24時間、商売繁盛のヒントなら『moreなLibrary』

2017/8/17

両方で話す。<5,829本目>  ひとりごと

コミュニケーションの方法として、インターネットは欠かせない。
先日はアメリカ在住の知人と
ビジネスの打ち合わせをしたが、スカイプを使ってフツーに電話感覚でミーティングができた。
数年前から可能だったのだが、
その品質が向上しているからストレスが全くない。
あるのは時差だけだ。

その時差だって、仕事のスピードと置き換えてしまえば大した問題にもならない。

メールでの会話もそうだが、
自由な時間の使い方ができる、本当に便利なインフラが日常生活の中にはできてきた。

それでも、「会って話す」ことの意味は決して色あせていない。
会うためにはそれぞれの時間を調整しなければならない。
それはしばしば厄介だ。

でもそれをしてでも会う!
これが濃密な時間になることが少なくないのだ。

ネット上のコミュニケーションでできることとできないこと、
リアルに会うからこそできること、
どちらも意味があるのだ。

「おしゃべり」では意味がないが「会話」こそが文字通り、
会って話をする大きな意味がある。
「やっぱり会って話さなきゃ。」でもなく、
どっちも上手に使いながら、
しっかりしたお互いの理解を深めることをすることが
自分自身の成長にもなる。

2017/8/16

オトナが集まりました。  移動の達人

「moreなオトナのBBQ」でした。
雨予報をもろともせずに開催できました。
参加メンバーの日頃の行いが良いのでしょう〜。

美味しい!楽しい!だけじゃなく、
さながらビジネスセラピーの様な時間もありました。

即興でお芝居をするエチュードも秀逸でした。
ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/8/15

ことわざに学ぶ。<5,827本目>  ひとりごと

子供のころから商売屋だったのでよく聞かされた、
「地獄の釜の蓋も開く」です。

「正月の16日、お盆の16日は地獄の鬼も罪人を責める仕事を休み、罪人を煮る蓋も開けっ放しになる」という意味です。
地獄の鬼ですら正月とお盆は休むのだから、世間の人もこの日くらいは休みなさい、という意味で使われるようになったのです。
昔の商売人は休みなく働いていたので、これに倣い
お正月とお盆には使用人を休ませて実家に帰らせる慣習があったのです。

今は、とかく「休め!」がなんだか働き方改革のような風潮です。
働く仕事があることの有難さを感じられないと、
お休みの貴重さもわかりませんね。

歴史的な風習には何らかの意味や先人の知恵が詰まっています。

お盆は特に先祖に対しての思いを巡らすタイミングなのです。
亡き人をしのびながらじっくり時間を過ごしましょう!

2017/8/14

気持ちを休める。<5,826本目>  ひとりごと

世間はお盆休みですが、
金融関係やお役所は営業していますね。

この時期は
夏休みでもあり、どこへ行っても渋滞と混雑なので
出かけることをしません。
こんな時こそ、
オフィスの掃除などをしたり、
考え事をしたりまとめたりするのがいいのでしょう。

「人と同じことをしていてはだめだ。」
つまり、
「人が休んでいるときに同じように休んでいては抜け出せない。」

「でも、”たまには”休まなきゃぁ。」
って、もっともらしく言い訳する自分もいたりする。
その魔のささやきを正当化するか否か。

休むのかどちらかと言えば気持ちを落ち着かせることが大切で、
その休みを次の行動へ活かすことができな用なら、
それは”怠け”となる。

休み明けに
「よ〜し!」ってなれるような時間を
過ごしたいですね。

2017/8/13

役を演じる者。<5,825本目>  ひとりごと

毎年恒例の友人の演劇を鑑賞しました。
これで6年目8回ぐらい観ています。
クリックすると元のサイズで表示します
今回は劇団員の方が脚本を書き下ろしたオリジナルの作品です。
特に演劇が好きなわけではありませんでしたが、
この友人もちろんアマチュアの役者ぶりを見て、
「人生もストーリーであり役割なんだなぁ。」と感じます。

年に一度の公演ですが、
公演前の2か月はびっしり毎日の稽古があるそうです。
昼間はお仕事があるのでもちろんそれが終わってから
の稽古です。
舞台などの大道具や小道具も自分たちで準備をして
もちろんチラシや宣伝、広報も
何から何まで手作りです。
かと言って、作品そのものはとてもしっかりしているので見ごたえがあります。

2時間ぶっ通しの演劇ですが
その陰にはとても長い時間をかけて出来上がっていることも感じます。

自分の趣味を毎年一つの作品として結果を出す。
この考え方と行動はとても大切です。

企業でも毎年決算があります。
ズルズルとダラダラと過ごしては進歩も成長もないのです。
どんなことがあっても区切りをつける。
そんな取り組みが人生には必要でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
役者さんたちともパチリ!

夏の定番がひとつ終わり、秋へ向かっています。

2017/8/12

仲間意識?<5,824本目>  ひとりごと

高校時代のクラスメイト数人と会食した。
クラス会というほどの大げさなものでもなく、
何となく都合がついたメンバーだけが数人集まったが、
もう人生も終盤に入っている。

もっぱら話題は、
自分たちの親のことだったり独立した子供たちのことだったりする。
たった高校時代の1年間同じクラスだけだったという接点だけで、
なんだか気が許せるようだ。

今の置かれている状況は、
高校時代に想像していた人生なのだろうか?
いや、高校時代に今のことを想像すらしていなかっただろう。
日々生きていること、健康であることが貴重なことを再確認するのだろう。
そんな共通認識が仲間意識みたいなものを醸成する。
不思議な時間だ。

思い出話に花が咲くわけでもなく、
「じゃ、また次はいつか会おう!」
でお開きとなる。

夜の街中には同じようなグループがたくさんたむろしていた(^^♪。

2017/8/11

海か山か。<5,823本目>  ひとりごと

山の日ですね。
7月には海の日がありました。

今年で2回目の山の日ですが、
特に山を意識したことはありません。

「海と山どちらが好き?」って聞かれたらなんて答えますか?

日野は場所よりもどちらかというと季節感が気になります。
どちらも好きでありどちらも大して思い入れはありません。

人生山あり谷ありとか、
海千山千という言葉もあり、
大きな時間の流れの中でうねりのような場面で使われるのかもしれないキーワードが海であり山なのかもしれません。

祝日ですから、
結果的に“連休”を作り出す手法です。

大型連休が始まった方もいるかもしれませんね、
反対に一年で一番の稼ぎ時かもしれません。
何かを集中的に勉強したり研究したり次のステップに向けて動いている時期かもしれません。
淡々と日常業務をこなしている人もいるでしょう。

いろいろな思いを胸に充実した時間を過ごしましょう!

2017/8/10

今さらホームページ。<5,822本目>  ひとりごと

インターネットが日常生活の中で欠かせないツールとなって久しいですが、
企業やお店にとってホームページも必須です。

それでもこれだけITの時代だといわれても
「うちはアナログだから…」と言い訳をして
まだホームページを持たないお店も少なくありません。

実際にホームページやインターネットの仕組みはカンタンなわけではありません。
それはちょうど
車を運転することは誰でもできるがエンジンを開発したりボディを組み立てたりすることはできないのと同じことです。

道具として使えればいいだけの話です。
だから本人がアナログだろうがデジタルだろうがどうでもいいことなのです。

と言ってもどこに依頼していいのかがわからなくて、
とりあえず”友人や知人に頼んだりして作るのですが、
これがある意味で危険なのです。

星の数ほどホームページがあるので、
とりあえずでは、結局「残念なホームページ」が出来上がってしまうのです。
ブログやFacebookで対応しているところもありますが、
それはきちんとしたホームページがあってこそ有効に機能します。

ということで
MORE経営コンサルティング株式会社では
そんな悩みや問題を抱えている方たちのためだけに
アッと@ホームページ」を立ち上げました。

いま、次世代若者経営者の悩みを聞いていてホームページを作り直すことになりました。
そのためには自分自身が経営のトップであるという自覚を持つことが一番大切です。
ホームページのコンテンツを考えることはまさに
その自覚が芽生えてくる瞬間なのです。

秋には新しいサイトが出来上がります。
経営者としても充実した人間に成長してほしいですね。

2017/8/9

暑い時は熱く。<5,821本目>  ひとりごと

8月8日は
男子テニスのレジェンド
ロジャー・フェデラー選手(スイス)の36歳の誕生日でもありました。
テニス選手は30歳ぐらいまでがピークですが
今なお世界ランキング1位へ復活の兆しすらあります。

節制をして努力をして更なる高みを目指す姿には感銘をするし尊敬もします。
そんな男になりたいです。

さて、昨日の
moreな誕生日にもお祝いのプレゼントやメッセージをたくさんありがとうございました。
ちょっとだけでも気にしていただける仲間がいることに幸せを感じます。

暑いさなかでしたが、
ささやかなmoreパーティーを開催しました。
メイン料理はあえて“鍋”にしました。
「豚しゃぶしゃぶ」とワインで(最後は日本酒)マリアージュ。
仲間の手作り、おとこのローストビーフが絶品でした。
あまりにもおいしかったので、
定期的に
「オトナの美食会」を開催しようか!?
と盛り上がりました。

2か月に1回ぐらいフライデーナイトに開催を始めるかもしれません。
来ますか?

それにしても、料理とアルコール以上に
20代〜60代まで会話が一番熱かったですね(^^)v。

楽しいだけじゃない、勉強になるところが
moreである所以です。

2017/8/8

誕生したのです。<5,820本目>  ひとりごと

日野は「8」が好きです。

平成8年8月8日に、
株式会社を設立しました。
だから本日で21歳となりました。
(設立は平成4年ですから、開業してから25年目になります。)

人間ならもう立派な成人になっているはずです。
会社もそうならなければいけませんが、どうでしょうかね?

まだまだ努力が足りません。
もっとお役に立てることがあるはずです。
もっとがんばれることもあるはずです。
もっと挑戦することもあるはずです。

楽しいビジネスを、楽しい仲間とともにたくさん生み出していきたいですね。

2017/8/7

秋の気配。<5,819本目>  ひとりごと

気温的には全く温度が下がらず、連日30度超えです。

それでも立秋なんです。

文字で「秋」を見るだけで夏も終わりだなぁ〜と感じます。
食欲の秋、
読書の秋、
スポーツの秋、
などなど、秋のシーズンも何かをじっくり始めるにはいいタイミングなのかもしれませんね。

気持ちが少し落ち着いてくる時なのか、
考える時間を少し持つことができる時なのか、
ただ単に感傷的になるときなのか、
いずれにしても秋が近づいているのです。

夏の夕日の傾きで
暑さ以外の秋を感じます。

2017/8/6

花火三昧。<5,818本目>  ひとりごと

今年は花火を3週連続桟敷席で鑑賞することができました。

7月22日は地元(豊橋吉田神社)で、祇園祭の花火。
これは子供のころから大好きで、
一時期見れない時もありましたが、
ここのところ毎年大切な人たちと時間を共有しています。

そして翌週の30日(日)には
いつもお世話になっている蒲郡商工会議所の取り計らいで、
ベランダ席からの鑑賞ができました。
三尺玉の花火は迫力があり、爆音とともにドンという爆風を感じました。

更に昨日は岡崎の花火大会です。
これもなかなか手に入らない桟敷席をお世話になっている経営者の方にご配慮いただいて実現しました。
花火の数はもの凄い量です。
そしてクライマックスの大スターマインも長時間にわたり大迫力でした。

どの地域の花火もそれぞれ特徴があって感動します。

なぜか、今年の花火鑑賞は全身に鳥肌が立つものばかりでした。
大切にしたい花火の時間。
歴史を刻んで行われている行事は単純なその場限りのイベントとは趣が違います。

生き方までも考えさせてくれる、
花火の一瞬です。

2017/8/5

デスクの上。<5,817本目>  ひとりごと

油断をするとすぐに本やら書類やらが
地層”のようになります。

モノゴトを考える時に
「階層化」は必要ですが、書類に階層化は不要です。

デスクの状態と頭の状態は比例しているようです。
スッキリと片付いていれば、
アタマもスッキリなはず。

片づける時間も、「次の仕事への準備」と意識付けをする必要がありますね。

広い机に何にも置かないのが好きです。

2017/8/4

コーワーキングというスタイル。<5,816本目>  ひとりごと

飛騨高山へ出張でした。
個店のコンサルティングでしたが、そのお店(小売業)も
ユーターンしてきた若者三代目経営者でした。

いったんな故郷を離れますが、
最終的には自分の生まれ育った町へ帰ってきてビジネスの新たな展開を模索しています。

郷土の愛っていい力を持っています。

そして高山で展開しているコワーキングスペース
「co-ba」(コバ)も見学してきました。

こちらのオーナーも同じユーターン組の若者でした。
100年続く老舗の印刷屋さんです。

クリックすると元のサイズで表示します

手作り感にホッとした気分になります。

何十年も前に印刷屋さんで使っていた備品も雰囲気を醸し出します。
クリックすると元のサイズで表示します

カフェも併設していました。

クリックすると元のサイズで表示します

ローカルでの働き方も変わってきています。

研究をしています。

2017/8/3

楽しいお店。<5,815本目>  ひとりごと

酒屋さんで頑張っていて、とても楽しいお店に出会いました。
新城(愛知県)の「だわり屋」さんです。

お店のコンセプトが
『デートに出かけるときのあのワクワク感!』。
というようにそのお店に入った瞬間になんだかドキドキします。

そして店内には試飲が何種類か出来る
また地域密着型で頑張っています。

経営者は酒販チェーン店に勤務し、前社長からお店を買い取って経営を始めました。
勉強熱心でマーケティングや商品ディスプレーが得意で
コンセプトのワクワク感を演出する店づくりをしています。

来週の「moreな誕生日」ために
買っちゃいました(^^♪

クリックすると元のサイズで表示します
日野は飲めないくせに
赤ワインが好きです。
それでもこの時期はこんなPOPがついていたら、
バッチリ買いたくなるでしょ。

そして本命がこっち!
クリックすると元のサイズで表示します
どの料理とマリアージュするか…、
閃きました!

さて、仕込みの準備をしよ♪



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ