ダメージヘアを防ごう  

髪の毛のダメージを少しでも防ぐ方法をご紹介しましょう。





痛んだ髪を濡れた状態でとかすと、痛んだ部分がもっと弱くなって簡単に切れてしまいます。





そのため、ブラシはシャワーなどの後、髪の毛の水気を十分に乾かしてからした方がいいですね。





シャンプーの後に髪を乾かす時、タオルでこすったり絞ったりしないで髪の毛を集めてタオルで軽くたたいてください。





こすったり絞ったりすると、髪のトリートメント成分がタオルについて効果が減少します。





そして、乾燥した髪には、ヘアエッセンスをつけるようにした方が髪の保護に効果的です。





エッセンスをつける時には、髪の毛先から中間までつけ、頭皮にはつかないように注意しましょう。





エッセンスの栄養成分のせいで皮脂の分泌が多くなり、かゆくなる場合があります。





ドライをする時には自然の風と同じような涼しい風で、ドライヤーを適度な距離に離した後、風をあてて乾かしましょう。





夜、髪を洗ったら、髪を完全に乾かして寝ると、残っている水分からの細菌繁殖をふさぐことが出来きます。





先日髪の毛があまりにも傷んでいたので美容院へ行ってきました。





傷んでいるところをばっさり切って、カラーリングもしてもらったら結構お金がかかってしまって。





その後ピンチ!!





そこで借入 即日できるところで少し融資してもらっちゃいました。
0




AutoPage最新お知らせ