生え際の白髪を目立たなくさせるには  

自分で白髪染めをしていると、こまめに生え際の白髪染めを行なう必要がありますが、まだ慣れていない場合はうまくいかないことが多いようです。そこで、生え際の白髪を目立たなくさせるために有効な、生え際の白髪染めについて見ていくことにしましょう。

通常、全体的に白髪染めをしてから1ヶ月程度経過すると、生え際の白髪が目立始めてきます。使用している白髪染めのタイプによっては、全体染め専用であることが考えられるため、部分染め専用か、全体染めと部分染め両方で使用することができる商品を、あらかじめ用意しておくようにしましょう。

そして、直接生え際に白髪染めを塗って少々放置しますが、この時あまり放置し過ぎてしまうと、生え際だけ色が明るくなってしまいますので注意が必要です。

最後に、生え際に付いている白髪染めを全体的に伸ばしていき、ラップで頭を覆って更に少々時間を置きます。ここでも、極端に生え際の色が明るくならないように注意しましょう。その後、洗い流して完了となります。

全体染めよりは短時間で行うことができるため、手間はかかりませんが、全体の色合いと合わせなければならないことから、慣れないうちは大変だと感じるでしょう。

しかし、次第にどの程度時間を置けば良いのか分かってきますので、何度か繰り返し試してみることをおすすめします。また、部分染めばかりだと全体の色合いがおかしくなりますので、何度かに一度は全体染めを行なうようにして下さい。


栃木県看護協会


家庭用脱毛器を使う前に気をつけたいこと


眼精疲労を癒す栄養素とは  

眼精疲労に効果のある栄養素を紹介します。

眼精疲労を癒す働きのある栄養素は、普段の食事からも十分に摂取できるようになっています。

代表的な栄養素としてビタミン類やルテインが挙げられます。

ビタミンCやビタミンB群、ビタミンAをバランスよく摂取していきましょう。

目に良いビタミンとして特に知られているのがビタミンAですね。

これは目の保水力を維持して視力をサポートしてくれます。

ビタミンDと一緒に摂取するとより吸収されやすくなり効果的です。

これらは人参や小松菜、鮭や秋刀魚、しいたけなどに多く含まれています。

水晶体の健康を守るにはビタミンCが有効です。

野菜や果物類に多く含まれているので特に意識しなくてもある程度は摂取できていると思います。

目の周囲の血流を良くするにはビタミンEを摂取するといいでしょう。

これは胡桃やピーナッツなどのナッツ類に多く含まれている成分です。

ビタミンBは目薬にも使用されている成分で、網膜や粘膜を保護するためには欠かせないものとなっています。

最後にルテインですが、これは通常の食事からは摂取が難しいです。

マリーゴールドにきわめて多く含まれていることが知られていますが、サプリメントから摂取するのが最も効率的でしょう。


公益社団法人 千葉県看護協会

薬剤師が転職するメリット・デメリット




ロドプシンの再合成を助けるアントシアニン  

目のしょぼつきやぼやけで悩むのは、携帯電話やTV、PC画面の見すぎが原因です。

光の情報を受け取るロドプシンという網膜に分布するたんぱく質が、ものをはっきり見るためには欠かせません。

紫色のロドプシンは水晶体を通して目に入ってきた光の情報を電気信号に変換します。

電気信号は視神経を通ってから脳に伝わり、ものが見えたことを認識します。

光が電気信号に変換される過程では、ロドプシンが一度分解されることになります。

その後再合成される必要がありますが、これが遅れると目がぼやけたりショボショボする現象となって現れるのです。

電子機器の画面を見ることが多い人はもちろん、加齢によっても再合成の働きが衰えてきます。

ロドプシンの分解・再合成を正常に働かせるためには、アントシアニンの摂取が有効です。

青紫色の天然色素であるアントシアニンは、ロドプシンの再合成をサポートしてくれる作用があります。

アントシアニンは様々な植物に含まれていますが、特にビルベリーはその配合量が優れていることが分かっています。

アントシアニンを効率的に摂取するにはビルベリーのサプリメントをおすすめします。続けることで、目のぼやけやしょぼつきが悪化するのを予防できるようになります。



にきびのための、正しいスキンケア

リンパマッサージで小顔化



セルライトはどこにできるの?  


セルライトは一度出来てしまうと解消が難しいので、予防するのに越したことはありません。
セルライトがどこにできやすいかということを知っておくことで、より重点的にセルライトの予防がしやすくなると思いますので、できやすい部分を紹介します。

そもそもセルライトは、脂肪と脂肪が絡み合ってできたもの、脂肪と老廃物が絡み合ってできたもの、です。
つまりセルライトの元は「脂肪」にあります。

よって脂肪がつきやすいところはセルライトができやすいということになります。
こう考えると、男性より脂肪の多い女性に、セルライトがある人が多いのも納得ですね。

皮下脂肪の多い部位は、二の腕、下っ腹、お尻、太ももなどです。
改めて見ると、多くの女性が部分ダイエットを望む部分とリンクしていますね。

皮下脂肪は全身にありますから、環境や体質によってはもちろん他の部位にセルライトができることもあります。
ただ、特にこれらの部分は注意して予防し、できてしまった場合には意識的なダイエットをしなければなかなか解消できません。

セルライトは、血行不良が引き金となってできるので、普段からこれらの部位はマッサージやストレッチをするなどして、血行をよくしておきましょう。


パーフェクトBBクリーム、人気ランキング!

リンパマッサージで小顔化



美肌は生活習慣の改善から  

お肌の状態は体内の健康状態がじかに現れてきます。肝臓や胃腸の状態によって肌がくすみやすくなったり、吹き出物が増えたりします。

自分の肌の状態をチェックすることで体内の健康度を推し量ることができます。年齢が一番現れる部分でもあります。

肌の美しさを保つにはスキンケアだけではなく、生活習慣の見直しを並行していかなければ意味がありません。

悪い習慣の改善と共にストレスもためないようにする必要があります。ストレスが溜まるとしわができやすくなるのです。

肌には精神的な不調にも大きく影響されるので、何か生きがいや楽しみを見つけたり適度な息抜きを上手にできるようになりましょう。

美肌に良い生活習慣として食事・睡眠・運動をバランスよく行うことが大切です。

タバコや肉食中心など肌に悪い習慣を続けていると、いずれ実年齢よりもずっと老けて見えるようになります。

年齢にもかかわらず肌が若々しく見える人は、美容だけでなく健康にも気を遣っています。

生活習慣を改善できれば、肌トラブルになったときでも適切なケアをすることで治りが良くなります。

美しく健康的な肌に慣れればメイクののりも良くなり、ファッションも似合うようになって全体的な美しさにつながります。







AutoPage最新お知らせ