2011/10/15

【社会】 兵庫・姫路の若い女性を震撼させた「月曜日のレイプ魔」  

ここ数年、播州・姫路の城下町を騒がせていた「月曜日の暴行魔」が、ついに御用となった−−。 姫路市では'08年頃から、夜道を歩く女子大生を言葉巧みに車に連れ込み、 郊外に連れ去ってレイプするという事件が頻発。 しかも、その犯行が月曜日に集中していたことから、この名がついたというのである。 8月30日、兵庫県警捜査1課と姫路署に、わいせつ目的誘拐と強姦致傷の疑いで逮捕されたのは、 姫路市書写で理髪店を経営する理容師・I容疑者(41)。直接の逮捕案件となったのは、 '08年7月14日午後9時45分頃、姫路市内の路上を歩く女子大生(18)に声を掛け、 「大学への道を教えてほしい」と道案内を要求したこと。I容疑者は、彼女を車に乗せると、 同市北部にまで連れ去ってレイプに及んだのである。 地元紙の社会部記者がこう語る。「この女子大生は、レイプされる際に抵抗したようで、右肩に打撲を負っていたのです。 ただ、これには理由がある。Iは顔を隠さないばかりか、凶器も持たず、山中に女子大生を連れ込むと、 車を止めた途端に襲いかかっていたのです」 その大胆な犯行ぶりに警察は唖然としたが、さらに卑劣だったのは、I容疑者が狙ったターゲットだ。 実は、同容疑者は市内にあるK女子大の女学生ばかりを付け狙い、次々と毒牙に掛けていたのである。   「周辺では今までにレイプ事件が多発していたが、IはK女子大の女子大生を最大のターゲットにしていたのです。 同校は'09年に廃校。その後、別の大学がキャンパスを買収したが、この大学の女学生まで襲っていた。 そのため警察は犯人像を『女子大生に異常性欲を抱く男』と見ていたのです」(捜査関係者) 姫路署は12件に及ぶ一連の暴行事件が月曜日に集中していることと、 女子大生への道案内依頼、四輪駆動系の車を使用する犯行手口が極めて似通っていることに注目。 同一人物の犯行と見て、慎重に捜査を進めていたのである。 >>2以降へ続く
0

2011/10/14

倫理的に正しい検索エンジンがインターネッツ上に続々登場  

「倫理的な検索エンジン」、宗教別に続々登場 h  【9月19日 AFP】ポルノやアルコールなどから信者を遠ざけようと、キリスト教やユダヤ教、イスラム教などの宗教的倫理観に即して 検索結果を限定するフィルター的な役割をもつ検索エンジンがインターネット上に続々登場している。  そのひとつ、オランダ・アムステルダムに拠点を置くイスラム・サイト、「アイム・ハラル(I'mHalal)」の創設者、レザ・サルデハ(Reza Sardeha)氏(21)は 次のように語る。「ほかの検索エンジンは『なんでもあり志向』が強すぎます。どぎついコンテンツや、ポルノグラフィーのような不道徳なウェブサイトに 出くわすことがない安全な検索ソリューションを提供したかったんです」  例えば「アイム・ハラル」で「アルコール」と入力して検索すると、飲酒に関するイスラムの観点を説く検索結果が表示される。また「ポルノグラフィー」で 検索すると、検索結果には何も表れない。  サルデハさんはクウェート出身。新サイトはパキスタン、インドネシア、マレーシア、アラブ首長国連邦(UAE)といった国からのアクセスのほか、 米国からもアクセスがあると言う。「実際には、このサイトのユーザーはイスラム教徒だけではないんです。安全な検索エンジンで有害なコンテンツが 出てくる心配もないから子どもに使わせている、といった内容のメールを、週に1度はイスラム教徒でない人からもらいます」 ■キリスト教、ユダヤ教の信徒向け検索エンジンも  一方、米コロラド(Colorado)州コロラドスプリングズ(Colorado Springs)で、キリスト教の検索サイト「シークファインド(SeekFind)」を立ち上げた シェイ・フードマン(Shea Houdmann)氏は同サイトについて、「キリスト教福音主義の観点から、聖書や神学に関連するコンテンツを探したい人のための 検索ツールだ」と言う。  一見、グーグル(Google)に似た検索エンジン、「ジュオーグル(Jewogle)」はユダヤ教徒の利用を念頭に置いたものだ。 (続く)
0

2011/10/6

己の欲望の炎を消せなかった消防士長、女子高生の尻を攻めて逃げる  

広島県警東広島署は9日、女子高生の体を触ったとして県迷惑防止条例違反の疑いで、 広島県東広島市高屋町、東広島市消防局消防総務課の消防士長池崎匠容疑者(28)を逮捕した。 同署によると「覚えていない」と否認している。 逮捕容疑は8月3日午後8時ごろ、東広島市高屋町の歩道で、 同市の高校1年の女子生徒(16)の尻を触った疑い。 同署によると、池崎容疑者は広島県警三原署地域課の元巡査。 女子生徒にメールアドレスを渡したが無視されたため、尻を触って逃げたという。
0

2011/10/1

【話題】ハメられた!? 青山学院トップ、ラブホ動画流出  

幼稚園から大学院まで学生総数2万5000人を擁する青山学院(東京都渋谷区)のトップが、 若い女性とラブホテルに入るシーンなどを撮った動画を入手した。 青山学院では一昨年春に初等部長の人事に関する怪文書が出回り、今年7月には理事長の再任が 理事会で否決されるなど混乱が続いている。この動画も新たな波紋を呼びそうだ。 DVDに収められた動画は、今月23日夜から24日未明にかけて東京都内で撮影されたもの。 写っているのは山北宣久・第13代青山学院院長(69)だ。傍らには30代前半で、 山北氏より長身の女性が寄り添っている。顔は山本モナ似の細身の美人だ。 山北氏は23日夜、青学大の男性教授と六本木の飲食店で会食。その店に女性2人が 入店するところから動画は始まっている。それからしばらくして、山北氏と教授は女性2人を伴って退店。 4人で恵比寿の店へ移動した。2軒目を出た24日未明、4人は男女2組のカップルとなって ラブホテル街が並ぶ一角をそぞろ歩く。手をつないで先を行く山北氏と女性は、ほどなく教授のカップルと 別れ、腕を絡ませたままラブホテルの門をくぐってしまった。山北氏は妻帯者だ。 ただ、画面のタイムカウンターによると、山北氏と女性はわずか1分でラブホテルを退出。その後、 2人はタクシーで山北氏が運営する渋谷の教会兼自宅へ移動し、玄関から自宅に入った。だが、 女性は10分足らずで家を出て、上着を脱いだ山北氏に見送られながら1人タクシーに乗り込んだ。 この動画の“主役”山北氏について青山学院関係者は次のように言う。 「山北氏は、国内のプロテスタント教派で構成する『日本基督教団』の代表者です。 青学は約2年にわたり院長が不在だったため、今年7月に山北氏を招きました。 山北氏は青学の卒業生でも教授でもありませんが女子短大で十数年間、 非常勤でキリスト教概論を教えていた時期があります」 青学には運営全般をつかさどる理事長と、教育部門の最高責任者の院長がいる。 その院長はクリスチャンであることが定められており、その適任者がいなかったことが長期不在の理由だという。 >>2以降に続く
0

2011/9/30

【社会】孤独な老人、育児放棄、ホスト増加…台湾人女性社長が見た今の日本社会  

  学生時代に日本に住んだ時期があり、“台湾と日本のかけ橋”になることを目標に会社を 設立した、台湾人の女性社長。今月久しぶりに東京に滞在し、「日本社会は変わった」と 気づいたことをブログにつづった。   「毎日ニュースを見て、今の日本社会は深刻な問題がたくさんある」と驚いた、女性社長。 「日本政府が高齢者の所在を確認したら、行方不明になっている人々が多いとわかった。 年金をだまし取るケース、70代の子どもが90代の親の行方を知らない、子供と連絡を取らず 1人で年金生活を続けるお年寄り…日本社会はどうしてそこまで、孤独を好むようになったのか。 老いていく悲しさと恐怖を感じた」と正直な思いをつづった。   そして「子育てを放棄し、虐待する親のニュースが連日続く」と指摘し、「若い母親が離婚後 キャバクラで働き、ホスト遊びに夢中になり、子供の存在が疎ましくなった。結果幼い子ども 2人を家に監禁し、飲食物を与えずに餓死させた。残酷すぎてことばも出ない。日本は、幼児 虐待がますますひどくなっているように思える。子育ては簡単ではないが、精神的に問題の ある親にカウンセラーをつける方法はどうだろうか」と述べている。   また、「時代を変えられるのは俺たちだ!!」という新宿・歌舞伎町の大きな看板を見て、 最初はなんの広告なのかわからなかったという女性社長。「実はホストクラブの看板だったが、 彼らは本当に歌舞伎町の歴史を変えたと思う。私は23年前に家族と一緒に日本に移住したが、 日本語ができず台湾料理店でアルバイトをした。当時の歌舞伎町は景気が良く、お店は大繁盛。 特に美人なお姉さんたちが外に出てお客さんを誘う光景が印象に残っていて、とにかくにぎやか だった。でもバブルが崩壊し、歌舞伎町は静かになった。そしてこの夏、久しぶりに歩いてみると、 客引きをしているのは“イケメンのホスト”ばかり。ホステスの姿を見る機会はなかった」と報告。  「この事実は女性上位主義の象徴?それとも女性の消費力が男性よりも高いのか?」と 疑問を感じ、ひと昔前の歌舞伎町の看板はキャバクラばかりだったが、今はすべてホスト店 に変わった」と締めくくった。(編集担当:饒波貴子・黄珮君) ソース:サーチナ(08/23 15:25)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ