大きな喜びであるはずだ。

学問としても学びつつ、ビジネスとしても学ぶ。
その先には自分の成長とその周りにいる人たちへのいい影響も派生する。

たとえそれがほんの少しずつでも構わない。
まさに一ミリでも構わない。
なぜなら始めずに「ゼロ」のままでは、いつまで経っても「イチ(ワン)」にたどり着けないからだ。

立ち上げてから1年が経過しようとしているが、
会社勤めをしていようが、“その気”があれば実現できるのだ。

応援していきたい。
そしてさらに自分自身も成長する。

2018/4/12

自分の”足”で動く。<6,063本目>  ひとりごと

毎年定期的に「健康診断」を受診している。

総合病院で一通りの検査をしているので、
何となく自分の体のことの意識もあるような気がする。
毎年受診していると、過去の検査結果や血液検査などの
諸々の数字もわかってより意識が強くなる。

その数字に一喜一憂するわけでもないが、
自分の体のことを考えるいいきっかけにはなっている。

趣味でテニスをやっているが
意識的にコートへ立つ優先順位を上げている。
日常生活の中でテニスをする時間を後回しにしていないのだ。

テニスコートは限られたスペースの中で走り回るのだが、
それでも、コーチと打ち合ったり、ゲーム形式でラリーが続いたりすると
息が上がる。
そして、「足が持たない。」

テニスをしていると現役のころから、「あとは“足”だな。」とアドバイスをすることも、
されることも多々ある。
要するにボールに追いつくためにはしっかりと走れ!ということなのだ。

獣で言えば、足がなくなると獲物をとらえることが出来ない。
つまり死活問題なのだ。

肥満や生活習慣病などが健康診断ではクローズアップされているが、
何よりも「自分の足で動き回れること」が一番大切だと思っている。
しかもそれは「支障なく」である。

体のあちらこちらは“経年劣化”という老化で衰えていく。
これといかに向き合って自分の体を鍛えておくか、
なのである。

好きな時に好きな場所へ、自分の足で行ける。
これが一番の幸せなのだ。


2018/4/11

カッコいい壁面。<6,062本目>  ひとりごと

東京日帰り出張です。
ミーティングで利用したリニューアルしたホテルの壁面。
クリックすると元のサイズで表示します
おそらく経年劣化したであろう壁面を前面に黒塗りし、
その上に手書きのイラスト!

この中の一つの建物も描けないが、
こんなデッカイ壁画として描けるデザイナーに会いたい!

2018/4/10

新しいこと。<6,061本目>  ひとりごと

始めます。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年8月に申請した登録商標、「創業の窓口」。
待ちに待ってやっと、登録ができました!

どんなビジネス展開になるか期待してください。

「創業」だけではなく「次世代創業(後継者)」「新分野進出」や
「新製品開発」などを応援します。

2018/4/9

ほんのちょっとのこと。<6,060本目>  ひとりごと

時間にしてみればほんのわずかな時間なのに、年となく気が進まないというか、
面倒に思うことが日常生活では少なくない。

例えば、車のシートベルト。
日野はシートベルトが義務づけされる前から着用していたので、
シートベルトを着用することに全く抵抗もないし、
面倒だと感じたこともない。

実際、着用すれば窮屈でもないし、万が一の時は命を守ってくれる可能性も高くなる。
何らマイナス面はない。
それでも、面倒だと言って着用に抵抗を示す人もいる。
その着用するため時間はおそらく2秒とかからないだろう。
たった2秒だ。
その時間を面倒だと思うのだ。

他にも、
靴ひもを結ぶ時間がある。
ビジネスシューズをキチンと履きこなすには、
ひも付きの場合その都度結んだりほどいたりすることが
靴のためにも履いている自分のためにもベストだ。
それはわかっている。

両方結んだとしてもきっと5秒もかからない。
それでもこの5秒がちょと面倒くさいと考えてしまう。

だからといって“楽な方”へ行ったところで実はいいことは一つもないのだ。
「その場が楽」なだけで、
何も発展も成長もノウハウも溜まらない。

一生のうちでそんなほんのちょっとした時間をどうやって過ごすかで
大きな違いになってくるのだろう。

お湯を沸かしてコーヒーを淹れる、その数分。
ドリップされたコーヒーが落ちていく様を見ている時間。
そんな数分をきちんととれるライフスタイルにしていくといいですね。

新学期スタートの日。
週がスタートのメルマガ配信日。
張り切ってどうぞ〜(^^)v。

2018/4/8

9,595日。<6,059本目>  ひとりごと

iPhoneのアプリも本当にいろいろなものがある。

たまたま見つけたアプリで「あと何日」(正式名称は違うかも)というのがあった。

ということで今日のタイトル
「9,595日」は、日野が独立開業した日を
平成4年の元旦としているが、その日から数えて「9,595日目」ということなのです。
たまたま見つけて、ちょっと語呂が良かったので載せてみました。

1万日まではあと405日ですから1年以上先ですね。
独立や開業「何周年」というのはよく聞きますから、
「1万日記念日」は何かやりましょうかね。

ちなみに法人設立したのは日野が好きな「8」にちなんでいるので
平成8年8月8日です。
今年(平成30年8月8日水曜日、あと「122日」)はゾロ目の「22周年」になります。

「20周年」の時ほど盛大にするつもりはありませんが、
昼間からワイワイ集まって頂くことを考えています。



2018/4/7

事実と感覚の違い。<6,058本目>  ひとりごと

暖かい春の日射しがあって、
このまま春爛漫で夏に向かっていくのかなぁと思っていたら
急激に気温が下がった。

それでも気温としては20℃を切ったかどうかだ。

この20℃を境に
「コートを着るか着ないか」を判断していたものだ。

ところがこれが夏場の20℃ならどうだろう。
涼しいというよりは寒さも感じるかもしれない。
かと言ってコートは着ない。

気温は事実ではあるが、
体が感じる体感温度はその事実通りではない。

気温は徐々に変化していくから、体も徐々に反応していくということもある。

ビジネスで言えば、
業績が少しずつ下がっているのに、
徐々になので気が付かなくて、気がついたときは
にっちもさっちもいかなくなってきた時と同じような感じだ。

寒くなったら、その対策で上着を羽織ったり対応する。
ビジネスでもちょっとした変化を見逃さずに対応することが大切だ。


2018/4/6

足し算と引き算。<6,057本目>  ひとりごと

小学生の算数で、
足せば増える、
引けば減る。

この理屈はわかっているけれど実践できていない。
それは体重計に現れる。

ここ数年、
年間の体重変化のサイクルがわかってきた。
それは毎日朝、体重計にに乗って計測して記録しているからだ。
10年以上前はその日の体重を手帳に毎日記録していたのだが、
iPhoneを持つようになってもっと簡単に、
しかもトレンドがわかるようになった。

今のiPhoneには2012年からの体重がグラフ化されてすぐにわかる。
例えばその時から一番軽い日は
2013年6月24日だと一発で判明する。

日野の体重トレンド(笑)は、
毎年秋から増加し始めて年末からお正月がピークとなり、
今ぐらいまで徐々に減ってきて、
7月が年間で一番軽い時期となりまた秋になって増加するというサイクルだ。

ところが今年は
お正月が明けてからさらに増加してしまっているのだ。

食べて消費しなければ体重は増える。
「食べる(足す)、消費する(引く)。」
足すよりも引く方が少なければ減るわけがない。

ストレスでは太らない。
食べなければ増量するはずもない。

論理的な足し算と引き算を破壊しているのが、
食欲なのだ。
この“欲”が曲者だ。

目の前に美味しいものがあれば、それは「目で食べたくなる」
見た目で欲がわいてくる。

この欲をセルフマネジメントできれば、
ビジネスもライフスタイルもスマートに行けるはずだ。

誰でもできる足し算と引き算をもう一度考えてみよう。

2018/4/5

バリエーション。<6,056本目>  ひとりごと

もともとはミルクチョコ味しかなかった「ピノ」。

商品戦略として、新しい味をいくつも出しています。
パッケージ的にはオトナの雰囲気で、
ひょっとしたら“苦み”が特徴かな?
という期待感も持ちながら直観で購入。
クリックすると元のサイズで表示します
アイスクリーム好きだからじゃないけど、
かなりおいしい!

王道があるからこそのバリエーションの品揃え。

基本ができていないと応用は利かないのと同じ。
目先や小手先だけで商品開発してはダメでしょう。

それにしても春先にはちょうどいい塩梅のお味です(^^♪



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ